見出し画像

"DRAWDOWN”書評・識者レビュー総まとめ(amazonより)

現時点で、この本はまさに必要とされています。信頼性が高く、私たちができる保守的な解決策ごとのストーリーです。この本を読むことは、「人類は気候危機を解決することはできない」という破滅的な認識への効果的な予防接種です。報告されている影響は、決意の高まりと根拠のある希望の感覚です。
-パー・エスペン・ストクネス、著者:『私たちが地球温暖化について考えないようにしようとしたときに考えること』

これまで一般の人々が、自分たちに何ができるのか、それがどのような影響を与えるのかを理解する方法はありませんでした。これまで、セクターごとの炭素削減の方法を網羅した、横断的・包括的で信頼性の高い概論はまだ存在していませんでした。わたしたちは、この実用的な知恵を求めていました。
-デビッド・ロバーツ、Vox社

これは理想的な環境科学の教科書だが、教科書と呼ぶにはあまりにも面白く、刺激的である。
-ピーター・カレイヴァ、UCLA環境・持続可能性研究所所長

ドローダウンは単なるプロジェクトではなく、冒険です。それが女の子の教育であれ、米作りの改善であれ、歩いて行ける都市の創造であれ、植物に富んだ食事をすることであれ、家庭でのリサイクルであれ、その他の解決策であれ、地球上のすべての人を気候変動の解決策に招く可能性を秘めた有望な物語です。
カレン・オブライエン、cCHANGE

ドローダウンは、気候とエネルギー問題について先進的な思想家たちが協力した異例であり、地球を救う可能性を秘めた地図でもあります。
-アンドレアス・クールマン、ドイツエネルギー庁 CEO

この本はあなたに現実主義と急進的なビジョンのバランスをとるための最高の希望を与えるでしょう。気候システムを安定させるためには、世界規模での壮大な努力が必要になるが、要点は、その努力で単に成功する以上のことができることです。上手く成功すれば、私たちの熟慮に耐えうる未来を切り開くことができます。
-トム・アタナシウ、ザ・ネイション

私が先日テルライド・マウンテンフィルムで体験したポール・ホーケンのプレゼンテーションは、これまで聞いた中で最高のスピーチでした。そして最も重要なスピーチでもありました。 世界で最も重要な問題に全く新しい方法で取り組む、記念碑的な偉業です。
- トム・ピーターズ、著書『卓越性を求めて』で最もよく知られている、経営管理の実践に関するアメリカの作家。

科学者を受け入れてください。私たちが気候変動から無事に逃れるだけでなく、より幸せで豊かにしてくれるかもしれません。ドローダウンは私たちが現在の混乱から抜け出すための楽観的なプログラムであり、幅広い読者の支持に値します。
-カーカス・レビュー

気候変動を認めない政党が政府を支配していると、希望はないと思われるかもしれません。しかし、この新しい本はそれを変えるかもしれません。もし米国政府(と国際社会)が気候の未来を変えることに積極的に焦点を当て始めたら、次に何が起こるのか。その青写真として役立つかもしれません。ドローダウンは、これまでに作られた気候変動対策の中で、最も包括的なモデルである可能性が高い。
-ファストカンパニー

これは、最も強力で、希望に満ちた、世界を変える文書の一つです。深く専門家のレビューを受けた、完全にウィンウィンで後悔のない道筋。最も重要で影響力のある解決策を驚くべきランキングで紹介しています。このアプローチをリードするポール・ホーケンのシンプルでエレガントな天才的アプローチは、迅速で触媒的な行動を促します。
-アンディ・リップキス、TreePeople

トランプ政権が気候変動を最小化する国の努力の多くを解体している時に、ポール・ホーケンの新著は、輝く鎧を着た騎士のように突然飛び込んできた。この本の発売は、これ以上のタイミングはないでしょう。政治的な分析がないことは明らかで、科学的な根拠に基づいており、人々を行動に駆り立て、長い道のりを歩むのに大いに役立つでしょう。
-ポートランド・トリビューン

ドローダウンは、地球温暖化に対処するための我々の能力について、これまで読んだ中で最も希望に満ちたものである。
-ジョエル・マカワー、グリーンビズ

この本は、美しく、感動的で、深い満足感のある読み物です。何よりも重要なのは、もはや悲観的な未来ではないということです。楽観主義であり、力を与えてくれます。ポール・ホーケンには真の先見の明があります。これは、真の解決策を伝える輝かしい声です。
-ジェシカ・ロールフ、ハッピーファミリー創設パートナー


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!