見出し画像

世界でわずか10人、特別な技法を受け継ぐ職人が作る江戸切子。伝統と革新の融合を実現し続ける工房との出会い【第二弾】

2020年10月。Coyoriは誕生から10周年を迎えます。
Coyoriが10周年を迎えることができたのも商品を愛用くださっているお客様あってこそ。

そんなお客様に
「 Coyoriをもっと好きになってもらうために 」
「 Coyoriのこれからに期待してもらうために 」
これまでの感謝の気持ちを込めて「 お客様が喜んでくれるもの 」を。

そんな想いを込めて、10周年の特別プロジェクト【美容液オイルの特別版】の創作が始動しました。前回の投稿に続き、プロジェクト担当スタッフの佐﨑が10周年特別プロジェクトの進捗をレポートいたします!

Coyori 10周年の企画立案の様子をまとめた
第一弾の記事はこちら!
https://note.com/coyori_tuzuriweb/n/n21b2efebb6b2

= = =

第二弾の今回は、美容液オイルの10周年限定容器を製造してくださる江戸切子工房と出会うまでのお話と工房のご紹介、最後に製造途中の試作品をちょっとだけお見せしたいと思います!

ご縁が繋いだ江戸切子との出会い


「Coyori10周年を記念した物を形にしよう!」と考え始めたのが、2020年1月。企画検討を重ね、「江戸切子で美容液オイルの限定容器を作ろう」と動き始めたのがひと月後の2月。今からお話するのは、そのまたひと月後の2020年3月頃のお話です。

「日本の文化・生産者を未来につなげていきたい」というCoyoriの想いを体現すべく、日本工芸品である「江戸切子で美容液オイルの容器」を作ることを決めたものの、いざ依頼先となる江戸切子工房を調べてみると、現存する工房はかなり少なく、江戸切子の職人さんは世界で100人ほど。厳しい後継者不足問題を抱えているのが現状でした。
そんな数少ない工房の中から、一緒に挑戦いただける方を探して数件ご挨拶に。企画のお話は聞いていただけるものの、
「すでに受け持っている日々の仕事が忙しく手一杯な状態だから難しい。」
「化粧品の容器を作ったことがない。新しい依頼を受ける余裕はない。」
と、厳しいお返事ばかりでした。

お断りを受けるたびに「この企画って無謀なのかもしれない、、、」と自信をなくし、企画断念が頭をよぎり、夢にまで出てくることも(笑)
「自分1人の力では実現は厳しいかもしれない」と最後の望みをかけてFacebook・Instagram・Twitterで繋がっているあらゆる友人に向け、「江戸切子工房の知り合いを紹介してほしいです!」という連絡をしました。

ただ、私1人のツテだけでそんな簡単に見つかるわけもなく、誰からも「YES」の連絡はありませんでした。

諦めかけていた1か月後、大学時代の友人から「江戸切子の工房ってまだ探してる?」という一通のメッセージが。
ちょうど帰宅途中の電車の中でそれを目にしたのですが、電車内で大喜びしたい気持ちを抑えて、膝の上で強く携帯を握りしめガッツポーズしました。
そんな1人の友人によって「”友人”の”友人”の”知り合い”」という遠ーい繋がりを手繰り寄せ、ある工房とお会いすることができました。

人と人の繋がりから生まれたその出会いは、想いを”こよる”Coyoriらしい運命的なものを感じました。


親子3代で紡いできた下町のガラス加工工場


隅田川の東側に位置する、清澄白河。コーヒーとアートの街として、知名度が上がっているとともに新しいお店が生まれ、訪れる方も増えているそう。川と運河に囲まれた静かな寺町に、その工房はあります。

外観

『椎名切子(GLASS-LAB)』という、1950年の創業以来、おじい様の代から続くガラス加工場。
どこか趣のある工房の扉をたたくと、「よく来たね!」と笑顔で迎えてくれたのが椎名隆行さんでした。

椎名さん

緊張する私を見て、「まずはどのようにして江戸切子ができるのか工場を案内するね!」と招き入れてくださり、ぐるりと工場見学をさせていただきました。

足を踏み入れた瞬間、その趣ある空間に息を飲みました。

図1

工房内のほとんどを占める4台の研磨機は創業当時から使っている手作りの木製機械。この工場以外ではめったにお目にかかれない、ほとんど産業遺産的な貴重な機械なのだそうです。故障しては修理を繰り返し、代々大事に使われているそれらは木材の風合い漂うなんともいえない重厚感で歴史の重みを感じました。
事前に画像では拝見していたものの、それだけでは感じ得なかった不思議で、どこかあたたかく、懐かしくも感じるその空気感はまるでジブリの世界に紛れ込んだかのような感覚でした。

内観

内観②

ガラスを削る⾳とベルトがススーっと滑りながら回る⾳、それによって⼤き
な滑⾞がガシャンガシャンと動く⾳。
その全てに圧倒されて、時間が⽌まったかのように夢中になって眺めていま
した。

椎名切子(GLASS-LAB)で加工しているのは、江戸切子の技法のひとつである「平切子」。研磨機を使ってガラスの面を平たくしたり滑らかにしたりする技法です。
隆行さんによれば平切子ができる職人は今、世界でも10人くらいしかいないそうで隆行さんの父、康夫さんはその数少ない平切子の職人さんです。

画像11


隆行さんの弟、康之さんはサンドブラストの技法を得意とする職人さん。
サンドブラストというのは砂などの研磨材をコンプレッサーで吹き付けて加工する技法のこと。もともとは錆落としや塗装はがしなどに使われていたが、ガラス面に文字や模様を彫刻する技法としても広く使われています。

弟さん

日本に10名ほどしかいない「平切子」の技術と細かな砂を吹き付けてガラスを削る「サンドブラスト」の技術を組み合わせて誕生したのが椎名切子(GLASS-LAB)考案の「砂切子」。

砂切子

水を注ぐと底面に描かれた桜の花が全面に広がります!

また、先日の江戸切子新作展では、ご兄弟で江戸切子新作展2020藤巻百貨店賞の1位と2位を獲得!
藤巻百貨店賞は他賞の審査員票とは異なり、一般人対象のWEB投票によって決まるものなので消費者の評価がもろに反映され、どれだけ多くの人に支持されたか分かる名誉な賞なのだそうです。
昨年実施された新作展では康之さんの作品が2位だったところを今回はお兄の隆行さんが1位、弟の康之さんが2位をダブルで獲得されました。

画像9

△ 江戸切子新作展2020藤巻百貨店賞の1位受賞作品『太陽の花』

椎名切子(GLASS-LAB)と作り上げる美容液オイルの限定容器

そんなご実績のある椎名さんへ緊張で言葉を噛みながらもCoyori 10周年企画のお話をさせていただいたところ、「実現するまでの道のりは険しいだろうけど一緒に頑張ろう!」と訪問したその日に二つ返事でご承諾いただくことができました。

ただ、それ以降はコロナの影響でなかなかお会いすることができず、オンラインでの打ち合わせを何度も重ねました。
そして、2020年9月。久しぶりに椎名切子(GLASS-LAB)を訪問した際、ずっと聞きたかった「なぜ依頼を引き受けてくれたのか?」という質問をしてみました。

椎名さんは「んー」と1、2秒考えられた後に「一番は佐﨑さんの想いと熱意、真剣な気持ちが話し方や目を見たら伝わってきた。ぜひ一緒に仕事をしてみたいと思ったよ!」と優しい表情でありつつも、力のこもったしっかりとした言葉で話してくださいました。
それを聞いた瞬間、椎名様の言葉が体をめぐってじーんと胸が熱くなり、心が震えたのを今でも覚えています。
最後まで諦めなくて本当に良かったな、椎名さんと出会えて良かったなと心の底から思いました。

画像11

加えて、「美容液オイルも使ってみたけど、良い商品を真面目に作っている印象を受けたよ。使ったらそれまでで廃棄されてしまう化粧瓶をサスティナブルな形で使うという取り組みに将来性を感じ、今までにない形で製造できることにワクワクしたのが大きかったかな。」と話してくださいました。
Coyoriの製品へのこだわりやお客様への想いが伝わったのだととても嬉しかったです。

そんな、日本の伝統を大切にしつつ、新しいことにも挑戦し続けている椎名硝子が製造してくださっている美容液オイルの江戸切子限定容器は、来年2021年9月完成予定!
これを機に、「より多くの方に江戸切子の魅力を知ってもらいたい!」という一心で製造に取り組んでいます。


最後に、来年に向けて試作検討を重ねている江戸切子の限定容器を少しだけ。

画像11

ぜひ、江戸切子の美容液オイル限定容器の完成を楽しみにお待ちください!

===

皆様からの「♡」が励みになります!面白かったら「♡」にタップをお願いします。ご感想、ご意見もお待ちしております!

■Coyori公式インスタグラムはこちら
https://www.instagram.com/coyori_official/?hl=ja

■Coyori公式Twitterはこちら
https://twitter.com/coyori_official



この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
41
「日本の自然や季節を感じていただき、素肌だけでなく、心も"ゆたか"に」日本の自然素材をブレンドし、オイルコンディショニングを調えるエイジングケアブランドです。ここでは私たちの活動や、Coyoriが考える自然の楽しみ方をお届けします。→https://www.coyori.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。