見出し画像

『文章が一瞬でロジカルになる接続詞の使いかた』 要約①

文章を書くことを仕事にしようと思うと
「ロジカルライティング」が必要です。

なぜなら、ロジカルではない文章で
意見や主張を伝え、理解してもらうことは
とても難しいからです。

そして、ロジカルライティングをするうえで
必ず話題にあがるのが「接続詞」です。

その理由は、接続詞が文章を
ロジカルに組み立てる役割を
果たしているからです。

実際、タイトルにあげた
『文章が一瞬でロジカルになる接続詞の使い方』も、
かなり論理的な内容となっていて、
読むのに頭を使います。

それが原因なのか、一読しただけでは
本書に取り上げられた理論をうまく
扱えるとは思えませんでした。

そこで、まだ読了していませんが、
本書の内容を復習をかねて自分なりに要約し、
整理した状態でまとめていきます。

画像1

なぜ接続詞が必要なのか

「接続詞がなくても文章はなりたつ」
という考えの人もいるでしょう。

たしかに、すべての文章で接続詞が
必要となるわけではありません。

たとえば「小説のように時間の流れに沿って
話が進んでいく文章では、接続詞を使うと
かえって美しさを損なう」
という旨が本書にも記されています。

しかし、説明や意見の主張を目的とする
文章においては「美しさ」よりも
「わかりやすさ」が求められます。

なぜなら、説明や主張というのは
「相手が知らないことを説明していく」
ことであり、「前の文章から後の内容が予測できる」
展開にならなければ、わかりにくいからです。

そこで、接続詞の出番となるわけです。

画像2

接続詞の意義

接続詞の存在意義は
「文章の展開を予測しやすくする」ことにあります。

具体例で説明しましょう。
「なぜなら、~」と文章がはじまれば
「いまから理由を説明するんだな」
と思いながら読むことができます。

「加えて、~」とはじまれば
「何か補足があるらしい」
と考えます。

このように、接続詞のあとに続く展開を
読者に予測させやすくすることで、
読者のストレスを軽減できます。

本書では「たとえるなら、
接続詞は『道路標識』である」
と表しています。

また、執筆している本人も、
接続詞をきっちりつけることで
「論理的に書けているか」を
確認することができます。

なぜなら、接続詞を使って前の文章と
つなげることができない場合、
その文は「話の飛躍」や「説明不足」に
おちいっていることになるからです。

なので、この文章も段落のはじまり以外は
ほぼすべて接続詞から書き始めています。

自分でもかなりそれらしく
書けているように感じますが、
いかがでしょうか。

画像3

ロジカルライティングは「接続詞」+「一文一義」

「自然な流れの文章であれば接続詞は省くことができる」

という話を聞き、接続詞を省くことに注力していた時期もあります。

しかし、順序が逆でした。

基本的に、論理的な文章を書くのであれば
「接続詞」は必要不可欠で、
すべての文につけるべきです。

そうしてはじめて、
「不要な接続詞を取り除く作業」に
移ることができます。

加えて「一文一義」のルールを守れば、
かなり伝わりやすい文章になるはずです。

「説明文やコラム文で内容がまとめられない」
という人は、ぜひ「接続詞」と「一文一義」
の組み合わせを意識してみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1人暮らしあるある1:ゴミ箱がいっぱいになって溢れるまで放置する
9
近畿大学農学部卒業→奈良県の製薬会社に就職、研究開発部に配属→5年間勤めて、面白くなる気配がなかったので退職。現在は自称WEBライターという名のニート。ライティングの練習を兼ねて、仕事と関係ないけど書きたいこと、書けそうなことを書く。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。