お題

#みんなでつくる夏アルバム

新着の記事一覧

四国一周てくてく一人旅。夏の写真ギャラリー0730(徳島県板野郡・阿波市)

今夏、四国八十八ヶ所を巡って風景写真を撮ってきました。 歩き旅だったから見れた景色も多くありました。今夏、行きたくても行けなかった。お遍路の雰囲気を知りたい。四国に興味がある。そんな方にご覧いただければ嬉しいです。 今回は2日目となった7月30日の景色です。 15photograph 7月30日の印象的なできごと9番札所が近くに見えてきた頃、カメラを僕に向けているおじいさんが目に入りました。 自分では撮れない「歩いている姿」を撮ってもらえるのが嬉しくて、僕は手を振り

四国一周てくてく一人旅。夏の写真ギャラリー0729(徳島県鳴門市・板野郡)

今夏、四国八十八ヶ所を巡って風景写真を撮ってきました。 歩き旅だったから見れた景色も多くありました。今夏、行きたくても行けなかった。お遍路の雰囲気を知りたい。四国に興味がある。そんな方にご覧いただければ嬉しいです。 それでは初日となった7月29日の景色です。 13photograph 最高気温35℃から始まったお遍路一人旅初日の感想は「暑い、重い。」です。 なんの風情もなくてすみません。 この日、徳島市では最高気温35℃を記録。僕は12kg程度のリュックを背負ってい

スキ
1

2022 June.

最近、朝晩が涼しくなってきて、昼間も気温が上がったとしても夏ほど日差しが強くなくてだいぶ過ごしやすくなってきたような。 そして、夏の始めの記憶は気づいたら半年も前になってしまった。 振り返ると、おうちと外の思い出がどちらもあって充実していたみたい。 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 自分のためのごはんを大切にするのは なかなか大変だけども ふたりのごはんはちょっぴり頑張っちゃうんだな 実家では夏の楽しみだった梅シロップ 一人暮らしを始めてから毎年自分でも作っている

スキ
12

2022年夏の写真集(1)

今年の夏はとにかくずっと写真を撮っていた。基本的にどこへ行くにもカメラを携帯していたし、ゼミ研修や一人旅でもシャッターを切る機会が多く、またサークルの演奏会の撮影なんかもやっていたので、7月から9月までの夏の間だけでOM-Dのシャッター回数が3000回ぐらい増えていた。 せっかくたくさん撮ったので、何回かに分けてポートフォリオ的にまとめていきたいと思う。 この記事はその第1弾。 機材 カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1Ⅱ レンズ:OLYMPUS G. ZUIKO

スキ
5

ドリフコントのような店~マダムのケーキ店~

私たちの娘は、3人とも夏に生まれた。しかも律儀に1ヶ月違いにだ。 7月が長女、8月は次女、9月には三女。さらに夫も7月生まれで、我が家にとって夏は誕生日バブル期間。夏の間は、毎月ケーキやプレゼントの準備、食事の手配をやっていることになる。これが結構忙しい。もちろん出費も忙しい。 暑さにも秋の陽気が入り混じる9月、いよいよ三女の誕生日がやってきた。泡粒のパチンとはじける音とともに誕生日バブルが終演を迎えると、私は来年に向け秋冬春と質素倹約に勤しみ、再びアリのようにコツコツと働

スキ
1

幸せに気付くのがヘタクソだった話

あとから気づいて後悔したことはあるだろうか 私が今からこの記事に書く内容がその一つである。 そんな後悔も今となってはいい経験となり、自分がやっとその後悔を払拭することができたと思う。 そんなことを書いていこうと思う。 当時大学2年生だった。 今は趣味となっているコーヒーの沼にはまっている最中であり、春休みに沢山のコーヒー屋を巡った。 そんな中、金髪の20代前半の女性にドリップしてもらったことがある。 金髪の女性が丁寧にコーヒーを淹れている姿に私は一目惚れをした。 そのギャ

スキ
25

がんばりロケットは ここまで

スキ
1

ただ季節が過ぎただけだった。

秋の始まりの雨が降る日に昼寝をすると、いつもの全く眠れない夜と違ってやけに気持ち良く眠れる。 そして君の夢を見る。 季節の変わり目は決まりきったように雨が降るのね、と君が言っていたことを思い出す。 君が僕に眠り方を教えてくれたのかもしれない。 夢から醒めると、まだ点けている空調の音だけが部屋に篭っていて、そういえば、独りだったなと思う。 誰かにふと電話したくなるけど、それはそういう相手のいない人が思うことだ。 君はふと寂しくなるような瞬間が今でもあるのだろうか。そういう時誰に

スキ
11

まだまだ真夏日

夏に別れを告げたはずなのに まだ傍にいるようです。 夏うまれなので においとか、青さとか 夏色が大好きです。

スキ
6

淡い光のヒルガオに寄せて

昼顔にあなたを偲ぶ曇り空  ヒルガオは日本在来種だが、奈良時代にアサガオが薬用植物(下剤)として伝わってきてから、「朝」に対して「昼」というようになったそうだ。淡い色が日本古来の姿を見せてくれる。  ちなみに「夕」のユウガオは、ウリの仲間で、白い花を咲かす。実はカンピョウになる。  普段は気にもならないのに、いざさがしてみるとたくさんの花があちらこちらにある。

スキ
8