見出し画像

2020年5月6日のコマエダージ #24

東京都狛江市のコミュニティラジオ、こまえエフエム「コマラジ」水曜 夜9時のボサノヴァ番組「Bossa da Comaedade(ボッサ・ダ・コマエダージ)」。

今週もお聴きくださいましてありがとうございました\(^o^)/

今週は今井亮太郎が担当させていただきました♪


今回は、只今制作が佳境を迎えている僕の新アルバム『シネマ・ボッサ』の制作の様子のお話を中心に、たっぷりの生演奏、そしてリオからCelsinho Silvaのメッセージもあったり、なんて構成でお届けしました♪


まず1曲目は、ゴキゲンなボサノバナンバーを♪
ボサノバの全盛期の偉大なドラマー、ミルトン・バナナ(名前がすごいですよね・笑)のトリオの「Batendo a Porta(ドアを叩く)」。ミルトン・バナナ・トリオは軽快な演奏で、聴くと心弾むんですよね^_^
続いて、僕の5年前のアルバム『コバルト・ダンス』よりクールで情熱的な楽曲「Mais」をセレクト!


7.1に日本コロムビアよりリリース予定の新アルバム『シネマ・ボッサ』のお話もたっぷりさせていただきました!
今井亮太郎にとって『コバルト・ダンス』から5年ぶりの新譜となる今作、この大変な状況の中ですが本当にたくさんの…なんと総勢15名のアーティスト!に参加にしていただいて制作が進んでおります♪
この番組にゲストで来てくださった、Flute川満直哉さん、Flute満島貴子さん、ゴキゲンブラジル人ドラマーAlexさんも参加してくださっているし、『Bossa da Comaedade』の後の時間の番組『旅するアコーディオン』(第2, 第5水曜 22:00〜)の素晴らしいアコーディオン奏者・田ノ岡三郎さんも参加してくださいました!
そして!この番組のもう1人のパーソナリティ、素敵な歌姫のKarenさんももちろん参加してくださっています\(^o^)/
そして、ピアノのレコーディングは東戸塚にある素晴らしいプライベートホールSala Masakaで行ったのですが、ここのピアノはなんとチェコの名器ペトロフ!
日本ではホールではSala Masakaにしかないペトロフのグランドピアノ。本当に素敵な音色がするんですよ♪
ハモンドオルガンも、レスリースピーカーの回転の揺らぎまで、エンジニア成田浩一郎さんがバッチリ綺麗に収録してくださっています!
このような状況の中で僕たちが音楽でできることを、届けられることを、と参加アーティストのみなさま、スタッフ・関係者のみなさまが本当に熱く強い想いを音に込めてくださっていて、素晴らしい作品になってしまいます!
音源が公開になり次第、この番組でもお届けしていきますね♪

そうそう!
番組の冒頭ジングルが新しくなりました!!
この『シネマ・ボッサ』の制作過程で、ジングルも録り直したのです(^^)
ピアノの音色は、そのペトロフ!
Karenさんのギターも番組コールもとってもいい感じに録れて、僕個人的にとてもご満悦なのです(●´艸`)
いかがでしたか??

ちなみに『シネマ・ボッサ』には、この番組のテーマ曲「海辺のカフェの水曜日」も収録されます\(^o^)/

↓ペトロフでのレコーディングの様子♪

画像1


生演奏では、ラジオde LIVEってな感じで3曲どどーんと!
「Olha pro Céu(空を見上げて)」
「Lamento no Morro(ファヴェーラの嘆き)」
「男と女」
を。
お家でのラジオから、LIVEを楽しんでいただけたらな〜なんて想いで、楽しく奏でさせていただきました♪



国内でのレコーディングは全て終了した『シネマ・ボッサ』のラストピースは、リオデジャネイロの偉大な打楽器奏者Celsinho Silva(セウシーニョ・シウヴァ)。
ブラジルで僕が最もお世話になっているCelsinhoとは、もう10年くらい前の作品から実はテレワーク?リモート?レコーディングしています(笑)
日本と、地球の裏側のブラジルと。今回もCelsinhoにもレコーディングをお願いしていて、今まさにリオでレコーディングをしてくださっています(o^^o)
楽しみ!

そんなCelsinhoは昨年自身のアルバム『nas ondas da noite』をリリースされたのですが、コマエダージでも何度か紹介しているこのアルバムから今回もお届けしようと思っていたら、Celsinhoからのあたたかいメッセージが!
Celsinhoのそのままの声もお届けしました(^^)
こういうのも嬉しいですね♪
地球の反対側とも繋がっているんだな、って。

ブラジルの最高峰のアーティストたちが参加している素晴らしいアルバム『nas ondas da noite』の中から、タイトル曲の「Nas Ondas da Noite(夜の波)」を。
さすが!のカッコいい演奏ですよね〜!!

画像2



この日は、いつもこの番組を聴いてくださっているリスナーの方から、とても大切なメッセージをいただきました。
最近お父様を亡くされた方からの、あたたかいメッセージ。
音楽がお好きだったお父様のために弾いてくださったら幸いです、と結ばれていました。
僕の楽曲「透明な砂」を選び、奏でさせていただきました。
“深い悲しみは消えることはないけれど、外に出てみると風は優しくて、今はもういない人もずっと背中を押してくれる気がする。”
というイメージで作った楽曲です。
人生にはいろいろなことがあり、今ももちろんとても大変な状況の中ですが、そんな中で僕たちが音楽でできること、ラジオでできること、あらためてその偉大さに気づかされ、本当に大切な時間をみなさまと共有していること、とても嬉しく光栄に思います。
これからもますます、その時間を大切にお贈りしていこうと思います♪

画像3


今回も本当にたくさんのメッセージ、ありがとうございました!!
たくさんの応援、いつも本当に大きな励みになっています♪
感謝!!!


とても楽しく、そして大切な回だったな〜なんて思う、24回目のコマエダージでした(^ ^)

大変な時期がまだまだ続きそうですが、みんなでがんばって乗り切りましょう!!


今回の再放送は、
5/9(土) 17:00〜
となります♪

再放送でお聴きのみなさま、
今回お聴き逃した方、
もう一度お聴きになりたい方、
ぜひ♪

そして、
次回のボッサ・ダ・コマエダージは、5/13(水)です♪
Karenさんの担当でお届けします\(^o^)/

なお、現在の状況の中で、コマラジもパーソナリティとスタッフの安全をできるだけ守った中での放送となり、しばらくの間、生放送でお届けできず収録放送になったり、時には過去の回の再放送などをお贈りしたりすることがあるかもしれません。
ご理解いただけましたら幸いですm(__)m
 

それでは、来週もぜひぜひお楽しみに!

Muito obrigado!!!
Tchau Tchau!!

画像4

#1. Batendo a Porta - ドアを叩く - / ミルトン・バナナ・トリオ『Samba da Bossa』より
#2. Mais - マイス - / 今井亮太郎『コバルト・ダンス』より
#3. 【生演奏】Olha Pro Céu - 空を見上げて -  / Written by Antônio Carlos Jobim
#4. 【生演奏】 Lamento no Morro -フェヴェーラの嘆き - / Words by Vinícius de Moraes / Composed by Antônio Carlos Jobim
#5 【生演奏】 男と女 / Words by Pierre Barouh / Composed by Francis Lai
#6. Nas Ondas da Noite - 夜の波 - / Celsinho Silva『nas ondas da noite』より
#7. 【生演奏】透明な砂 - Areia Transparente - / Written by Ryotaro Imai

エンディング曲:雨上がりの午後 - Tarde após a Chuva - / 今井亮太郎『コバルト・ダンス』より
その他の情報はこちらで・・・

♪Bossa da Comaedade パーソナリティ
Karen :https://karen.bossa.info
今井亮太郎:http://ryotaroimai.com

Bossa da comaedadeでは皆様からのメッセージをお待ちしております♪ 

ツイッターで #コマエダージ をつけてつぶやいてくださいませ!
番組直通メールアドレスは、comaedade☆bossa.info
です(☆を@に変えて送って下さいね)(^^)ノ"

コマラジはパソコンやスマートフォンアプリでもお聞きいただけます。
コマラジのホームページからご確認ください♪



また聴いてくださいね!
3
狛江市のコミュニティFM、コマラジ(85.7Mhz)水曜日 21時からボサノヴァを中心とした、海風を感じる音楽やトークをお届けする番組「Bossa da Comaedade(ボッサ・ダ・コマエダージ)」の公式ページです。パーソナリティ:Karen Tokita、今井亮太郎
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。