中央大学学友会サッカー部[公式]

中央大学学友会サッカー部公式アカウント 部員の内面を発信していきます。

中央大学学友会サッカー部[公式]

中央大学学友会サッカー部公式アカウント 部員の内面を発信していきます。

    マガジン

    最近の記事

    這い上がろうぜ、俺!

    皆さん、こんにちは! 2年文学部の中嶋基至です。 中大サッカー部にいる目的は? これが今回のブログのテーマらしいので、いつもよりちょっとだけまじめに書いてみようと思います。 ここにきた目的は、どこまで這い上がれるか、もう一度挑戦したかったから。 これに尽きると思います。 ヴェルディユースでの2年目の春、日本代表候補に招集するという紙を初めてもらいました。 しかし、怪我が見つかっていけななっただけでなく、その後怪我が続いて結局は一年くらいサッカーがまともにできませんでし

    スキ
    11
      • 心残り

        二年 清水桜が丘高校出身 宇山翔太 今回ブログを担当させていただきます、経済学部経済情報システム学科二年宇山翔太です。今回のテーマが「中大サッカーにいる目的」ということで自分の経験と共に書いていきたい。  まず私が中大サッカー部にいる目的は、一選手として活躍することだ。その経緯について書いていく。  「選手権で国立競技場の舞台に立ちたい」という夢を抱き、清水桜が丘高校に入学した。一年生では試合に絡むことはなかったが、二年生でスタメンとして数々の経験をした。夏のインターハイで

        スキ
        12
        • 限界点への挑戦

          平素より大変お世話になっております。今回、ブログを担当させて頂く、文学部2年の長澤圭剛です。拙い文章ではありますが、最後までお読みいただけると幸いです。 大学サッカーの世界に足を踏み入れ、早1年が経つ。初めて大学サッカーを体感した日のことは忘れない。動く選手たち全員が訳の分からないくらい速くて、上手くて衝撃が走ったあの日を。そんな私も今では、あの衝撃が走った大学サッカー側の選手の1人なのだと自覚すると、ちょっぴり誇りに思える。 私は時々、「あの日の自分」よりも、「いまの自

          スキ
          6
          • 中大サッカー部にいる目的

            今回部員ブログを担当させていただく商学部経営学科2年小川嵩翔です。 今回のテーマが「中大サッカー部にいる目的は?」ということなので僕が中大サッカー部にいる目的について簡単に書かせていただきたいと思います。拙い文章ですが最後まで読んでいただけると幸いです。 僕が中大サッカー部にいる目的、その一つは「プロサッカー選手になるため」である。 サッカーを始め、何にでもなれると思っていた幼稚園の頃から二十歳となった現在まで変わらないこの夢を実現させるために僕は中大サッカー部にいる。

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 部員ブログ2022
            中央大学学友会サッカー部[公式]
          • 部員ブログ2021
            中央大学学友会サッカー部[公式]
          • 対談企画
            中央大学学友会サッカー部[公式]

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            中大サッカー部にいる目的

            こんにちは。今回部員ブログを担当させて頂くことになりました。商学部会計学科2年の岩崎真波です。最後まで読んでいただけると嬉しいです。 私は大学卒業後、プロサッカー選手になることを目標としています。そのために、自分を持ち、結果を出せる選手になる。これが私の中央大学サッカー部にいる目的です。 私の中で、自分を持つこととは自分の基準を持つこと、また自分の判断に責任を持つ事です。そして結果を出せる選手というのは結果を出すために努力できる選手とも言えます。 高校2年くらいから自分を持

            スキ
            7

            中央大学サッカー部にいる目的

            こんにちは。商学部 経営学科 2年加納 大です。中央大学に入学したことが、つい最近のようで後輩も入ってきて 2年生になったことに少し驚きを感じています。4年間をあっという間で終わらせないために充実した日々を送り続けたいなとより強く感じています。 さて、私が中央大学にいる目的というものを考えたときに、1番は「人として成長すること」というのが頭に浮かびました。少し抽象的なテーマではありますが、私の考えとしてはサッカープレイヤーである前に前提としてあるのが、1人の人間であると言うこ

            スキ
            9

            表現力

            2年 馬見塚武蔵 中央大学サッカー部、この集団の一員として日々過ごせているだけで満足している自分がいる。 ふとそんなことを考える機会が最近増えてきたように感じる。それでもこの状況をひっくり返せない、ひっくり返そうとしないまま今日の練習も終わる。このままでは時間だけが過ぎていく。大学4年間があっという間だったとは思いたくない。容易でないことは分かっているが、変わるための努力をしなければ上には上がれない。 この集団の中でどのようになりたいか? 「自分がいることで1+1が2を大

            スキ
            11

            自分の存在意義

            2年 狭山ヶ丘高校出身 太田 涼介 皆さんこんにちわ。今回部員ブログを書かせていただきます。中央大学国際経営学部2年の太田涼介です。今回は自分が思い描く未来の姿について書かせていただきます。初めて書くので拙い文章になりますが最後までお付き合いいただけると嬉しいです。 中央大学サッカー部に入部して1年が経ちました。入部してからの日々は充実していてとても1年が早く感じました。自分はこの中央大学サッカー部に入部してサッカーがうまくなりました。それは自分が今いるカテゴリーが示して

            スキ
            8

            中大サッカー部にいる目的

            こんにちは。今回部員ブログを担当させて頂きます。2年塩田達馬です。拙い文章ですが、暇な時間にでも読んでいただけると幸いです。今回はこの部員ブログという場をお借りして中央大学で成し遂げたいことを素直にぶつけたいと思います。 「プロサッカー選手になる」私の小学生からの夢であり、その夢を叶えるために中央大学サッカー部に入った。しかし、正直なことを言えばその夢は非常に遠いところにある。自分の欠点をあげればキリがないし、自分のプレーでスタメンを取れる気がしない。今現在の立ち位置は非常

            スキ
            11

            中大サッカー部にいる目的

            2年マネージャー 相賀歩美 入学して、何部に入ろうかと悩んでいた去年の4月、愛理さんに連絡する機会をいただき見学へ行った。多摩キャンパスの一番端っこにある練習場にいたのは『本気でサッカーが好き』な人達。全員が主役で、個性的で、本当に輝いてみえた。見たことのないパスの速さやトラップの音、私にとって見るもの聞こえるもの全てが刺激となって、こんなに楽しそうにスポーツをしている人達を今まで見たことがなかった。その日、「ここでなら、選手と同じように目標を持って充実した大学生活を送

            スキ
            12

            みなさんの理想のチームは、どんなチームですか?

            今回部員ブログを担当させていただきます、二年の芳賀隆之介です。 今回は、私の中央大学に入った目的に沿って、最近体験した理想と現実の違いについて話したい。 前述した「みなさんの理想のチームはどんなチームですか?」という問いに対して、みなさんは具体的にどのチームを思い浮かべるだろうか。私は常に同じチームを挙げる。「2010/11シーズンのバルセロナ」だ。 「2010/11シーズンのバルセロナ」というと、2010年南アフリカワールドカップでスペインが優勝し、ティキタカというスタ

            スキ
            10

            自分の存在意義

            今回部員ブログを担当させていただく前橋育英高校出身経済学部国際経済学科の2年牧野虎太郎です。自分の思い、考えを素直に書くので時間があったら読んでみてください。 初めに、私はすごく恵まれています。中学、高校、大学と濃い時間を過ごしてきました。なぜかというと、いつも私の前には壁がありました。ライバルという存在です。試合に出られるようになったのはいつも最終学年、それも出ていた選手が調子を崩したり、怪我したりして出てからです。けど、たくさん辛い経験をしました。たくさん努力しました。

            スキ
            15

            愛してる中大

            どうもトットムジカです。失礼しました。加納直樹です。 余談なんですけど、自分日本語が弱くて。「好いている」を「ついている」と読んでいたり、「敷居が高い」を「しきりがたかい」と読んだり。そんな間違えがある度に隣にいるこうきが直してくれます。彼とは高校からほぼ毎日一緒にいるので、最近は自分でも日本語は彼のおかげでまともになってきたと感じています。間違えを正し、成長させてくれる、そんな友達をもつって最高ですね。 いつもサンキュー、パンチオネエもも毛ボーボボー!!!! 冒頭が少

            スキ
            32

            中大サッカー部にいる目的

            今回部員ブログを担当させていただきます。 静岡県立藤枝東高等学校出身 商学部会計学科2年鈴木登偉です。 今回は中大サッカー部にいる目的について話していきたいと思います。 このテーマについて考えた時、ひとつ思い浮かんだことがあります。それは「プロになるため」ということです。プロになるのは幼い頃からの夢であったものの今までは自分には無理だろうとどこかで諦めている部分がありました。そんな自分に刺激を与えてくれた出来事があります。それは高校時代、同期から2人のプロサッカー選手が

            スキ
            10

            楽しむために本気であれ

            最近、筋トレをしていますが、自炊が面倒で体重が減っていく一方で困っています。法学部法律学科2年の中村明樹です。文章を書くのは苦手なので、拙いものになるとは思いますが最後まで読んでいただけたら幸いです。 私は、6歳の時にサッカーを始めたので今年で14年目になり、とてもたくさんの経験をさせてもらいましたが、今考えてみると右肩下がりのサッカー人生だなと思います。小学校の時には地元のチームで良い成績を残せ、中学では横浜FCのジュニアユースにスカウトでいれさせてもらいました。ですが、

            スキ
            23

            中大サッカー部にいる目的

            二年 明秀学園日立高校出身 石橋 衡 文章を書くからには読む人に何かを伝えたり、考えてもらえるような何かしらを発信できるものになればと思いますので、最後まで読んでいただけると嬉しいです。 高校3年の選手権。延長前半の失点が決勝点となり準優勝で高校サッカーが終わった。この時にはすでに中央大学に行くことは決まっていたし、サッカー部に入ることも決めていた。高校サッカーが終わってしまう悔しさはあったけれどもそれよりも、あの失点シーンわずか数センチ届かなかったあの差を縮めるために入

            スキ
            8