見出し画像

新規国内投資|YESOD

本日2020年8月17日付けにて株式会社イエソド(以下、YESOD)より配信されましたプレスリリースのとおり、弊社DNX VenturesはYESODのプレシリーズAラウンドにて、投資を実行致しましたことをご報告致します。本ラウンドへは弊社がリードとなり、ANRIとともに出資致しました。


YESODって?

YESODは、散らばった人事・組織情報を統合し、各種SaaSのアカウント発行・権限設定を自動化するSaaS統制プラットフォーム「YESOD」を提供するスタートアップです。2018年に創業し、「企業の人・組織・情報にまつわる非効率をなくす」というミッションのもと、SaaS管理の様々な悩みを解決するプロダクトを開発してきました。


YESODでは何ができるの?

人事・組織にまつわるあらゆる情報を時系列に管理し、各種SaaSに同期します。たとえば、人事情報と連動して各種SaaSのアカウントを自動発行。従業員の属性に応じてSaaSのアクセス権限を自動設定。そのほか、人事異動の通知や、各種SaaSの利用状況をレポート出力することなどができます。

組織図

社内の人事情報が組織図上で一元管理


なぜ今SaaS管理が必要?

最先端のソフトウェアのSaaS形式でのローンチが活発な中、生産性向上を目的として、パッケージや自社システム構築が主流だった国内企業のSaaS移行が加速しています。しかし、SaaSの特徴には、課題や業界に特化し、横同士の繋がりが弱いことがあります。したがって、現状において企業は業務対応のために複数のSaaSを使用し、それらの個別管理を行なっています。その複数SaaSの個別管理によって、管理者の業務負荷の増加やセキュリティ・統制リスクにさらされています。そこで、組織をベースにした効率的なSaaS管理を行い、業務効率化と内部統制強化の必要性がこれからより重要になってくると考えられます。

画像4

YESODにあらゆる情報を集約することで監査の負担を軽減


なぜYESODなのか?

YESODを使うことで、企業は人事・組織情報に基づいた社員の各種SaaSアカウント作成、権限設定を自動でできるようになり、企業の業務効率化と内部統制強化を可能にします。具体的には、これまでの個人ベースでのSaaSのアカウント管理から、内部規定(組織と役割に応じて)に基づく管理を行うことができ、加えて時系列(過去、現在、未来)での管理ができます。組織と役割に基づく管理によって、情報統制、権限管理を実現し、コンプライアンス違反のリスク低下に繋げます。また、時系列での管理ができるため、指定日時に各種SaaSに一斉加入、既に退社済の社員のアカウントが残っているといったこともなくなり、業務効率化やセキュリティを強化します。

画像3

個人ではなく、役割に応じたアクセス権限を設定


調達資金の活用

YESODのプロダクトは高度なデータモデルを前提としており、開発、及び本プロダクトの導入に向けてハイレベルな人材を必要とします。そのため、本資金調達の資金を基にして人材の採用を積極的に進めます。特に主要サービスの開発を行うエンジニア・導入コンサルの人材拡充を急速に進める予定です。

すでに積極的に採用を開始しています。「企業の人・組織・情報にまつわる非効率をなくす」というミッションに共感するという方、ぜひ以下の採用ページをご覧ください。


弊社コメント

倉林 陽(Managing Director)
企業内で利用されるSaaSの数が増えるにつれ、SaaSのアカウント管理や情報コンプライアンスの強化のニーズも日増しに高まってきています。YESODは、統合された人事・組織情報を起点にSaaSを管理するプラットフォームを提供しており、まさにSaaS普及時代に必要不可欠なサービスであると感じています。国内屈指のエンジニアである竹内CEOを筆頭に、高い技術力を持つYESODが、日本企業のDX推進を加速することを期待しています。

湊 雅之(Investment VP)
今回、YESOD社をご支援させて頂けることを心より嬉しく思いますし、個人的にも非常に興奮しております。YESOD社は、UZABASEでCTOとして同社の開発をリードされ、AWS/TechCrunchの初代CTO of the yearに選ばれた、日本屈指のエンジニアである竹内 秀行氏が創業されたスタートアップです。同社の開発力の高さは疑う余地もなく、竹内CEOのように日本の優れたエンジニアの方が技術力で日本を革新されていくことが、日本が世界トップレベルで伍して戦っていくためには必要不可欠だと思います。またYESODのコンセプトも、竹内CEOを始め、日本のソフトウェア業界のプロフェッショナルチームの皆様の原体験から生まれたもので、まさに今の日本に必要なサービスです。YESODが、技術力で日本企業を更に革新してくれることを心から支援致します。

集合写真

企業のSaaS管理を効率的にするサービスです。DNXのSaaSの知見・経験もフィードバックしながら、引き続き同社をサポートして参ります。


その他YESODについての詳細は、各Webサイトでご覧ください。



弊社その他の投資先はこちらからご覧いただけます!


(文・真船 弘暉  編集・上野なつみ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
7
DNXは、2011年よりシリコンバレーと東京に拠点を構え、日米市場を中心にB2Bスタートアップへの投資を行っているベンチャーキャピタルファンドです。 | https://dnx.vc/jp | https://www.facebook.com/dnxventures/

こちらでもピックアップされています

DNX 新規投資のお知らせ
DNX 新規投資のお知らせ
  • 36本

DNX Venturesの新規投資に関するお知らせをこちらのマガジンにアーカイブしていきます。将来的には、DNXがどのようなスアートアップに投資しているか、これらの投資先からみなさんにおわかりいただけたら嬉しいなと思っています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。