新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

企業のテレワーク化をサポート!無償提供サービスまとめ

新型コロナウイルス蔓延に伴う緊急事態宣言などの影響で、今、企業が物凄い勢いでテレワーク化に舵を取っていますね。

そこでもともと、テレワークやオンラインワークに向けたビジネスツールを提供していた企業が、ビジネスチャンスということで、続々と顧客囲い込みのマーケティング施策を展開しています。

基本的には、まずは使ってもらおうということで、期間限定で無償提供する手法が盛んのようです。

まずは手軽に導入してもらって、これなしでは仕事にならない状況になった企業に課金するというフリーミアム的な発想かと思います。

具体的にどんなサービス・企業があるか、簡単に調べられる範囲でまとめてみましたので、ご参考までに。

①まずは情報まとめサイトのご紹介

まずは既に情報がまとまっている、まとめサイトがありましたので、そちらを紹介していきたいと思います。

1) 日本テレワーク協会(JTA)

上記は日本テレワーク協会(JTA)の会員企業・団体限定で利用できるテレワーク緊急導入支援プログラムの紹介です。

2) 日経XTECHによる紹介

ニュースサイトらしく見やすくまとまっています。

3) Ferretによる紹介

マーケターはみんなチェックしているFerretさんでも紹介していました。

②他にもこんなサービスがありました

1) サイバーセキュリティ対策

これ私も気になっていました、外出先のフリーWi-Fi利用。

危ないのは聞いているけど、手持ちのスマホデザインリングだと容量が気になるし・・・というジレンマがあったんですよね。

こちらの企業はWebフィルタリングサービスとWi-Fi セキュリティサービスを掛け合わせ、セキュアなテレワーク環境の実現に協力するクラウドサービスを提供されているようです。

2) テレワークでも電話営業支援

在宅で電話営業の仕事ができる仕組みだそうです。

確かに携帯でかければ良いのだから、オフィスに出社する必要はないですよね。

でも最近は、法人営業のテレアポは難しくなっていると聞いています(テレワークで出勤している人がいないから)。

↑こちらはサービス紹介というよりは、在宅ワーカーを募集している記事ですが、参考までに。

3) パソナがノートパソコンを貸与

これは結構良いサービスなのではないでしょうか。

パソコンなど、テレワークに必要なツールを1ヶ月無償で貸与してくれるそうです。

条件はありますが、機材に困っている都内の中小企業にとっては、またとないチャンスですね。

こちらは東京都から受託している事業とのことです。

4) ビジネスチャット

テレワークでは社内外問わずコミュニケーションをとるにはメールよりチャットの方が便利ですよね。

国産ビジネスチャットサービスとしてトップシェアのチャットワークでは1ヶ月無料で有料プランを試せるそうです。

(もともと個人利用とかでは無料で利用できますが)

5) ペーパーレス会議や安全な社内資料共有に

離れた場所とのペーパーレス会議や安全な社内資料共有を可能にするモバイルコンテンツ管理アプリ「ABookBiz」。

スマホでもPCでも資料ごとに公開範囲や閲覧期間の設定が可能で、画面を連動させながら情報共有したり、閲覧データの収集及び分析ができるそうです。

③まとめ

ということで、「企業のテレワーク化をサポート!無償提供サービスまとめ」でしたが、調べてみる限り、かなり多種のサービス・企業が無償提供をしていることがわかりました。

関連企業にとっては、こんな千載一遇のビジネスチャンスは2度とないでしょうから、無料にしてでも顧客を囲みたいということだと思います。

基本的に利用を検討するのは情シス担当者かと思いますが、デジタルマーケティング担当者としては各企業のマーケティング施策に要注目ですね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

この度は私のnoteをご覧いただきありがとうございます。 もしもサポート頂ける場合は、お礼にデジタルマーケティングに関するお悩みにお答えいたします! 追ってお礼メッセージとともにご連絡させていただきます。

スキありがとうございます、嬉しいです😊
3
学校長ですが、自身は浅く広く、デジタルマーケティングにおける総合診療医のようなポジションを志しています。各領域の専門性は低いですが、総合的に見れるという点から、概念的な話をしたいと思います。https://digital-marketing.university/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。