[魚雑貨を愛でる時] くるぶし靴下

2017年に日本からは完全に撤退してしまったGAP系列のブランドOLD NAVY。
しかし、このブランドの生まれ故郷であるサンフランシスコでは、ダウンタウンのど真ん中に大きな路面店がある。
2012年から2013年にかけてサンフランシスコに語学留学していた私は、このお手頃価格のブランドを重宝していた。そして、今年2月、6年ぶりにサンフランシスコへ。今回は1週間の旅行。

旅行中、思いのほか寒かったので服を買い足そうと入ったのが、そのOLD NAVY。
必要な物を買い物カゴに入れてレジに向かっていたら、レジを待つ列に沿った棚に色々な柄の靴下が。そして、私の目には入ってしまった、このロブスター柄とカニ柄が入った靴下セットが!

レジに並んでいる最中にこの手の小物をカゴに足してしまうなんて、まんまとお店の戦略に引っかかってしまっているには分かっていたけれど、サンフランシスコらしい魚介の柄の靴下をスルーするわけにもいかなかったので、購入!

サンフランシスコではダンジネスクラブと呼ばれるアメリカイチョウガニというカニが有名。これは日本では水揚げされない、全長20cmほどの小ぶりのカニで、名物とはいえ高級品。そのため、留学中には口にしたことが無かったけれど、今回の旅行では、一緒に行った妹も食べたがっていたので、奮発して食べちゃった!もちろん、カニがメインのメニューはお高いから、カニとエビとムール貝が少しずつのった鉄板をチョイス。
そんな私の贅沢な思い出のカニさんが、この靴下に描かれているわけなのだ。

ロブスターもサンフランシスコでよく見かける食材の一つ。
最近では日本でも見かけるようになった、パンにロブスターが挟んである料理がお馴染みだけど、実はこれは食べた事が無い。。。
またいつかサンフランシスコを訪れる機会があれば次こそは!

さて、そしてこの靴下セット、なぜ真ん中だけこんなに無難なボーダーなのか・・・?
ネタが無かったのか、1つくらいは無難なのを入れることで「少なくとも1足は履くなぁ」という気持ちにさせて買わせようという戦略なのか、それとも「このボーダーも、なんか海っぽくない?」みたいなノリなのか。
理由は分からんけど、出来れば真ん中も魚介柄にして欲しかったな〜。

でも、3足とも穴が開くまで履くぞ!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたにフグ(福)が訪れますようにϵ( 'Θ' )϶
1
お魚大好きな福岡在住のフリーランス翻訳者。日本さかな検定2級。1級取得を目指して日々精進。魚は食べるのも見るのも好き。訪れた水族館の数は国内外合わせて19カ所(2019年1月現在)。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。