平井 良明
ひとり起業の強化書を読んで 第2章
見出し画像

ひとり起業の強化書を読んで 第2章

平井 良明

第2章にいきましょう!

ひとり起業は「コンセプト」で選ばれて稼ぐ

あなたは何のために起業するのか?

起業当時は、インターネットを使って面白いことをしたいがメインだったと思います。しかし実家の鍼灸院のお手伝いをインターネットを使ってしたいと思っていました。

今は、このように思っています。

「地元で頑張る中小企業・零細企業を応援したい!」

いろいろな会に参加したり、セミナーを通じて私自身が感じて学んだのがここにまとまるのかなと思っています。

インターネットってめんどくさい。私はそんな新しいことはわからない。コンピューターは苦手やけん。 そんな人ほど効果が高いインターネット。なので少しでも近づくお手伝いができればと思っています。

「黄金のコンセプト」があれば、営業はいらない

新規性と共感性のバランスが大事だと書かれています。気をつけていますが、バランスを取るのは難しいですね。弊社の商品であるコムログの時代は、なかなか難しいものでした。たしかに作ったばかりのときは、福岡本社なのに、東京大阪から問い合わせがあり、説明に来てくれと言われました.。ただ、小さな会社だけに、のんびりと開発していたら、たくさんの競合が出てきていました。 すまっぽん!は、なんとなくいいバランスが保てているのではないかなと思っています。

新しさと、アプリじゃない何かが欲しかった。これを提供していると思っています。

あなたの商品やサービスを使った顧客はどんなふうに変化、成長するか?

セミナーでも話していますが、コツコツホームページを育てるしかインターネットを活用する方法がありません。そういう意味では、中小企業は広告にあてる予算は多くありません。したがって、中小企業にとっては、コツコツホームページ育ているのは向いていると思います。黄金のツールが有るわけではありません。あくまでもコツコツです。

もちろん、その前に 飽きたり、めんどくさくなったり、続かない人が多いのですが、それを乗り越え効果ができた時、お客様と一緒に喜べるのは嬉しいですね。

「何をするか」ではなく、「何をしないのか」がコンセプトになる

ほんとうにそうおもいます。私も、結構頼まれると断れないタイプです。コンピューターのことなら何でもできると思われています。例えば、動画をDVDに焼くとか、音楽をどうコピーするとか、調べればできるのですが、その時間を掛けてしまって本来の仕事が疎かになったりします。なので、苦手なことや、すぐ対応できないことはあえて断ります。もちろん「あの人わかっていない。詳しいと思っていたけど」なんて思われることもあると思いますが、ここで気安く受けて、後で余計迷惑かけるよりも本業をしっかりやりたいと思っています。

また、起業したては、たくさんの儲け話が飛び込んできます。もちろん相手は、始めたばかりで助けたい気持ちかもしれません。しかし、「あれも儲かりそう」「これも儲かりそう」と色々手を出して失敗した人も知っています。自分のやりたいこと、自分のやれることをしっかり見つけて対応しなければ、結局何も出来なかったになってしまいます。

中には本当に儲かる話もあるのですが、やはり私は興味ないらしい。というかやっぱり自分が本当にやりたいことが疎かになるのは、嫌なんでしょうねぇ~

「独自の肩書き」で唯一無二の存在になる

人の口コミに乗るためには、何屋さんかわかりやすくコンパクトでないといけない。

いろんな世間話をしているときに、「こんな事できる人いない?」って話題になったときに 、「あ~あの人!!」って思い出して貰える人になること。または、「〇〇専門の△△」って、他人の話題に乗るようじゃないといけない。そうなって初めて自分の知らない人から仕事が舞い込んでくるというものだ。

ちなみに私は、

  ホームページで差をつけるホームページビジョンシート作成アドバイザー
  Facebook ビジネス活用の第一歩! ソーシャルメディアの特性解説員


と名乗っているけど、浸透してないなぁ~w


どうも、周りからは、

  周りに勝手に人が集まってくる、人をつなぐのがうまい平井さん

と、インターネットとは、関係ない肩書がついてそうです。



「コンセプト」は納得いくまで定期的に見直そう


 一度”こう”と決めても、時代も変わり周りも変わる。仕事が進むにつれて付き合う人も変わり、集まる仲間も変わる。 ということは、自分のコンセプトが変わる可能性がある。頻繁に変えると自分が何者かわからなくなるが、定期的には、やはり見直したほうがいいだろう。

一章でも述べたように

インターネット関連>ホームページ制作>WEBアプリケーション>ブログ>ソーシャルメディア

と私も変えてきました。



ということで、第2章も終わり。


あくまでも私の意見なので、
みなさんも手にとって、
自身に置き換えて読みすすめることをおすすめします。

#一人起業 #ひとり起業 #起業 #独立 #強化書 #天田幸宏 #ドラッカー #起業物語 #差別化 #強み #何をしないか

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
平井 良明
株式会社イーハイブ:取締役 一般社団法人中小企業事業推進機構 代表理事 ゆるすこと研究所 :所長 著書 読み書きそろばんソーシャルメディア 、中小企業がパートナーとして選びたい福岡の30人  ブログ:http://cloud.comlog.jp/hirai/