⑯旧店舗の営業最終日。子どもとのごはん作り=台所育児だったな。
見出し画像

⑯旧店舗の営業最終日。子どもとのごはん作り=台所育児だったな。

8月20日。11年間、自宅併設shopとして営業してきた「木のおもちゃ・おひさまや」最後の日です。

夏休みに入って、毎日お客様がたくさん来店してくださっていますが、今年は店内ワークショップの企画もなし。移転に備えて、7月から少しずつ「近くの広いお店にうつるんですよー」と来店してくださったお客様にお伝えしてきました。

Twitterを始めました。
「開店しました」のつぶやきを営業日にツイートしてみようとチャレンジしましたが、これが中々しんどい…。16時に閉店してから思い出して「開店してました」になるなど、ひどくお粗末なTwitterになっていましたが、SNS世代のお客様が(←こう書くと急に自分が年寄りくさい店主のように感じちゃいます)拡散してくださって、初めておひさまやへいらっしゃる方がすごく増えました。特に赤ちゃん連れの初めて来店の方々が増えました。

「新しいお店、楽しみにしています」と期待してくださったり「ブログ読みました。子育てをしながらお店に打ち込んでるようすがすごくいいです」とか「更新楽しみにしています」とか言ってもらえたり…。とても励みになりました。
「へー、この人が営業時間終わってから慌ててツイートしてる人かぁ」などと冷たい顔をすることもなく(笑)わざわざお声をかけてくださって、本当に、おひさまやのお客様はあったかくて。ありがたいことです。

この続きをみるには

この続き: 919文字 / 画像5枚

⑯旧店舗の営業最終日。子どもとのごはん作り=台所育児だったな。

おひさまや店主 Deko

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ドイツなどヨーロッパの木のおもちゃ屋を経営しています。15年目。 息子が0歳の時にドイツの木のおもちゃと出会い、勉強を重ねながら起業しました。 息子も娘も夫もわたしも、木のおもちゃやボードゲームがそばにある暮らしが心地よいです。