ホログラム制作ノート① どうやったらきみに作品を届けられるのだろう
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ホログラム制作ノート① どうやったらきみに作品を届けられるのだろう

--English below--

ホログラム制作ノート① 
どうやったらきみに作品を届けられるのだろう。

コロナウィルスがあっという間に世界中に広がり、
どの国もエンタメ業界は打撃を受け、
歌を歌う/きいてもらうという行為は、
感染する/させるリスクが高いもののひとつになった。

それまで当たり前のように行っていた海外ツアーなど、
いつ再開できるかわからない。
国内公演を予定しては、延期になり、中止になった。

オンライン公演に挑戦した。
けれど、ライブハウスのスタッフさんが全力で作る音が、
果たしてきみの家でどれくらい再現できるのだろうか。
Wifiが止まってしまわないだろうか。
きみが海外にいるのなら、時差で混乱させてしまわないだろうか。

オンライン公演はひとつの手段になる。
でもそれだけじゃ全然不足を補えない。
コロナ以前とは違う価値を探したい。
飛沫の心配なく、
インターネットやスピーカーの環境に左右されることなく、
きみに全力で作品を届けたい。

たくさんの可能性を探る中で、思い出したことがあった。
母校早稲田大学の演劇博物館にあるホログラム。

あれなら、わたしがその場で歌わなくても、
きみに作品が届く仕掛けを作れるかもしれない。

解体できて組み立てられるようなホログラムを作ればいい。
可能な限り軽量化して送り、
現地のスタッフさんに組み立ててもらえば、
密になる状況を作ることも、誰かが国境をまたぐこともない。

生身の人間が歌っているように、
向こうを向いたら声が小さくなって、
こちらを向いたら声が大きくなる。
そんなサウンドシステムにしよう。
私がいない場所でも歌い舞う、きみに届けるホログラム。

*ホログラムとは・・・
記録した光情報と音を再生すると、見る位置によってまるで実物があるように見える作品のこと。

*こちらはホログラムの完成イメージ図 By 株式会社K-relations 小林健太郎

画像1

制作ノート②どんな日本神話をきみに届けよう。 につづく
https://note.com/ekotumi/n/n07199a0b6ab1

Production notes of hologram (1) 
How can I express my works to you under covid19?

It's a quick infection all over the world.
Because of covid19, every entertainment company in every country got the damages, it became risky action to sing / to listen the song directly.

Before, I went abroad to sing as a matter of course, but now I don’t have any schedule.
I scheduled concert in Tokyo but those also were canceled or postpone.

I tried to sing as streaming concert.
It was not bad. However, I wonder…
Can you listen the sound that the staff of the venue makes with all their efforts in your house?
Don’t Wi-fi stop?
If you are not in Japan, wouldn't you be confused by the time difference?

Yes, streaming service is one of the new ways.
But that is not enough.
Because under the covid19, I’d like to make new own way.
Without worrying about splashing,
Regardless of wi-fi or speaker environment
I want to express my work to you with my best.

While exploring many possibilities, I remembered.
“Hologram” in the theater museum of Waseda University, my alma mater.

Without my existence at the venue, hologram may be able to sing and dance in front of you.

Let’s create original hologram which can be disassembled and assembled.
I can send as light as possible and ask the local staff to assemble it.
So, there are no necessary to make crowded places and close-contact settings and someone go to abroad.

Let's make a sound system like a real me being singing.
When I turned away, my voice become quieter, if I turn over here, my voice will become louder.
A hologram that I can sing even when I'm not there.

*Hologram is…
A work that looks like a real thing depending on the viewing position when the recorded light information and sound are reproduced.

*This is Hologram's as-built drawing. By K-relations, Kentarou Kobayashi

画像2

Next is
Production notes of hologram (2) What kind of Japanese mythology I will sing to you?
https://note.com/ekotumi/n/n07199a0b6ab1

*Finished version of Hologram / ホログラム完成版

* Hologram Making video / ホログラム完成版メイキング


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日本神話を歌うアーティスト。シンガーソングライター、パフォーマー、小説家。 ヨーロッパと東京を中心に、国内外で活動しています。初めての短編パフォーマンス映像がベルリン「WomenCinemakers Biennial」に選出されたのが自慢。古事記研究家。神社検定1級。