西島大介(島島)

マンガ家の西島大介。2020年個人電子出版レーベル「島島」設立。『ディエンビエンフー完全版』『世界の終わりの魔法使い』他、47タイトルを配信中。『コムニスムス』TMS-Labで連載中 https://daisukenishijima.jimdofree.com/

西島大介(島島)

マンガ家の西島大介。2020年個人電子出版レーベル「島島」設立。『ディエンビエンフー完全版』『世界の終わりの魔法使い』他、47タイトルを配信中。『コムニスムス』TMS-Labで連載中 https://daisukenishijima.jimdofree.com/

    最近の記事

    • 固定された記事

    『ディエンビエンフー 完全版』全12巻電子書籍リリースに関する覚え書

    『ディエンビエンフー 完全版』として全12巻の電子書籍を11月15日に一挙リリースする。これは著者である僕自身によるセルフ・パブリッシングで「IKKI版」の電子完全復刊。準備期間は4ヶ月ほど。各ストアへの配信が整うまでには、発見や試行錯誤があった。僕がたどった行程が正解とは限らないが、一定の公益性・公共性があると考え以下その流れをまとめた。 『ディエンビエンフー』は昨年、双葉社から完結編『ディエンビエンフー TRUE END』3巻を刊行し完結した。現在、紙および電子書籍で読

      • 『世界の終わりの魔法使い』完結記念! マンガ、読み物、動画、音声etcコンテンツまとめ

        紙の単行本は駒草出版から、電子書籍は島島から、それぞれ2019〜2022年にかけて刊行(※1〜4作目まで新装復刊、5、6は描き下ろし新刊)され、全6作で完結した『世界の終わりの魔法使い 完全版』シリーズ。 完結を記念しまして改めて、各メディアに散らばる短編マンガ、読み物、動画、音声配信、展示など、ネットに散らばる関連情報をまとめました。完結後も様々な場所に散らばる断片をお楽しみください。プー! ・【マンガ】紙&電子単行本『世界の終わりの魔法使い 完全版』全6巻 ・【マン

        • 2022年のチャリで来た。〜その、あゆみ〜

          【速報!!】12/16(金)「チャリで来た。3」開催決定情報出ました! 同様荻窪velvetsunにて「チャリで来た。3」開催決定です。年内ラスト、師走の時期ですが、何卒スケジュールを空けておいていただければ。 選書は、Startbahn代表の施井泰平さんの単著『新しいアートのかたち』です。NFT、ブロックチェーンを活用した、音楽、マンガを含む、広く芸術作品を現代〜未来へ残す方法とは? 吉田隆一さん、西島と、立場やアプローチが違うはず。読書会が楽しみです。 10/13「チ

          • 新連載『Kommunismus(コムニスムス)』イメージアルバム全曲総解説

             Chum Reap Sur!!(チョムリアップ スォ!=クメール語でこんにちは)  新連載『Kommunismus(コムニスムス)』がスタートしました。掲載媒体は、アニメーション制作会社TMSエンタテイメントさんの新規IP開発部門「TMS-Lab」。『Kommunismus(コムニスムス)』は、カンボジア内戦を題材にした完全新作であり、現在電子書籍による「完全完結計画」(ご支援にXin Cam On)が進行中の『ディエンビエンフー』の正当な続編です。 (WEBTOONで

            完全完結計画クラファンスタート! 〆切は米軍完全撤退3月29日(達成率198%でサクセスしました)

            米軍完全撤退3月29日〆切? 電子書籍で『ディエンビエンフー』全16冊を完成させたいド! 漫画家の西島大介です。初めてのクラウドファンディング=軍事支援をお願いいたします。名付けて「ディエンビエンフー完全完結計画」(Motion Gallery)。募集〆切はベトナム戦争最大の転換期、米軍完全撤退の日「3月29日」に設定しました。  2004年に描き下ろし単行本『凹村戦争』でデビュー。以来『世界の終わりの魔法使い』、『ヤング・アライブ・イン・ラブ』など、様々な作品を商業媒体で

            2022年2月22日2時22分発売! 『世界の終わりのいずこねこ 完全版』を紹介するにゃんこ〜(=何ω処=)

             2022年2月22日2時22分に、電子書籍の新刊『世界の終わりのいずこねこ 完全版』を各種マンガアプリから配信します。これは、今はもう活動していないアイドル「いずこねこ」主演の実写劇映画『世界の終わりのいずこねこ』のコミカライズ。電子書籍の特性を生かし、増補パートの内容が大きく異なる〈茉里ver.〉〈ミイケver.〉の2種類を制作。ちなみにサブスクリプション・サービスを実装する「西島大介.com」では1/20より先行配信中。超先行で今すぐ読めます。  原作となった映画『世

            法に照らせば違法がわかる〜音楽配信2021年末の現状〜

            (ど頭にPR)  例えば宮崎駿の戦車と自然描写のように、ミリタリーマニアであるのと同時に世界の平和を願うことはできる。「人生で一番やめて良かったこと」と訊かれ、即答で「覚醒剤」と答えるラッパー孫GONGのように、違法を知ったうえで健康をキープする人もいる。法に照らせば違法がわかる。リーガルとイリーガル、合法と違法は、実は両極に離れているのではなく常に背中合わせだ。  『劇場版 呪術廻戦 0』が公開されたので、映画を観る前に主題歌を聴こうとキーワード「呪術廻戦 」でSpot

            梅津庸一展「ポリネーター」展評 〜ZIMAのロゴが改訂された2021年に〜

             現在、梅津庸一さんの作品や活動に注目する人々の多くは「パープルーム」以降の活動を受けてのものだろう。「パープルーム」の活動は、梅津さん個人の表現と比べて、実はとてもわかりやすい。「美術教育」「受験制度」「芸大」「コレクティヴ(芸術家集団)」など、はっきりとした「敵」が存在するからだ。明確に「現状への不満」と「クリアすべき問題」が指し示されているから、オーディエンスは追いやすいし、その行動に乗りやすい。それと比べると、梅津庸一展「ポリネーター」(ワタリウム美術館)は「パープル

            あれから3年〜発動!! 『ディエンビエンフー』完全完結計画

             はいど〜も。もはや誰も待っていないと思われるVtuberヒカル・ミナミくん、一年間の放置を経て久しぶりの登場です。ざっくりとした内容は彼(↓)が動画で話してくれていますが、2018年のTRUE END(完結)から3年。2021年10月1日、ついに「完全完結計画」が動き出します。これは戦争? あるいは趣味的出版? 電子コミックは未だ黎明期。ご声援、ご支援、よろしくお願いいたします。 【追記】MotionGalleryさんでクラファン始まりました!締め切りは3/29→ htt

            +12

            短編『4・5』てつ・作(影の魔法のライセンス活用事例マンガ)

            オフィシャル・キャラクター全国生息分布図

            西島大介です。 マンガ業の傍ら、全国各地の放送局、美術館、アプリなどの公式キャラクターを手がけることが多く、それらはマニア向け過ぎる僕のマンガよりも、全国各地に散らばり、深く地域に届いていることがあります。「ビュフェくん」そして「無題さん」という美術館のキャラクターの「ミュージアム・キャラクター・アワード2021」(毎日投票できます!)への参加をきっかけとして、これまで詳細には紹介してこなかった公式キャラクター、そのデザイン、活動地域、施設などについてご紹介します。 広島

            3巻発売&三部作完結記念【ここが違うよ!せかまほ駒草出版バージョン】

             6/2に『世界の終わりの魔法使い 完全版 3 影の子どもたち』が駒草出版から刊行されました。このシリーズは2022年春までに全6巻を刊行し、完結する予定です。とりあえずこの最新3冊で折り返し地点。「最初の三部作」が完結し、次巻4巻以降、完全新刊となる5・6巻を含む「新・三部作」がスタートします。  思い出せば、民間で成立しにくかった企画「せかまほ6部作構想」を、文化庁つまり「公」のサポートで電子書籍で制作すると発表したのが2019年の11月。電子書籍はすでに2021年3月

            イタリア版『ディエンビエンフー』レビュー・リンク集 & google翻訳コピペ

            交渉から2年を経て、ようやく2021年に無事刊行をスタートしたイタリア語版『ディエンビエンフー』(Bao Publishing)。volume 1に続き、volume 2をリリースした段階ですが、ちらほらレビューを見かけるようになりました。(写真:カバーを取るとこの感じ。良い!) 以下にいくつかのレビューのリンク先と、乱暴な日本語訳=google翻訳コピペを貼り付けます。『ブリッツロワイヤル』『終末少女旅行』などの作品との比較、アオザイ通信や歴史に関する言及、批判や戸惑いな

            滑稽な儀式〜「影の魔法のライセンス」活用事例報告〜

             2020年から2022年にかけて、駒草出版から刊行している『世界の終わりの魔法使い 完全版』は、現在第2巻目を刊行したばかり。実作業としては「魔法文字」を描き加えたり、6ページの描き下ろし短編を仕上げたり、次巻3巻の原稿修正作業をしながら、並行して来年刊行予定の最終6巻のペン入れ中。それなりに忙しい。ちなみに全6巻となる駒草出版の完全版から、シリーズ通して写植はすべて一新。旧版にあった各巻の誤差は、編集者によってすべて最新のものに整えられている(気づかれにくいけれど...)

            『電子と暮らし』デザインのフィロソフィ(哲学)

             FANBOXで定期的に綴っている手記『電子と暮らし』が去る12月16日に紙の単行本になりました(ナタリー記事)。 「電子なのに紙の本?」 「漫画家なのに活字オンリー?」 「なぜ作者はカバー絵を描かない?」  と、一見シンプルで無愛想なこの本。具体的な内容に関しては、FANBOXの無料公開分なり単行本なりをお読みいただくとして、ここではこと「装丁デザイン」の側面から、『電子と暮らし』を分析してみようと思います。  まず前提としてこの本は、とある漫画家が旧来の「紙の出

            せかまほ「手描きサインカード」コレクション(1-6巻まで続きます)

             初版から15年ぶりの復刊+新刊でお届けする『世界の終わりの魔法使い 完全版』全6部作。駒草出版さんからの紙の単行本、その「初版初回通販分」には数千枚の「手描きサインカード」がナンバリングして封入されています。  twitterで、書店さん、読者の皆さんの画像を検索。ギャラリー的に時系列でご紹介していきます。配置順は表示上が新く、下が古いです。  コロナ禍で書店サイン会は開催困難(FANBOX参考記事)、その代わりに、ぜひリアル書店各店、あるいはネット書店で、サインカード