見出し画像

子ども達の遊び場は?

子どもの頃、秘密基地を作って遊ぶのが好きだった。

子どもの頃住んでいた家のお向かいが引っ越して行かれ、ざざっと上の建物が壊されたあと、しばらく新しい建物が建たなかった空き地に、土や瓦礫が埋まっていて深くもなく屋根もあったため、小さな小部屋のようになっていた枯れた井戸があった。
その頃、そこが私の秘密基地だった。

お菓子を持ち、当時飼っていた猫のミーコをつれていき、猫相手に話しかけながら一人でお菓子を食べるのが幼稚園児の私の極上の贅沢な時間だった。
猫のミーコはすぐ退屈して、私を置いて帰って行ってしまったが。

「秘密基地、作ったことない?」と学生に聞いてみる。私が聞いた学生のほとんどが「ない」と答えた。

この続きをみるには

この続き:1,567文字/画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
新しい記事を書くのはたびに、記事を有料化し、こちらにどんどんまとめていきます。本数が増えたら、マガジンの金額が変わるかもしれません😅

新しい記事を書くのたびに、既存の記事を有料化し、こちらにまとめていきます。読み返したいと思ってくださった方は、応援の意味も込めてマガジ...

または、記事単体で購入する

子ども達の遊び場は?

谷本惠美(執筆業・カウンセラー)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます、うちのワンコにジャーキーを、にゃんこにチュールーを買わせていただきます。

とってもうれしいです♡ 書く意欲につながります。
12
カウンセラー・作家。カウンセリングルーム「おーぷんざはーと」(大阪)1991年設立(https://othpage.com/)。著書「モラハラ環境を生きた人たち」(而立書房)「カウンセラーが語るモラルハラスメント」(晶文社刊 現在9刷)他 共著あり。執筆依頼、お待ちしています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。