Neil Young "Heart of Gold" 〜 宮崎駿 「千と千尋の神隠し」 〜 Corinne Bailey Rae "Stop Where You Are"
見出し画像

Neil Young "Heart of Gold" 〜 宮崎駿 「千と千尋の神隠し」 〜 Corinne Bailey Rae "Stop Where You Are"

Neil Young’s "Heart of Gold" (1972) が、宮崎駿監督作品「千と千尋の神隠し」(2001年)と Corinne Bailey Rae's "Stop Where You Are" (2016) に通じているという話。これは今日 2本目の投稿。

以下、最初の章の出だしは、今日 3本目の投稿の中の一段落を丸ごと転載(実は 1本目を書いてから、2本目の前に、先に 3本目を書いたのだ)。

前説 〜 コリーヌ・ベイリー・レイ

筆者が掛け値なし、文句なしの名作「千と千尋の神隠し」を観たのは、恥ずかしながら(あの映画を当時なぜ観てないのかはよく分からない、というか若い頃は映画好きだった自分が映画を観る心の余裕みたいなものを失いつつあった時なのかもしれないが)、公開から 15年後の 2016年。note 上の投稿で何度か書いたことがある、長年嵌まり込んでいた「人生のポケット」みたいなものから脱け出てから数ヶ月後のことだった。で、映画に感動し、主題歌も好きになり(CD まで買った)、映画の内容や主題歌の歌詞について思いを巡らせているうちに、ガキの頃から好きだったニール・ヤングの「ハート・オブ・ゴールド」の歌の意味を思い返すようになった。ついでに言うと、その後、2006年のデビュー・アルバム収録の "Put Your Records On" から好きなコリーヌ・ベイリー・レイ Corinne Bailey Rae が筆者が「千と千尋の神隠し」を観た年、2016年にリリースしたアルバムに収められていた "Stop Where You Are" が、「千と千尋の神隠し」「いつも何度でも」の「思想」に通じるものを歌っている歌だと言うことにも気づいた。もっと「ついでに」言うと、その勢いで、翌2017年4月にはコリーヌ・ベイリー・レイの来日公演を観に行った。もっともっと「ついでに」言うと(笑)、大満足したライヴを観た後にはコリーヌ・ベイリー・レイから上記の 2016年リリースのアルバムにサインしてもらい、そのうえ少しの間、コリーヌさんと話ができ、さらに「そのうえ」(笑)、コリーヌさんとのツーショット写真まで撮らせてもらってしまった。

前段落、最後の方で脱線しているけれど、今日の note 投稿 3本はそんな話。

「脱線」ついで、CD に書いてもらった、コリーヌ・ベイリー・レイ直筆のサイン、筆者の妻と筆者宛て(当日は一人で観に行ったのだが、コリーヌさんに筆者の妻のことを話したら、妻の名前も一緒に書いてくれた)。

画像2

以下は、その時に撮らせてもらったツーショット写真から、右側の筆者の部分をほぼカット(笑)したもの。なぜカットして載せるかというと、筆者はこの時、コリーヌ・ベイリー・レイの大満足ライヴを楽しみ、終演後にサインをもらい、ごく短時間ながら会話までできて大興奮、コリーヌさん本人の横に立って筆者の顔はもうデレデレ、頬の皮膚は緩みっぱなし、心身ともに「弛緩」して、ついに心が抜けてしまって完全に「物」体と化した状態になってしまっていたため、その時の自分の顔はとても公に出せないから。なお、これを、唯物史観、あ、違った、唯物弛緩という(笑)。

2017年4月11日、東京、赤坂BLITZ にて。

画像1


「千と千尋の神隠し」主題歌「いつも何度でも」に通じ、Neil Young’s "Heart of Gold" のアンサー・ソングになっている 〜 "Stop Where You Are" by Corinne Bailey Rae

マジで? .. マジです。歌詞全体でそれが言えるけれども、例えば、

"Life’s shining around you. Don’t miss a day. If you’re caught up in the chase, you hold your happiness away from you", 

" .. Wherever you are, you’ll find you’re home at last",

"Everything glitters around you. Don’t miss a day. The moon on the lake, the smell in the air when it rains, the people you can share with, the feeling you get when you’re almost there",

"Stop where you are, under fading stars. This is the world we’ve made. There is no better place, it’s true. Light a fire where you are."

Stop Where You Are 〜 From Corinne Bailey Rae's third studio album "The Heart Speaks in Whispers", released on May 13, 2016

Tender is the light that shines on you
Gentle is the morning made anew
Delicate, the grace we’ve come into
My love
Wonder why you wish your life away
Waiting for the perfect boat to take
Waiting for the perfect wind to sail away

Life’s shining around you
Don’t miss a day
If you’re caught up in the chase
You hold your happiness away from you

Stop where you are
Under fading stars
This is the world we’ve made
There is no better place, it’s true
Light a fire where you are

Underneath a blanket of the cold
Lying in the dark, your seed will grow
Miracles just like a winter rose will be
Give up all the things you can’t control
Still yourself and watch them come and go
Wherever you are, you’ll find you’re home at last

Everything glitters around you
Don’t miss a day
The moon on the lake
The smell in the air when it rains
The people you can share with
The feeling you get when you’re almost there

Stop where you are
Under fading stars
This is the world we’ve made
There is no better place, it’s true
Light a fire where you are

Can’t stop the wild wind roaring
You can stop my poor heart from calling out
Light a fire where you are

Stop where you are
Under fading stars
This is the world we’ve made
There is no better place, it’s true
Light a fire where you are


ニール・ヤング「ハート・オブ・ゴールド」 〜 歌詞和訳

これは今日 1本目の投稿をご覧あれ。よろしくお願いします(笑)。

「千と千尋の神隠し」の主題歌が、ニール・ヤングの「ハート・オブ・ゴールド」のアンサー・ソングになっているという話

これは今日 3本目の投稿をご覧あれ。よろしくお願いします(爆)(自爆テロでなくて爆笑の爆、当たり前か)。


というわけで、 「人生のポケットから出る方法はどこかにある」、それは実は他の何処にもない、「ここ」にあるのかもしれない

最初の章で「人生のポケット」に触れたので、そういうわけで、「人生のポケット」関連投稿、以前の note 投稿 6点へのリンク。

1)

2), 3) 次の2つは上にリンクを貼った投稿の関連投稿なので、ついでに。その 1つ目のタイトルでは無神論者の筆者が「神」「神」と連発しているけれど、まぁこれは引用なので。

4) 次のこれは、サイモンとガーファンクルの歌と筆者による和訳歌詞を掲載しつつ、「人生のポケット」に関わることを書いた投稿だったので。

5) これは、「人生のポケット」に嵌まり込む前の予兆みたいなものについて触れていた投稿。やはり、サイモンとガーファンクルの歌と筆者による和訳歌詞を掲載。

6) 「人生のポケット」的な過去の日記を複数載せた、なんだか全体的に「人生のポケット」回顧、懐かしや投稿。ビートルズの歌と筆者による和訳歌詞を掲載。

bonus track: 明るく締めよう 〜 "Put Your Records On" by Corinne Bailey Rae

"Stop Where You Are" ほどダイレクトでないにしろ、筆者は実はこの歌の歌詞も「千と千尋の神隠し」主題歌「いつも何度でも」に通じるところがあるのではないかと思っている、

Put Your Records On 〜 From Corinne Bailey Rae's 2006 self-titled debut album, released on February 24, 2006

Three little birds sat on my window.
And they told me I don't need to worry.
Summer came like cinnamon
So sweet,
Little girls double-dutch on the concrete.

Maybe sometimes we've got it wrong, but it's alright
The more things seem to change, the more they stay the same
Oh, don't you hesitate.

Girl, put your records on, tell me your favourite song
You go ahead, let your hair down
Sapphire and faded jeans, I hope you get your dreams,
Just go ahead, let your hair down.

You're gonna find yourself somewhere, somehow.

Blue as the sky, sunburnt and lonely,
Sipping tea in a bar by the roadside,
(just relax, just relax)
Don't you let those other boys fool you,
Got to love that afro hair do.

Maybe sometimes we feel afraid, but it's alright
The more you stay the same, the more they seem to change.
Don't you think it's strange?

Girl, put your records on, tell me your favourite song
You go ahead, let your hair down
Sapphire and faded jeans, I hope you get your dreams,
Just go ahead, let your hair down.

You're gonna find yourself somewhere, somehow.

'Twas more than I could take, pity for pity's sake
Some nights kept me awake, I thought that I was stronger
When you gonna realise, that you don't even have to try any longer?
Do what you want to.

Girl, put your records on, tell me your favourite song
You go ahead, let your hair down
Sapphire and faded jeans, I hope you get your dreams,
Just go ahead, let your hair down.

Girl, put your records on, tell me your favourite song
You go ahead, let your hair down
Sapphire and faded jeans, I hope you get your dreams,
Just go ahead, let your hair down.

Oh, you're gonna find yourself somewhere, somehow

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。
音楽をこよなく愛する1960年生まれ。誕生日はシリアの独裁者バッシャール・アサド (1965年) と同じ、チリの悲劇の日 (1973年)、アメリカ合州国の悲劇の日 (2001年)と同じ日の 911, まぁ当然ながら偶然。関心事項は中東などの国際政治、宗教など。自身は無神論者。