見出し画像

Shuzapはあなた自身の手にコンテンツを取り戻します

個人やサービス提供者自身が、情報発信や宣伝を主体的に行う時代になりました。Twitter、Facebook、Instagram、You tube等のSNSを自店舗や自社の宣伝に役立てるのは今や当たり前です。Shuzapも主体的に運用する情報発信の「中身」に相当するサービスです。

読み物としてあなたの魅力を伝えるコンテンツを届けたい

発信が手軽になり回数を増やすことが容易になった一方で、ボリュームのあるコンテンツ、深い部分を語るコンテンツはあまり発展していません。これはある程度の長文かつ読み手に伝わる文章力を、誰しも持っているわけではないことが影響していると思います。

例えばnoteにしても、一般の人が書き手としてtwitterほど利用しているかというとそうではない。伝える側としての書き手はまだまだ限定的なはずです。長い文章を書くということが、特別な技能であることを示していると考えます。

しかも長文のコンテンツがニーズがないわけでは全くありません。むしろ、webサイト上のテキストは増加しています。サービス提供者の魅力を伝えたい欲求は増しているのです。

Shuzapでは「読み物としてあなたの魅力を伝えるコンテンツ」を取材記事という形で提供します。

コンテンツはあなたの財産であり武器

Shuzapのオンライン取材で作成した記事は「お客様自身が運営するwebサイトやSNS、紙面」で運用していただくことを想定しています。

「記事ってどこかのメディアに載ることを想定して作られるんじゃないの」そう思う方も多いと思います。外部メディアに載らない記事って意味あるか疑問を感じることでしょう。取材を受けてメディアで紹介されることで箔が付く、つまりそれ自体が広告になるというお考えはごもっともです。

しかし、Shuzapではあえてご自身で取材記事を運用していただくことをコンセプトにしています。「コンテンツをあなた自身の手に取り戻してほしい」のです。

自分で取材記事を運用できれば、公開も記事修正も思いのままです。外部メディアが消滅したり掲載期間が終了したことで、せっかくの記事が読めなくなってしまうこともあり得ません。

また、メディアの色によるフィルターがかかることもありません。あくまでShuzapの取材記事は「あなたが自分の魅力を伝えるために」作られます。フォーマットも規定はありません。あなたの魅力をライター自身が取材をして理解します。そして魅力を伝える記事を作ります。

記事以外の雑味は一切排除しているとも言えます。「欲しいのは記事自体というよりも取材を受けることで生じる広告効果」という方にはマッチングしないサービスかもしれませんね。もちろん、運用に関してご相談にのることは可能です。

 Shuzapはあなた自身の手にコンテンツを取り戻します。

Shuzapサービスサイトはこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
オンライン取材サービスShuzapの代表です。https://shuzap.online/趣味はクラフトビールを飲むことと散歩。甘いもの、歩きながら考え事をすることが好きです。フリーランスとして現地取材やweb記事の執筆も承っています。