見出し画像

関ジャムの人気企画から3曲をピックアップ

私はいつも「関ジャム」を見るのを楽しみにしているのですが、特に「人気プロデューサーが選ぶベスト10」の企画が好きで食い入るように見ています。

自分が注目していた曲が出ると嬉しかったり、その曲の何が凄いのかというのを言語化してもらうことで、こちらもそういうことだったのかと納得出来たり、逆に私はそうとは思わないと感じたり脳内で音楽会議が開かれています。

今回は2019年のベスト10が発表されていたので、その中で気になった曲を調べて記録しておこうと思います。


・蔦谷好位置さん⑦位選出:サウンドメイキングセンスが非凡。ブラックミュージックを基調にしつつサビの和風でノスタルジックなサビのメロディがマッチしている。

【渋谷ストリート発、ギターのいないピアノトリオバンド 】

Omoinotake「Blanco」

流れた瞬間に鳥肌が立つ感じがしました。刹那的で悲しいメロディがグッときます。元々R&B調の曲が好きなのでそういうこともあって響いてくるものがありました。サビの裏声が良いです。


・いしわたり淳治さん⑧位に選出:本物の詩人。いつも日本語の可能性の向こう側を覗いているような清々しい気持ちになる。

【姿を一切明かさない謎多きバンドの詩的な名曲、横浜流星など若手俳優が出演したMVも話題に】

amazarashi 「未来になれなかったあの夜に」

菅田将暉への楽曲提供で好きな曲がいくつかあり気になって、以前MVを見ましたがカルト的でちょっと怖かったです。それに比べてこの曲のMVは、映画のワンシーンのようで入っていきやすかったです。詩が先に作られたような歌詞を伝えるためにメロディがあるような音楽。熱い言葉の数々に途中何度か泣きそうになりました。

名誉ある潔い撤退より 泥まみれ無様な前進を
酒のつまみの思い出話と 成り下がるには眩し過ぎたよ
影こそ唯一光の理解者



・mabanuaさん②位選出:グラミー賞4部門を受賞。世界が注目する歌姫。

【アメリカポップ界の逸材、18歳が奏でる不思議サウンド】

Billie Eilishi 「bad guy」

あいみょんの外国人版といった印象だったのですが、グラミー賞で39年ぶりの快挙を成し得たということで、ただ者ではない新人さんのようです。暗さの中から光るポップさと耳障りの良いオシャレなサウンドに、人気が出るのも納得です。MVがホラーちっくで怖おもしろいです。


他にも、2人のプロデューサーが被って選出していた「長谷川白紙」や、「milet」も気になりました。どちらも若く才能に溢れた人のようで、2019年は不作の年とも聞きましたが、見えない所で新しい感性が出始めていたのかなと思いました。選出された新人さんの今後が楽しみです。

長谷川白紙「あなただけ」:知識と柔軟性を兼ね備えた天才

inside you」:この声で歌える日本人を待っていた。声が音みたい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

また、宜しくね\(^o^)/
3
だんきこうです。文章をかくことが好きです。色んな人がかいた文章を読んで吸収して、自分もなにかを吐き出していく場所にしたいです。心理学・音楽・純文学などに興味があります。https://twitter.com/danki_kou