見出し画像

食中毒にご注意を。

梅雨から夏にかけて気温と湿度が高くなる季節、
食中毒の原因となる細菌類が繁殖しやすくなります。

▶食中毒とは
食べ物や手などに付着した、ウイルスや細菌が体内に入り下痢や腹痛を言います。一般的に2~3日で回復しますが、症状がひどい場合は発熱や嘔吐をともなったり血便や脳症、重症化することもあります。

家庭でできる食中毒予防

〈買い物〉
肉・魚・野菜の鮮度に注意して購入し、帰宅後はすぐに冷蔵庫へ!
肉や魚の汁が漏れないようにすることも大切。
エコバッグを利用する機会が増え、エコバックに汁がつくとそこで細菌類が繁殖してしまいます。エコバッグをまめに洗い、清潔に保ちましょう。

〈材料の保存〉
冷蔵庫を効率よく使うために詰めすぎないようにしましょう!
賞味期限切れを忘れないように、整理も必要ですね。

〈材料の下準備〉
使用後のまな板、包丁はよく洗いましょう。使用前に、熱湯消毒することもおすすめです。
まな板を肉用、魚用、野菜用と使い分けることも対策になります。

〈調理〉
加熱せずに食べる食材は流水でよく洗い、料理の加熱は十分にしましょう。
特に、肉類は中心部までしっかりと火を通しましょう!


もちろん、しっかり手洗いも忘れずに^^


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくださってありがとうございます☺︎
3
大阪にある《共和メディカル株式会社》所属の管理栄養士。本社に1名、関西薬局住之江店に2名の管理栄養士が勤務。 調剤薬局の管理栄養士note。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。