見出し画像

台北アートブックフェア『草率季』をレポート

海外のフェアに参加するのって海外志向ってより「晒されたい」んだよね。
より晒され度増すのはやっぱりその空間のマイノリティでいた方が効率がいい。
もちろんシカトされる率も上がるけどその中でドツボの数人が僕らに新しい可能性を提供してくれてる。
風通しいいよ。
好き、でつながってっかんね。 -crevasse.books(Twitter)

今回は、10月12日から14日に台湾で開催された台北アートブックフェア『草率季』の様子をレポートする。写真は、同行した写真家の Sayuri Nishiyama が期間中に撮影したもので、フェア会場内だけでなく台北の街を撮っている。
滞在期間中のほとんどが雨に見舞われ、気温としても10月の関東と大差なく涼しかった。気温はどうあれ本を詰め込んだキャリーケースとリュックは重く、雨ほど嫌なものはない。しかし、意に反して Sayuri Nishiyama の写真は、力強くそして混沌としたどこかえもいわれぬエネルギーを秘めた台湾の空気そのままを伝えてくれた。

text / 大滝(crevasse
photo / Sayuri Nishiyama

画像1

この続きをみるには

この続き: 2,845文字 / 画像20枚

台北アートブックフェア『草率季』をレポート

crevasse

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

こんにちは。crevasseの大滝です。よろしければサポートをお願いします。サポートしていだだくと、しばらくの間サポートしていただいた人に思いを馳せます。

ありがとうございます!!
3
Independent nano publisher of photography and zines. - 茨城を拠点にするオンラインブックストア及び出版やってます。 https://www.crevasse.info/

こちらでもピックアップされています

crevasse_アートブックフェアレポート
crevasse_アートブックフェアレポート
  • 13本

だれかのなんかの参考になるかもと思い、参加したアートブックフェアのレポートをアップしはじめました。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。