見出し画像

フォトジェニック。お水取りの東大寺二月堂。

フォトジェニックって言葉は死語なんでしょうか?

だとしても、この建物はホント、フォトジェニックです。

東大寺二月堂。

お水取りで有名な、あそこです。

画像1

斜面に建ってるんだよなぁ。↑
左から右への傾斜がよくわかります。後ろから前にかけても下がってます。複雑な地形に建ってます。

舞台まで登るには、運動不足には息が切れます。
しかし…

画像2

舞台に登れば、奈良の街が。↑

気持ちいー!

見晴らしの良い舞台があるのは、清水だけじゃないんですヨ!

そして降りるときにはこの階段。この建築物だけでも、

見事。

画像3

階段を降りていくと、下から凄く風が吹き上げてくるんです。
まだ暑い日でしたが、この中は

爽快!

風と、光でね。

画像4

階段を降りて、さらに坂を降りていき、振り返るとこういう画になります。↓

画像5

いいよねー。

どこかに似てると思ったのはボクだけか…

…姫路城の将軍坂! ↓

画像6

似てません?

暴れん坊将軍(徳川吉宗=松平健!笑)が降りてきた坂。

以前、姫路にいましたので、デジャ・ヴーを感じました。

そしてお決まりのご朱印。↓

画像7

デザインと、紙面上のバランスが素晴らしい!

「南無観」。

書いて頂くところを見ていたのですが、特に、
「南」の一画目の、

「一」

に、集中されてましたね。

左から右に

グッと、

筆を引く。

その前に一呼吸置いてね。というか多分、

息を止めていた

のかな。そう見えました。

目の前で書いてもらえるご朱印というのは、

そういう映像と共に、

脳裏に残るんですよね。

(なむかん)は、観音様に親しみと敬いを込める言葉とのこと。

そう言われると、

南無観

と、目を閉じて、そう呟いてみよう、と思うんだよなぁ。なぜか。

皆さんも是非、東大寺を訪れてみて下さい。
少し歩くし、息も切れるけど、大仏殿だけでは、もったいないですヨ。

それでは、またー!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
でぃーぷ ☆ パーポー

サポートいただけるなら、グンとやる気出します。

やる気が出ます。
7
カタチのカッコいいモノのご紹介。その他、クルマ、バイク、ヘルメット、ウェア、モデルガンなどを、あまりお金をかけずにカスタムすることでプチドリームを実現します。あと建築とか飛行機とか野球も好き。元イージー★チューナー。