見出し画像

2019年2月11日 今朝の一枚

「最近、noteってどうですか?」と聞かれることが多くなりました。頼まれてもいないのに、毎日、書いてたり、渋谷のラジオのアーカイブはすべてnoteにアップしてるから、「noteに詳しい人」と思われたのかもしれません(笑)noteを選んだ理由はひとつだけでして、「広告が入っていないから」。YoutubeやWEB媒体だと、どこかに必ず広告が忍び込んできますから、「これって媒体の広告収入のために協力している」だけじゃん。と身も蓋もないことを今更ながら思ったからです。最近ではEKIDEN Newsにも「PV稼げそうな記事」や「箱根駅伝の展望」みたいなことを依頼がたまにくるのですが、もともとEKIDEN Newsがやっていることは好きな人たちが集って、世の中にはあまり報じられないレースにのこのこ行っては共有すること。そもそも世の中の人たちが見向きもしなかった「バズらない」ものを拾っては、お好きな方々におすそわけしていく集まりでしたから、「バズらない」記事を掲載するには、世間の目にさらされがちなツイッターでもFacebookでもなく、LINE@やnoteでひっそりとやっていくことがちょうどいいと考えたのです。
だから、昨日のASHER SMITHの写真にも、友人のPaulさんくらいしか反応がありませんでした(笑)それでもいいのです。「ASHER SMITHかっこいいなあ」と思っただけなのですから。これまでのEKIDEN Newsのnoteで一番読まれた記事は、実は「東海大学木村大周駅伝主務によるスピーチ」

どんな有名選手の記事や写真よりも、たった13行の木村主務のスピーチが圧倒的に読まれてます(笑)その次に読まれてるのが桃澤28分台の記事。もはや有名・無名は関係ないのです(笑)

さて、スポーツ報知では朝から一気に目が覚める、超濃厚エスプレッソショットのような記事が三連発。テーマは「山梨学院大学上田誠仁監督との思い出」。山梨学院を担当してきた3記者が上田監督との思い出を綴った3つの濃厚なコラム。3連休の最終日の朝。ニュースそのものが薄くなる日をねらって掲載されたこのコラム。埋もれさせるわけにはいかないのです。スポーツ報知から頼まれもしないのに、EKIDEN Newsはおせっかいながらしっかりとおすすめしておきます。

さて、今朝の一枚も「いまさら」のもの。今年の箱根駅伝6区芦ノ湖をスタートする東洋大学の今西駿介選手。6区をスタートする直前に太陽があがり、選手に一直線に強い光があたるのです。ストロボを使ったような強い光。一番、いい光を独占できる。これは復路をトップでスタートできる選手だけの特権なのです。それでは今日もよい一日を。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます!いただいたサポートは国内外での取材移動費や機材補強などにありがたく使わせていただきます。サポートしてくださるときにメッセージを添えていただけると励みになります!

いらんこと言うな。 前見て走れ。(中村祐紀が弟・中村友哉へ)
473
長距離レース(陸上競技)会場にノコノコでかけては観たこと、感じたことをシェアしていきます。https://twitter.com/EKIDEN_News LINE@ID:@ofw0509s FB:https://www.facebook.com/ekidennews/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。