見出し画像

2019年3月14日 今朝の一枚

もう、いろんなところで喋ったり書いたりしてますが、
2008年の夏に砧公園でジョギングをはじめたばかりのころ
ひとりの駒澤大学の選手に坂道で抜かれて、
「ちょっとついていってみよう」
と、ついていってみたら、パチーンと肉離れになってしまって。
「ああ、箱根ランナーってとてつもなく速いんだ」
ということを思い知った翌年。
毎年、とくに興味をもたずに親戚に連れていかれ、
一緒に沿道で見ていた箱根駅伝。
保土ヶ谷駅近くで見ていたら、
駒澤の選手がガードレールすれすれに突っ込んできて
「うわっ」と思ったと同時に
「あっ。肉離れの時の!」ということに気づいたことがはじまり。

「次はどこであの選手が観れるのかな?」


と、関東インカレや日体大記録会、ホクレンやGGN、
福岡国際マラソンへと脚を運んでいるうちに
EKIDEN Newsがうまれたのでありました。
彼がいなければ、間違いなくEKIDEN Newsはなかった。

これからは
「選手活動に区切りを付け、来年度からプレーイングコーチとして走れるからこそできるアプローチで選手の強化・育成に努めて参ります」と。


そんな選手だけに映像や写真もたくさんあります。
EKIDEN MANIAさんのものもあわせると
大掛かりな展覧会ができるほど(笑)
その中から選んだ今日の一枚はこちら。

2013年6月8日。日本選手権10000m表彰式直後の一枚。
佐藤悠基選手、大迫傑選手に次ぐ3位に入った宇賀地強選手は
笑顔で壇上にあがるも、壇上から降りた瞬間に銅メダルを外します。
超負けず嫌いな一面が出ていて、とても印象に残っているシーン。
宇賀地選手の指導者としてのLIFEがこれからはじまります。
それでは今日もよい一日を。

月刊EKIDEN News編集部 はこちら。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます!いただいたサポートは国内外での取材移動費や機材補強などにありがたく使わせていただきます。サポートしてくださるときにメッセージを添えていただけると励みになります!

山下が!山下がいる!(第95回大会1区大八木監督が片西景に)
480
長距離レース(陸上競技)会場にノコノコでかけては観たこと、感じたことをシェアしていきます。https://twitter.com/EKIDEN_News LINE@ID:@ofw0509s FB:https://www.facebook.com/ekidennews/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。