見出し画像

ホームページが空虚で耳障りのいい言葉の羅列になっていないか

かっこいいデザイン、スマートなルックスの社長、華々しい経歴、横文字をたくさん散りばめた頭の良さそうな経営者の語り。

でも、読んでいて「空虚なホームページだな」と感じること、ありますよね。

もちろん、上記のようなスタイルを否定するわけではありません。本当に素晴らしい事業を理念を持って行っており、人間的魅力のある社長が経営している企業やお店はたくさんあります。

ホームページは確かにイメージを伝えるのに重要ですが、綺麗に見せることにとらわれすぎていまいち具体的なイメージが伝わってこない、何をやっている会社なのかよくわからないケースに陥りがちです。

また、どこかで聞いたような耳障りのいい言葉がホームページ上にたくさん並んでいるのも、本質が見えてきません。「ダイバーシティ」「サステナビリティ」「働き方改革」「社会貢献」「自己実現」「生きがい」「働きがい」「アットホーム」などなど。

もちろん、意味があって言葉を選んでいる企業さんもたくさんありますが、中には「印象が良さそうな言葉を手当たり次第並べただけじゃない?」というホームページも見かけます。

こういった場合、「会社にかける理念や思いが薄いんじゃないか」ひいては「提供しているサービスや製品は大丈夫か」とホームページを訪れた人に不安を抱かせかねません。

「誰が、何を、なぜ、どんな思いで(どう)やっているのか」

これが自社・店舗のホームページやSNSをみた人に伝わるような状況になっているのが理想です。

しかし、当事者が作ると企業紹介をするのにもサービスや製品紹介をするのにも、上澄みだけをすくった文章やページになりがちです。いいところだけを見せたい意識が働くからですが、これだと背後にあるストーリーが読者に伝わりません。ストーリーのない製品やサービスは説得力がなく魅力に感じづらいのです。最終的に消費者がサービスを選ぶ決め手に欠けるとも言えます。

自社や店舗のホームページに第三者の視点で取材した記事を導入することで、あなたの製品やサービス、人の背後にあるストーリーが浮き彫りになり、選びたいと思わせる魅力が伝わります。

Shuzapの取材記事は血の通った言葉であなたのストーリーを紡ぎ、魅力を伝えます。

Shuzapサービスサイトはこちら




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
14
オンライン取材サービスShuzapの代表です。https://shuzap.online/趣味はクラフトビールを飲むことと散歩。甘いもの、歩きながら考え事をすることが好きです。フリーランスとして現地取材やweb記事の執筆も承っています。