Coffee Reverb 初めてのお買い物ガイド
見出し画像

Coffee Reverb 初めてのお買い物ガイド

こんにちは。店舗のない珈琲屋Coffee Reverb代表のコーヒー・ボーイです。
雨が降ったり急に暑くなったり、過酷な日が続きますね。美味しいコーヒー飲めてますか?

今日は当店でのコーヒー豆・粉のご購入の流れについて説明いたします。

価格設定について

多くの商品は100g/800円、200g/1550円で販売しております。1杯につき15g使う場合は、約115円/杯という計算です。意外と安いですね!
コンビニのコーヒーよりわずかに高い程度ですが、豆を挽いてるときの香りは格別ですし、ドリップの時間も楽しめるので、むしろお釣りが来るくらいですね。


送料・発送について

そして送料は何g買っても全国どこでも200円です!さらに5000円以上お買い上げで、送料は当店が負担いたします。
発送はクリックポストを用います。注文から原則2日以内に発送し、そこから1-2日でポストへのお届けとなります。

商品の選び方

常時3-4種類の銘柄を用意しております。選ぶのに自信がないという方に向けて「気まぐれチョイス」というメニューを作りました。これをカートに入れていただき、備考欄に何かしら書いていただくと、店主がイイ感じのものを見繕います。お店の人と相談しながら豆を決めるような感覚ですね。

挽き売りについて

豆のままでの発送を推奨しておりますが、粉に挽くことも出来ます。ただ、挽くとどうしても美味しさは半減してしまいます。当店のものに関わらず、コーヒー豆とはそういうものです。

美味しい大根を買おうとするとき「大根おろしにしてください」とは注文しないですよね。大根おろしの場合はちょっと時間が経つとみるみるうちに変色し、いかにもな見た目になってしまいます。コーヒー豆の場合は見た目の変化こそほとんどありませんが、起こっていることは全く一緒で、挽いた瞬間から劣化が始まってしまいます。

豆のままでお買い求めいただくと、エージングも楽しめます。焙煎して数日経ってやっと出てくる味わいもありますし、日々少しずつ味の変化を感じるのも贅沢な楽しみです。何よりドリップの際に粉がふっくら膨らむのは、挽きたてだけに許された特権です。

今は100均でも十分な実力のミルが買える時代です。オススメはキャンドゥの500円のミルです。挽き目の調整に迷うかもしれませんが「挽き目サンプルがほしい」とお伝えいただけたら、いつだって送ります。どうぞご活用ください。

家でコーヒー豆を挽くのは、家庭で大根おろすのと同じように手軽なものです。電動ミルだと更に楽ちんです。ミルさえ買ってしまえば、きっとそう実感していただけるものと信じています。

SNS・Webshopやってます!

Twitter: https://twitter.com/Coffee_Reverb
Instagram: https://www.instagram.com/coffee_reverb_boy/
Webshop: https://coffee-reverb.shop/

読んでいただきありがとうございました!

Coffee Reverb
店主 スミタコウキ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
東京から四国の山奥へIターンし、築109年の古民家で一人暮らし。コーヒー豆の焙煎・販売、オンラインワークショップなどを生業としています。 ここでは移住関連のこと、コーヒーのこと、色々書きたいと思っています。