平井 良明
ひとり起業の強化書を読んで 第1章
見出し画像

ひとり起業の強化書を読んで 第1章

平井 良明

ひとり起業は「強み」を活かしてしっかり稼ぐ

「強み」がなくても起業はできるが、不況になると弱くなる

 私が起業当時強みがあったかというと、微妙ですね。
 インターネットがこんなに流行るとも思っていなかったですが、最初はなにか面白そうって感じでした。たまたま全国初の情報工学部にいたし、コンピューターは扱っていました。パソコンが各家庭に入り始めたときでそういう意味では、パソコンが強みだったのかなと思います。

あなたの「強み」は顧客が決める

 上にも書いたように自分では強みと思っていませんでしたが、周りから見るとインターネットに繋げれる人、パソコンの操作に詳しい人ってことで、伝わっていったんだろうなぁと思います。

自分にしかできない市場に旗を立てると「独自化」になる

 当時は、パソコンの家庭教師・ホームページ作成など誰もしてないからこそ、新聞にも取り上げられたんだと思います。もちろん、学生が会社作ったっていうほうが珍しかったんですけどね。

技術やスキールを磨くと「差別化」になる

 で、どうやって、強みを作り、差別化をしていったかというと、「インターネットなんでも屋さん」から始まったイーハイブは、「ホームページ専門」になりました。まだホームページにデザイン性がない時代でしたがね。自分たちは、プログラムをメインに大学で習っていたので、「システム・データベースを使ったWEBアプリケーション屋さん」になりました。つまり車の部品の検索システムや、ホテルの管理システム、顧客管理システム、灯油配達システムなど。それでもどんどんWEBシステムやさんも増えてきたので、ブログに出会って(ブログも記事のデータベースです。)これからはこれだと考えました。政治家専門ブログや社内ブログ、CMSとしての「ブログ開発会社」に特化しました。

インターネット関連>ホームページ制作>WEBアプリケーション>ブログ

というふうに絞ってきました。

ブログと言えば、イーハイブと言われるようになりました。
もちろん、私の周り会社の周りではですが、実はこれが重要なんですよね。

今は、ここからすまっぽん!も伴って、ブログ型ホームページ&すまっぽん!が一番の差別化ですね。


☆重要☆「真の強みは、何気ない会話の中にも潜んでいる」


 本当にそう思います。コムログクラウドもすまっぽん!も何気ない会話から出てきました。 そんな会話が異業種間でできるのが、オープンイーハイブです!

 人とコミュニケーションを取ることで、アイデアがまとまり新しい気付きがある!




あくまでも私の意見なので、
みなさんも手にとって、
自身に置き換えて読みすすめることをおすすめします。

#一人起業 #ひとり起業 #起業 #独立 #強化書 #天田幸宏 #ドラッカー #起業物語  #差別化 #強み #

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
平井 良明
株式会社イーハイブ:取締役 一般社団法人中小企業事業推進機構 代表理事 ゆるすこと研究所 :所長 著書 読み書きそろばんソーシャルメディア 、中小企業がパートナーとして選びたい福岡の30人  ブログ:http://cloud.comlog.jp/hirai/