見出し画像

「コスモテック2022年年賀状」

コスモテック

コスモテックの青木です。
コスモテック2022年年賀状について今回ご紹介します。

毎年恒例、「 コスモテックの年賀状ちょうだいな2022年 」 を行いました( 2021年8月に実施 ) 前回は1000名様の応募者枠があっという間に埋まってしまったので、今回は規模をググッと拡大して1500名様の募集とさせていただきました。

またしても!

ありがたいことに今回も1500名様の応募者枠がものの数日でいっぱいになり、締め切らせていただきました。

今回も北は北海道から南は沖縄まで全国津々浦々、本当にたくさんの方達が 「 コスモテックの年賀状が欲しい! 」 と手を挙げて下さいました。ありがとうございます。

2022年年賀状デザインは前田瑠璃

2022年年賀状はコスモテックの現場リーダー 前田瑠璃が、去年に引き続きデザインしました。

前田は2021年の後半、 STARBOOKS のコラボレーションで遊び紙をデザインし、台湾の Take a Note とのコラボレーションではブックカバーのデザインを、更には文具女子博 限定販売のロディアブロックメモ 『 箔宝石 』 のデザインなど、ありがたいことに様々な企業・ブランドとお仕事をご一緒させていただく機会が増えて参りました。

2022年の年賀状は 『 物質感 』 満載!

画像1

コメント : 前田瑠璃(コスモテック)
『 彩光腐食版( さいこうふしょくばん ) 』 を使用した箔押し加工に、エンボス( 浮き上げ )加工、そしてデボス( 型押し )加工と、1枚の年賀状の中に多種多様な加工がギュッと詰め込まれている今年の年賀状。

見た目も華やかに、そして触っても楽しんでいただけるよう心がけてデザインいたしました!


前田のコメントにもあるように、2022年の年賀状は 『 彩光腐食版 』 を取り入れたデザインです。

無題

画像3


年賀状をよく見ると、箔押し部分に無数の繊細なパターンテクスチャーが施されているのが分かります。なんと1枚の年賀状内に5種類ものテクスチャーを取り入れているのです。

上の色分けされた画像は、前田が作ったデザインデータです。
一番下に SP ナンバーが表記されていますが、これが 『 彩光腐食版 』 のパターン番号です。

デザインデータ内に下記の 『 彩光腐食版 』 のパターン見本帳から今回のデザインで使用するパターン番号を表記し、製版会社で加工に使用する金属版を製作してもらいました。

画像4


なお、5種類ものテクスチャーを使用していても、製作する金属版は1枚で済むのも驚きです。

写真 2021-11-12 18 06 51

年賀状は箔色違いで3種類あるのだ!

2022年のコスモテック年賀状は、箔色違いで3種類の年賀状を作りました。

① ホログラムシルバー箔バージョン

画像5

② ポーラライト箔バージョン

画像6

③ ホログラムゴールド箔バージョン

画像7


見る角度によって箔色の光彩が変化する箔を3種類セレクト。
どれもそれぞれ美しい箔ですが、特にポーラライト箔は既にメーカー廃盤になっている貴重な箔。今回はコスモテックの現場にわずかに残っているものを使用して製作しました。

「 お手元に届いた年賀状は果たしてどのバージョンでしょうか? 」

1枚の年賀状内で5回押しを実施

年賀状に使用した紙は、新聞古紙を用いられて作られた、いわゆる 「 ボール紙 」 と呼ばれるもの。主に印刷物の芯材・仕切りなどに使われる紙を使用しました。コンクリートのような素朴なグレー色で、ありふれた存在ながら、加工やデザインとの組み合わせでクールで垢抜けた印象に仕上がります。

今回、ボール紙に全5工程で年賀状の製作をしております。

表面 : 箔押し [ 彩光腐食版 ] - HAPPY NEW YEAR
   : 箔押し - 2022 Cosmotech
   : エンボス加工
   : デボス加工
裏面 : 箔押し [ 宛名面 ]

画像8


『 彩光腐食版 』 で箔押しした HAPPY NEW YEAR の文字部分にエンボス加工を施し、 HAPPY NEW YEAR の文字をぐぐっと高く盛り上げています。

そのため紙の裏面( 宛名面 )は凹んで、ボコボコ状態になっています。

画像9


年賀状のセンターには 2022 Cosmotech の文字が。
実はこれも箔押し加工しています。 HAPPY NEW YAER の箔色に合わせて、黒箔や赤箔を使い分けて製作しました。

また、この部分に気づいて下さった方はきっとマニアックな人だと思うポイントが、 2022 Cosmotech の周辺に長方形の金属のベタ版を用いてデボス加工を施し、この部分だけをピンポイントで凹ませていることです。ど真ん中にあるのにも関わらず見落としがちな目立たない加工なので、気が付いた方はあっぱれです!

画像10


見た目はシンプルでスマートな佇まいに仕上げた年賀状ですが、要所要所にコダワリのポイントや、 「 ここは果たして気づいてくれるだろうか? 」 という加工現場目線のちょっとした仕掛け等も盛り込まれています。

また、エンボス加工・デボス加工を盛り込むことで、紙に立体感を帯びさせ、デジタルにはない 「 物質 」 としての存在感ある年賀状をお楽しみいただけると思います。

合計7500発!?


今回の年賀状は 1500名様分 × 5工程 から、7500回全て手加工で仕上げています。1枚1枚のボール紙に手作業で箔押しやエンボス加工など繰り返し行い、1点1点心を込めて丁寧に仕上げさせていただきました。

随所にコスモテックの心意気を感じていただければ嬉しい限りです。 
2022年もコスモテックをどうぞよろしくお願い致します!


【 箔押し加工 】

有限会社コスモテック 現場リーダー 前田瑠璃
〒174-0041 東京都板橋区舟渡2-3-9
TEL:03-5916-8360 / FAX:03-5916-8362


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!