アプリストア活用マガジン

24
購入される「商品紹介」とは
+15

購入される「商品紹介」とは

商品を魅力的に伝えるためには、どんな情報を載せればよいでしょうか。 私の望んでいるものに (あるいはプレゼントに)ぴったりだと思える 使いやすそう、使うイメージができる お客さまが商品情報を見た際に上記のように感じてもらうことが大切です。自分に合うかどうか、自分に使えるかどうかを判断するためには下記の情報が必要になってきます。 ・商品を購入したとき、お客さまに起きるメリット・効果(課題解決など) ・商品を選び検討する際に必要なスペック(サイズや機能など) ・商品の詳細・

スキ
10
リピートされる「購入体験」とは

リピートされる「購入体験」とは

ネットショップで買い物をしたとき、また購入したくなるショップはどんなショップでしょうか。 購入プロセスが簡単だった 自分がよく使う決済がそろっていた 商品が選びやすかった 送料が無料だった 望んだタイミングでちゃんと配送された パッケージが良かった 商品状態が良かった 購入後の利用方法などフォローが良かった 上記のように購入者にとっては「問題なくスムーズに購入が行われるか」「配送された商品の状態が良いか」という点が非常に重要です。 まずはストレスのない購入体験ができること

スキ
13
売れてるショップの常識 「関連商品」

売れてるショップの常識 「関連商品」

ネットショップを見ていてこのような表示を見たことはありませんか? あなたにおすすめの商品 この商品を見た人は、こんな商品も見ています この商品を買った人は、こんな商品も買っています 関連商品 この商品とともに買われている商品 アップセルに非常に有効なこれらの表示は、売れているショップやモールで必ずといっていいほど見かけます。もしまだ導入されていない方は、まずはお試しで効果を検証されてみてはいかがでしょうか。 レコメンドエンジンでおすすめ・関連商品を表示 レコメンドエンジ

スキ
8
離脱を防いで購入につなげる機能
+23

離脱を防いで購入につなげる機能

「せっかくお客さまが来てくれているのに、購入まで行かずに離脱してしまう..」「アクセスはある程度あるものの、購入されない」そんな時は離脱防止施策を打ちましょう。 カラーミーショップでは離脱を減少させるための機能がたくさんそろっています!購入率が低い、離脱率が高いとお悩みの方は是非活用してみてくださいね。 カートで離脱を防ぐ購入時よく離脱してしまうのが、フォーム入力画面です。ここで対応決済の訴求や入力補助機能などを使って離脱を下げましょう! EFO CUBE for カラー

スキ
6
「あとで購入」につながる、お気に入り

「あとで購入」につながる、お気に入り

ネットショップで良いなと思う商品を見つけてから、そのまま購入まで行く人は何割いるでしょうか。良いと思った商品をカートに入れたとしても、7割以上は購入せずに離脱してしまいます。 離脱するユーザーはどのような気持ちでいるのでしょうか。 ・他の商品も見てみて、比べてから購入を決めたい ・今忙しいのであとで購入したい ・あとで家族や他の人と相談してから購入を決めたい ・しばらく時間をおいてみて本当に欲しいかどうか様子を見たい 上記のような気持ちから、すぐには購入せず離脱してしまう

スキ
7
クーポンを活用しよう
+12

クーポンを活用しよう

ネットショップの購入率アップ施策として欠かせない「クーポン」。 カラーミーショップでは割引金額やパーセント割引が設定できるショップクーポン機能があります。(レギュラープラン以上でご利用いただけます)初回購入の後押しや、再訪のきっかけなどネットショップになくてはならない訴求施策です。 今回はクーポンを有効に活用できる「便利な表示機能」をまとめました! ショップに合わせて必要な機能をご利用ください。 全ての人に表示させるウェルカムクーポン ウェルカムクーポン カラーミーショ

スキ
9
WEB接客をはじめよう

WEB接客をはじめよう

お店に来店すると、店員さんがおすすめの商品を教えてくれたり、セール情報のPOPが置いてあったりしますよね。 WEB接客とは、それらをネットショップ上で行うことです。 Amazonや楽天でも「この商品を見ている人はこんな商品も購入しています」といった表示を見たことがありませんか?それもWEB接客の一つです。非常に購入率アップに貢献するとあって、売れているネットショップではほとんど導入されている機能といえます。 まずは接客機能にはどのようなものがあるかをみて、お試しで効果を検証し

スキ
8
顧客育成をはじめよう
+13

顧客育成をはじめよう

ネットショップ界隈でよく耳にするCRMやMA。 CRM(Customer Relationship Management)とは顧客関係管理、MA(Marketing Automation)とは自動コミュニケーションシステムを指します。これらは、顧客育成に役立つツールです。現在さまざまなショップがこれらのツールを通じて、顧客を育成させています。 購入経験のあるお客さまはある程度いるものの、売り上げが伸び悩んでしまっている方、客単価を上げていきたい方におすすめの施策です。 顧客

スキ
7