おぬき じゅんこ/心理セラピスト

心理セラピスト。こころを紐解き、自分にやさしいコミュニケーションを創るサポートをしています。 写真とワンコが好きな「おば(あ)さん」です。 セッションメニューなどはこちら → http:// junko-onuki.com

おぬき じゅんこ/心理セラピスト

心理セラピスト。こころを紐解き、自分にやさしいコミュニケーションを創るサポートをしています。 写真とワンコが好きな「おば(あ)さん」です。 セッションメニューなどはこちら → http:// junko-onuki.com

    マガジン

    • テレビドラマで心理学

      テレビドラマは「心のしくみ」を学ぶのにぴったりのコンテンツ。 登場人物がなぜそんな「ドラマ」を作り出すのか、「心のしくみ」という視点から心理セラピストが自由に紐解いていきます。心理学に全く興味ない方もどうぞ。

    • 「自分らしく」生きるためのヒント集

      「自分らしく生きたい」ー おそらく人類全員が罹ったことのある「こころのびょうき」。一時的に症状がおさまっても、再発することもあります。年齢性別問わずどうぞ。2019年6月より不定期更新。(『どうして「自分らしく」生きられないの』を改題しました)

    • 相談事をうけるあなたへ - 非アドバイスのすすめ

      パートナー、家族、友だち、職場の人....相談事や悩みをうちあけられて困ったことはありませんか?ちょっとしたココロのヒントです。(過去記事のまとめです。気が向いたら追加します♪)

    • 眠れぬ夜。こころを落ち着けるために今すぐ自分でできること

      眠れぬ夜、どうしたらいいか困ることがありますね。簡単なエクササイズや不眠についてのnoteです。

    • ココロの視点から解くニュース解説

      世の中の話題やニュース、ココロのしくみ、という観点から解き明かします (Photo by Amador Loureiro on Unsplash)

    最近の記事

    固定された記事

    コンプレックスという誤解を解く【リレー形式エッセイ】 by 小貫淳子

    「あぁ、愛しのコンプレックス様」というリレーエッセイのバトンをちぃ坊さんからいただきました。 リレー形式でみなさんがご自分のコンプレックスについて語る企画です。 なんといういいお題!! 私は心理セラピストという職業柄、様々な方の「コンプレックス」を伺います。悩みの度合いは様々ですが、お話を伺う時一貫して持ち続けている視点があります。 それは 全てのコンプレックスは、自分に対する(単なる)大きな誤解にすぎない。 ということ💖。 「誤解だから気にするな〜」と言っている

    スキ
    138
      • 歳を重ねてみえてきた「木綿のハンカチーフ」の" 僕 "の気持ち

        「木綿のハンカチーフ」。言わずと知れた70年代の名曲。 作詞:松本隆、作曲:筒美京平。 遠距離恋愛を男性と女性の会話という形でつないだ歌だ。 この歌の「僕」をめぐり、最近ちょっとした発見があった。 ■なんてひどい男だ!筒美京平のポップなメロディに太田裕美の透明感ある声。 爽やかに響くが歌詞はあまりにもせつない。 いきものがかり、草野マサムネ、宮本浩次などこれまでも多くのミュージシャンにカバーされてきた。最近では橋本愛がカバーしている。 流行った当時、まだコドモだったけれ

        スキ
        29
        • 死の受容 - 今週のおかえりモネから -

          ああ、りょーちん...心の糸が切れかかっている….。 気がかりがついに現実に(いや、ドラマの中での話ですが!) ■ 全部やめていいかな金曜日(8/27)の「おかえりモネ」。 主人公モネの親友、亮が築地に用があるから、と船にのって東京へ遊びに来る。 ところが深夜の母親から気仙沼に戻る船に乗っていないと電話が。 その後、モネからの電話に出たりょーちん。ひとこと 俺、ぜんぶやめていいかな。 俺、モネにしか言える相手いない といってまた電話をきる。 その数日前。 震災で行方

          スキ
          10
          • 昔のカメラ女子

            記憶は、「自分」の一部だ。多分、多くの人にとって。 某日のこと。十数年ぶりの片付けをはじめた。 年齢にあわせたスピードで片付けているので、進み方はのんびり。 押し入れの奥から、昔撮った写真のネガやスライドがでてきた。 もう30年以上も昔のもの。 というわけで、昔のカメラ女子の「遺産」をご紹介。 右側の青っぽいネガはモノクロフィルム。左と真ん中のアンバー色のネガはカラーフィルム。 この左のネガに数字が書いてあるのは焼き増しの指定。当時「書いて消せるペン」がなかったので、

            スキ
            31

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • テレビドラマで心理学
            おぬき じゅんこ/心理セラピスト
          • 「自分らしく」生きるためのヒント集
            おぬき じゅんこ/心理セラピスト
          • 相談事をうけるあなたへ - 非アドバイスのすすめ
            おぬき じゅんこ/心理セラピスト
          • 眠れぬ夜。こころを落ち着けるために今すぐ自分でできること
            おぬき じゅんこ/心理セラピスト
          • ココロの視点から解くニュース解説
            おぬき じゅんこ/心理セラピスト

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            「いいわけ」という小さなウソを終わりにしたいのなら

            その昔、有名芸能人が結婚すると記者会見がテレビに流れていたりした時代があった。 そのたびに私は「◯◯さん(相手の人)のどんなところが魅力ですか?」「結婚の決め手は何ですか?」といったレポーターのお決まり質問に、芸能人の方々がそれらしい理由を語っていたのに感心していた。私だったら「うーん...なんとなく」としか答えられない。 ま、もしかしたら想定質問に準備してたのかもしれないけど(^^;)。 とっさの質問に理由がスラスラ答えられなず「なんとなく」としか答えられないことって、

            スキ
            13

            「なんとなく」でいいじゃないー本当の気持ちは深いところにあるのだから。

            某日のこと。あるサブスクリプションサービスを解約した。サイトの流れに沿って手続きを終えると「解約理由を教えてください」というアンケートページが現れた。いくつか選択肢が並び、最後に自由記述欄がある。 うーむ。理由は…実はわからない。選択肢のなかにもない。 だけど自由記述欄に文章として書ける理由もない。 ただ、なんとなく、もう違うのだ。 解約したきっかけは「決済できませんでした」という案内が届いたことだった。一瞬「フィッシングメール?」と思ったが、サイトにログインして確認し

            スキ
            26

            オリンピックイヤーに生まれる君たちへ

            東京オリンピックの開会式は素晴らしかった。 日本の伝統、ポップカルチャーというホスト国の個性を表現するだけでなく、新型コロナウィルスの感染拡大と向き合ってきた世界中のアスリートの孤独、苦悩、決意も十分表現されていたと思う。今年だからこそできた表現だと思う。 57年ぶりの東京でのオリンピック。 私はその57年前の東京オリンピックの年に東京で生まれ、東京で育った。 両親を含めオリンピックを迎えた東京の様子を目の当たりにした大人たちのなかで育ったせいだろう。オリンピックをめぐる

            スキ
            21

            あさがお日記

            中止となった朝顔市。 通販で買った鉢が先日届きました。 届いた翌日に咲いたのが、こんな2輪。 芸術的な縮れっぷり! (葉っぱやツルにぶつかってこんなことになったらしい) リボンのような、蝶々のような。 どうやったらこんな形になるのやら。 気づかないうちに 「朝顔」という先入観で見ているんだなあ…とふと思う。 「朝顔」ということを、一旦わきにおいて この姿形、ありのままを、そのままにうけとると 奇跡としかいいようのない姿形🌟。 そのあとで、見せた朝顔らしい姿の1

            スキ
            8

            気がかりな「りょーちん」 ー 心のしくみから先週の「おかえりモネ」(それでも海は)を解く

            先週の「おかえりモネ」で浅野忠信演じる新次の飲酒のエピソードを通じてトラウマと依存症について触れましたが、もう一人メンタルヘルス的に気がかりなのは新次の息子「りょーちん」こと亮(永瀬廉)。 気がかりなのは、亮がとっても「いいこ」だからです。 というわけでこの話引きずります〜。 前回はこちら 気がかり1:依存症の父のケアという重荷酩酊状態になった父に、母の十八番だった「かもめはかもめ」を歌って自分の大漁を一緒に祝おう、と叫ぶ亮。 ドラマには描かれていない彼の高校時代を想

            スキ
            16

            「依存症への理解」ー #テレビドラマ感想文で スキ ありがとう

            「スキ」をしていただいた皆様ありがとうございます〜❤️ 「おかえりモネ」、感動の第39話のメンタルヘルスという視点から書いた感想です〜。 https://note.com/cocorotoku/n/n385a1dbc4c5c 実はまだ書き足りないことあるから、また続き書こうかな。んふふ。

            スキ
            9

            依存症への理解 - 今朝の「おかえりモネ」から。

             今朝(7月8日)の「おかえりモネ」。 震災の喪失感、を描いた素晴らしい回でした。 そんなわけで、久々にnoteを書いています。 特に私が心を動かされたのは 「アルコール依存症」という状態に対して とても深い理解から描かれていたということ。 見たことのない方のために、補足しておくと 「おかえりモネ」の舞台は気仙沼。 今日は震災から5年ほど経ったある日のお話し。 震災で妻と船を失いその苦しさから アルコール依存症になった元漁師の新次(浅野忠信)。 断酒を試みるも、再び酒に

            スキ
            23

            梅じゃないよ、桜だよ

            同じものを見ても、感じ方は人それぞれだ。 早咲きの河津桜。 何本か並んでいる中で、 この一本だけが咲いていた。 通りがかりの女子高校生が 「すっげー、この木だけ咲いてるじゃん」 「梅かなあ。桜かなあ」 と花を見上げながら 木の下を元気よく歩いて行こうとしていった。 道の反対側に立ち止まって 同じようにこの桜を二人並んで眺めていた老夫婦。 ご主人のほうが苦笑いしながら、 「桜だよ」と声をかけた。 女子高校生たち 「えー、まじー?!」 「すっげー」   そのまま 足を止め

            スキ
            15

            フォトギャラリー、50回!使ってくれてありがとう💖

            スキ
            14

            みつめる と おちつく

            心を落ち着けるときに よくいわれる「いま、ここ」。    くるしいときは 目の前にある 何か一つのものを見つめてみよう。 ジーっと見つめなくていい。 「ガン見」じゃなくていい。 まぶた、目の下、眉間、目尻といった 目の周りの筋肉ををちょっとゆるめるような感じで ぼんやりと視線を注いであげればいい。   そうすると 物凄い勢いで 「ことばにできないようなもの」が 心の中に渦巻いていたことに気づく。 ひとによっては たくさんの言葉が渦巻いていたことに 気づくこともあるだろう

            スキ
            23

            思いを眺める、思いを手放す。

            窓辺の豆苗。 すくすくとお日様の方向に伸びていく。 誰に教えられたわけでもないのに。 「自然ってすごい」 「そんなの当たり前」 ...などとよぎる思いを また脇においてただ見つめる。 思いが湧き上がってくるわずかな瞬間、 思いのほうに気を取られて 目の前にある豆苗を見失っている。 目の前にあるもの、 今ここにおきていることに すぐ意味を見出そうとする。 すぐ価値を見出そうとする。 すぐ先のことへの予想が走る。 すぐ過去の似たことをあてはめる。 あまりにも慣れっこにな

            スキ
            19

            「自分」という奇跡

            同じように種をまいて 同じように水をやって 同じように お日様に当てる。 それでも 種の種類が違えば 育つスピードも 葉っぱの形も 花の色や形やその時期や つける実の大きさや味も 全て違う。 ただ、そうなることに なっている。 そんなふうに育って そんなふうに花を咲かせて そんなふうに実をつけて そんなふうに枯れるように なっている。 そんなふうにできている。 自分自身もおなじこと。 誰が、どう作ったわけでもなく 誰かが、何かを意図したわけでもなく こういう「あな

            スキ
            12