教育現場で感じた違和感が現実になりました。
見出し画像

教育現場で感じた違和感が現実になりました。

ご覧いただきありがとうございます。

トイロです。

不登校児童数など、文科省の学校調査の結果が公表されました。

子どもの自殺者数も、不登校児童数も、前回と比較して増えました。

これに関して、トイロができることは目の前の子ども達を守ること。

トイロに助けを求めに来た子ども達を守ること。

それを徹底していく事だと思いました。

持論を述べる気も、行政に噛みつくようなおろかなことはしません。

利用しやすい民間教育施設の数を増やしていきます。それだけです。

今より低価格で少人数制の教室を増やす。

そして、いつ来てもいい所。

ピッチを早めて事業拡大を進めていこうと思いました。

フリースクールに通っている保護者や、フリースクールに通っていた保護者からの相談が増えて、それは確信に変わりました。

選択肢がなかっただけ。

ならば選択肢を増やしていくしかない。

9月より、10月の相談件数の方が多い。

しかも今週に入ってさらに増えた。

それだけ困っている人がいる。

どこにもいき場所のない子ども達がそうやってトイロに相談に来る。

あとは場所の問題のみ。

やっていきましょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!フォローもお願いします!
「学校以外の教育の選択肢」としての吹田にあるフリースクールです。演劇教育やボードゲーム教育を中心に、不登校生徒や発達に波がある生徒の自立を実現させています。生活困窮家庭やヤングケアラー達の教育格差、体験格差の解消にむけても活動しています。https://toiro.or.jp/