前集131項 相手の善悪がわかった時。時と処し方を知る

ほめるも不可、悪口も不可

善人未能急親、不宜預揚。 恐来讒譛之奸。 悪人未能軽去、不宜先発。 恐招媒蘗之禍。

善人、未(いま)だ急に親しむこと能(あた)わずば、宜しく預(あらかじ)め揚(あ)ぐべからず。 恐(おそ)らくは讒譛(ぎんしん)の奸(かん)を来(まね)かん。 悪人、未(いま)だ軽(かる)がるしく去ること能(あた)ずば、宜しく先ず発(あば)くべからず。 恐(おそ)らくは媒蘗(ばいけつ)の禍(わざわ)いを招(まね)かん。

相手が善人と知っていても、本当に親しくなるまでは、それを褒め称えてはならない。 さもなければ、陰口を使って仲たがいをさせて利益を得ようとする輩が現れるだろう。 相手が悪人と解ったとしても、近付かれた以上は、悪事を働く前に排除してはいけない。それをすると、反動でより大きな被害を受けるだろう。 つまり、活人は時と処し方を知っている人間なのだ。 言い換えれば、一寸先に明かりを灯せる人なのだ。

出典: http://www.1-em.net/sampo/saikontan/2-5.htm

超訳: http://www.saikontan.net/choyk/2006/03/post_100.html

超訳2: https://twitter.com/kou_saikontan/status/1150208938148634624?s=21

まとめ: 一燈照隅!人より先の人間であれ!!善人を褒めるのは、親しくなってから。仲たがいをさせて利益を得ようとする輩が現れる。悪人と分かっても、排除せずに自滅を待つ。

悪人の定義: http://nezu3344.com/blog-entry-2660.html

#菜根譚 #渡世術 #活人 #生き方 #哲学 #自己啓発 #箴言

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
5
自己肯定感とエゴと自惚れと善悪と真偽の区別がつかない40代。素晴らしい人生を送る為に、感情の言語化、WGIPからのパラダイムシフトをテーマに勉強します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。