見出し画像

「動物の曲」鑑賞の音楽授業教材ネタ【全ての校種対応!】

「鑑賞の授業って曲を聴かせる以外、どんなことをやればいいの?」

って思っている音楽の先生、多いと思います。


音楽という「目に見えないもの」を扱っているし、

「美しさを感じる」といってもそもそも感じ方は人それぞれ。


なんとなく全曲聴かせて、「はい、鑑賞シート書いて。」となりがち。(私も教員初心者の頃はそんな感じでやってしまっていました)


そして感想も「曲のよさを文章にしてあらわしてみよう!」というざっくりとした枠で、当然書き込まれるコメントもさまざま。

さまざまな視点から曲を鑑賞してコメントすることは悪くないし、そういう答えを引き出すような欄や質問は1つは設定した方がよいと思いますが、

ただ、それだけだと、

「この玉虫色のコメントをどうやって評価すればいいんじゃい!」

と、学期末の評価の作業が修羅場になります(経験済)。


鑑賞の授業の評価って結構困るんですよね。


この「ボヤっとした鑑賞の授業」から私自身がなんとか脱却して、

しっかりした観点のある鑑賞の授業を目指したのが今回の「動物の曲鑑賞」のはじまりで、

最初に単元を作成したのが、働き始めて3年目。

以来10年以上何度もこの単元を行ってきた中でブラッシュアップを続けてきた単元です。

今回、noteで他の先生にも公開するということでさらに中身を練り上げて、スライドや指導案も作り込んでいます。

今や私の鑑賞の授業の十八番と呼べるような単元になっている教材です!


このnote「動物の曲鑑賞」の内容

「動物の名前がタイトルになった曲」の鑑賞の授業として、

以下の13曲を取り扱う単元授業の教材です。

1:「ライオンの行進」/サン=サーンス
2:「卵の殻をかぶったひな鳥のバレエ」/ムソルグスキー
3:「象」/サン=サーンス
4:「白鳥」/サン=サーンス
5:「ウタツグミ」(鳥の小スケッチ)/メシアン
6:「森の奥のカッコウ」/サン=サーンス
7:「蝶々(ちょうちょう)」/グリーグ
8:「ハエの日記から」
/バルトーク
9:「クマンバチは飛ぶ」/リムスキー=コルサコフ
10:「ギャロップ」
/カバレフスキー
11:「カンガルー」
/サン=サーンス
12 :「水族館」/サン=サーンス
13 :「ワルツィング・キャット」/アンダーソン



「動物の曲」を鑑賞で取り扱うメリット

「動物の曲」を鑑賞で取り扱うメリットは以下の通りです。

①身近な「動物」がテーマになっているので、聴く音楽が表現しようとする対象がイメージしやすい

②「どのように動物を表現しようとしているか」が曲によって様々。色々な表現方法や音楽の要素(音高・強弱・音階・調・リズム・音色など)についてそれぞれの曲で飽きずに学習できる

③曲も豊富なので(このnoteでは13曲)、バリエーションがあり、生徒の実態に応じて自由に曲を選んで授業を展開できる


①身近な「動物」がテーマ・観点になっていて、聴く音楽が表現しようとする対象がイメージしやすい

音楽を鑑賞する場合、観点やテーマを設定しないと、

生徒が鑑賞するポイントが「気にいるか気に入らないか」「どこらへんがかっこいいか」みたいなことだけになってしまいます。

動物の曲の鑑賞の場合は

曲が表現しようとする対象=「動物」

とはっきりしているので、

「今日は動物の曲がタイトルになっている曲を鑑賞するよ」

と言っただけで

「どんな動物を音で表現しているんだろう?」と生徒が考えて聴きますから簡単です。

スクリーンショット 2021-01-31 8.59.06

↑(note掲載のスライド資料から)


その上で、「どんな音が鳴っていて、どんなところがこの動物っぽかったの?」と問いを出していけば、鑑賞のスタンスもはっきりしますし、

生徒が「どんな音が動物の表現になっているのか」という観点で音楽を聴けているか、ということを評価すれば良いので、教員側の評価の軸もクリアになります。

また「ライオン」「猫」「馬」などの動物は小学生でもみんなが知っているものなので、

「ドナウ川」とかわかりにくい固有名詞を出されるよりも表現対象のイメージがしやすいところもとても良いです。

教える方のハードルも下がりますね。


スクリーンショット 2021-01-31 9.00.46

↑note掲載のスライド資料から。イラストも準備しているので、小学校低学年や特別支援学校の授業などの場合はイラストから選んで答えることもできます。


②「どのように動物を表現しようとしているか」が曲によって様々。色々な表現方法や音楽の要素(音高・強弱・音階・調・リズム・音色など)についてそれぞれの曲で飽きずに学習できる

この13曲の動物の曲を学ぶことを通して、いろいろな音楽の要素の勉強ができます。

「ライオンの行進」「卵の殻をかぶったひな鳥のバレエ」→音の高低や大小

「象」「白鳥」→音色(コントラバスとチェロ)

「ギャロップ」
「カンガルー」→リズム

「ワルツィング・キャット」→音楽の形式

↑このnoteに詰め込んだ学習の一例です。

様々な曲を「今日はどんな動物かなー」と楽しみながら聴くうちに、

こんないろいろな音楽の学習もできてしまうところが私もとても気に入っています。

ここで学習した音楽の要素について理解ができたかを評価の軸やテスト問題にすれば、さらに評価もしやすいですね。

スライドやnoteの解説で1曲ずつの解説と指導のもっていきかたを詳述していますので参考にしながら授業をすすめてください。

スクリーンショット 2021-01-31 9.10.41

↑note掲載のスライド資料より。1曲ずつの解説があります。


また飽きない授業の工夫として、授業が聴くだけ・説明されるだけにならないよう、アクティブな活動も取り入れるアイデアもnote本文で提案しています。

例えば、

「カッコウ」のクラリネットの音を演奏してみる

「ワルツィングキャット」でワルツのステップをやってみる

など。こちらも参考にしてみてください。


③曲も豊富なので(このnoteでは13曲)、バリエーションがあり、生徒の実態に応じて自由に曲を選んで授業を展開できる

もちろん全曲を授業で扱う必要はありません。

目の前にしている生徒にピッタリな曲をピックアップしてやればいいのです。

この2曲はセットにした方が比較できて面白い、などのオススメの組み合わせもnote本文で解説しているのでそちらも参考にして、自分流にカスタマイズしてお使いくださいね。


小学校や特別支援学校では「ライオンの行進」「象」「白鳥」などの聴きやすい曲をチョイスして、曲に合わせて動いてみるなどの感覚的な学習へ持っていくことも可能ですし、

中学校や高校では「ハエの日記から」「鳥の小スケッチ」などのような近現代音楽に触れさせたり、音の要素を聴き取らせてワークシートに記入させたり、「この動物を選んだ理由」などを話し合いで議論させたり、実際に演奏させたりするなどの発展的な展開も可能です。


教材の中身について

このnoteに収録しているものは、

「動物の名前がタイトルになっている曲」の鑑賞の授業(最低4時間)の

●指導略案(題材観もついてます)
●ワークシート(記入例付き)
●解説note(この記事の本文です。授業のポイントを譜例・動画付きで解説)10,000字以上
●イラスト付き授業のパワーポイント・キーノートデータ(小学校・特別支援学校用)
●「動物の曲」13曲のYouTubeプレイリストURL(参考動画もあり)(限定公開)

です。


指導案・ワークシートはワードファイルなので自由に編集が可能です。

キーノート・パワーポイントのデータにはYouTubeで音源のリンクが貼ってあるので、

インターネットに接続できる状況なら音源を用意しなくても授業ができます。

(キーノートやパワーポイントのスライドからYouTube動画を再生することはうまくいかないことも多いので、購入された方には別にYouTube単体で使える授業のためのプレイリストも用意しています)

(スライド上で動画が再生できなくても返金等はできませんのでご了解ください)


note解説にはこの授業のために私が集めた楽譜の譜例も豊富に載せています。ここに載っている楽譜を市販のもので全部揃えようとすると30,000円以上はするので、

このnoteは有料ですが、楽譜の資料だけでも元は取れると思います。


YouTubeのプレイリストには、本記事作成者のコギトによる

曲の解説「オリジナル動画」もあります。

学習の理解が早まるように&活動的になるように工夫していますので、是非みてみてください。


こんな使い方ができる

この授業は、

・ガッツリ鑑賞の授業としてもOK

・授業の始めの「鑑賞コーナー」として1曲ずつ解説してもOK

・レク的に「動物の曲クイズ!」としてもOK

という風に授業としての取り回しが抜群でとても便利な題材です。

先生の欠員などでいきなり「○組の授業なんでもいいから代わりにやって!」とか言われた場合にも大活躍です。


これから新任として採用されるような方も、授業のストックが学期の途中で尽きると日々忙しい中困ってしまいますのでこの機会に手に入れておくと良いかもしれませんね。


また指導案には題材観も載せてあるので、研究授業に困っている音楽の先生にも参考になるかと思います。


これを手に入れた音楽の先生がなるべく最低限の準備で「自分の授業としてアレンジして使える」ように構成しましたので是非利用してみてください!


2月7日までは1,480円→980円

この教材、先ほども言った通り、掲載されている譜例を一通り揃えようとしただけでも30,000円以上する、こんな素材が詰め込まれたnoteです。

教材自体もかなり魂と時間を投入して作成しているので、本当は1,480円で販売しようと決めたのですが、今だけ980円にしちゃっています。

↓最近公開したリズムフラッシュカードの教材の購入と同時に買ってくださる方もいらっしゃるので、

本当は1月末で値上げに踏み切ろうとしていましたが、2月7日まで980円としました。


自分的には破格なので、2月8日からはきっちり1,480円に値上げをします。(値上げした1,480円でもかなり安めだと思うのですが…)


自分自信も今後も取り組むであろう単元教材なので、自分が使いにくいと思ったところや新たなアイデアは今後アップデートしていきます。購入された方はもちろんこのページからアップデートされたデータを取得することができますので、教材が古くなってしまうこともありません。


興味のある方は是非どうぞ!


この続きをみるには

この続き: 16,570文字 / 画像47枚

「動物の曲」鑑賞の音楽授業教材ネタ【全ての校種対応!】

コギト

1,480円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!ツイッターやブログでも情報発信しております!
5