見出し画像

リーダーは自然体 無理せず、飾らず、ありのまま (光文社新書)

新卒で入った会社の創業社長でもあり、色々な局面でお世話になった方がいる。仕事の進め方であったり、仕事で大切にしている価値観は、この方のDNAを色濃く受け継いでいる。

この方のコーチだったのが、この本の著者の増田弥生さん。直接のご面識はないけど、当時、色んな方から増田さんのお話は伺った。
この本の言葉通り、自分自身が「自然体」を体現されていたらしい。いつか直接お目にかかってみたい。

* * *

この本の中で、ものすごく影響された一節がある。

思えば、その日、私は「自分はプロです」と宣言したのです。誰かに公言したのではありません。私は今のままで大丈夫、ありのままでOKなのだから、プロらしく仕事をしなくてはならないと、自分に対して宣言しました。そうすると、次の日から。世界がはっきり変わって見えるようになったのを覚えています。周囲の人たちが私に一目置いてくれ、プロ扱いしてくれるように見えました。これは錯覚でもなんでもなくて、私が変わったからだと思うのです。(P.95)

「誰かに対して」ではなく「自分に対して」宣言することが、プロフェッショナルとしてのスタートライン。
この意識を持てるようになるには、自分自身が妥協しないで前進し続ける必要がある。

* * *

ちなみに、この本が出たのが2010/06/17で、自分がAmazonでポチったのが2010/6/21だったらしい。ちょうど10年前か…。

#リーダーシップ #プロフェッショナル #リーダー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
代表取締役@EnFlow株式会社 発起人/代表理事@(一社)自然経営研究会 jinen-management.org

こちらでもピックアップされています

Open Bookshelf − 公開本棚
Open Bookshelf − 公開本棚
  • 28本

「知識は主観的な解釈として顔の見える関係を通じて流通する」という仮説を実証するための個人的な実験です。詳細はこちらの記事を御覧ください→ https://note.com/enflow/n/na65919645ec0

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。