鈴木大輔の腸内細菌相談室

【腸から自分を知る】 研究者が、腸内細菌の最新情報をお届け🦠 腸内細菌、腸内環境、腸活に関する質問を受け付けております👨🏻‍🔬 お気軽にメッセージをお送り下さい📩 #腸内細菌 #腸内環境 #腸活

鈴木大輔の腸内細菌相談室

【腸から自分を知る】 研究者が、腸内細菌の最新情報をお届け🦠 腸内細菌、腸内環境、腸活に関する質問を受け付けております👨🏻‍🔬 お気軽にメッセージをお送り下さい📩 #腸内細菌 #腸内環境 #腸活

    最近の記事

    • 固定された記事

    #50 ヒトの個性と微生物。我々はどこから来たのか我々は何者か我々はどこへ行くのか

    現役の腸内細菌研究者がお届けする、腸内細菌相談室。 室長の鈴木大輔がお届けします。 本日で、腸内細菌相談室の開設から50話となりました。いつもご覧いただきありがとうございます。この場を借りて、感謝申し上げます!  50話の中で、ヒトと腸内細菌がいかに切っても切り離せない存在なのか、全体を通してお話してきました。今回は、ヒトの個性と微生物存在について、皆さんの個性を再定義するためのお話です。 副題は、「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」です。フラ

    スキ
    10
      • #99 腸活に関する意識調査の結果が公表されました。AuB株式会社のプレスリリースより。

        毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 今回は、アスリートの腸内細菌叢に関する研究や研究成果を元にしたプロバイオティクス、プレバイオティクスの開発を行うAuB(オーブ)株式会社が公表した、腸活に関する意識調査の結果についてお話します。この調査は、「腸活に興味がある」と回答した全国の20代~50代の男女 661名を対象として、インターネット調査により行われました! プレスリリースはこちらか

        スキ
        1
        • #98 浮かぶウンチと沈むウンチ。決め手は腸内細菌叢。

          毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 今回のエピソードでは、糞便の比重を決定する要因として腸内細菌叢が重要であることを突き止めた研究についてご紹介します!糞便の比重を腸内細菌叢が決定するということは、つまりウンチが浮かぶか沈むかの鍵を腸内細菌叢が担っていることを意味します。この研究は、Aalamらの"Genesis of fecal floatation is causally link

          スキ
          4
          • #97 納豆菌のネバネバ成分が与える脂質代謝と腸内細菌への影響。

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 今回のエピソードでは、健康に良いとされる食品の1つである、納豆にまつわる腸内環境のお話です。納豆菌は、枯草菌=Bacillus subtilisに属す細菌の一種であり、ネバネバ成分を合成することで知られています。このネバネバ成分には、γポリグルタミン酸が含まれています。γポリグルタミン酸とは、グルタミン酸が高分子化=連続して結合してポリマーになった形

            スキ
            6

            #96 お風呂でオナラをすると、お湯は大腸菌に汚染されるのか?

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 本日お届けするのは、腸内細菌相談室のリスナーの方から頂いた「お風呂でオナラをすると、お湯は大腸菌に汚染されるのか?」という疑問に対する回答です。質問ありがとうございます! お風呂でオナラをすることについては、リスナーの方はinstagramにて記述を発見されたそうで、気になったとのことでした。室長も改めて探してみると、知恵袋など様々なところでこの疑

            スキ
            6

            #95 細胞膜の構造。Part2: リポソームから細胞膜へ。

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 今回のエピソードは、前回に引き続いて細胞膜の構造についてお話していきます。細胞膜は、動物、植物、細菌に関わらず普遍的にみられる構造です。膜構造は、いわば生命を成り立たせる上で必要不可欠ともいえます。細胞膜を理解することは、結果として腸内環境を構成する腸管や腸内細菌を理解することにもつながることから、腸内環境を理解するための基礎知識として位置づけていま

            スキ
            4

            #94 細胞膜の構造。Part1:極性から始める自己組織化の話。

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 今回のエピソードは、腸内環境を理解するために必要な基礎知識シリーズとして、細胞膜の構造についてお話します。細胞膜は、細胞の内界と外界を区別するために重要な膜として、あるいは他の細胞を認識したりされたりするのに必要な分子が存在する基礎として重要な構造です。現在では、生物の原始的な姿はコアセルベートと呼ばれる膜構造であるという仮説が提案されており、生き物

            スキ
            6

            #93 経口FMTによる潰瘍性大腸炎の寛解。The Lancet Gastroenterology & Hepatology論文から。

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 今回お届けするのは、炎症性腸疾患の1つである潰瘍性大腸炎への、糞便微生物移植(FMT)の応用事例について。従来のFMT事例の多くは、内視鏡による腸内へのFMTや、浣腸によるFMTによるものでした。今回は、より患者負担の少ない経口投与によるFMTを試験した事例になります。紹介する論文は、世界最高峰と称される医学ジャーナルLANCETの姉妹誌に掲載されて

            スキ
            5

            #92 機能性便秘と腸内細菌叢。Alistipes属菌が便秘の腸内には多い傾向。

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 今回のエピソードは、機能性便秘と腸内細菌叢の関係を調査した観察研究の紹介です。腸内細菌叢が便秘と関係があることは、色々なところで言及されています。しかし、日本における研究結果ではない場合には、腸内細菌叢の国間の違いを含んでいる場合もあります。今回ご紹介するのは、Sugitaniらの"Mucosa-associated gut microbiome i

            スキ
            1

            #91 特定の腸内細菌が免疫調節に貢献。鍵は細菌の細胞膜を構成する脂質にあり。

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 今回のエピソードでは、とある腸内細菌が免疫調節機能に貢献することを、有機化学の技術と細胞を使って明らかにした研究をご紹介します。とある細菌とは、#64でも登場した腸内細菌のAkkermansia muciniphila菌です。ここからは、ムチニフィラ菌と呼んでいきます。 ムチニフィラ菌は、ヒトが分泌するムチンと呼ばれる粘液成分を唯一の炭素源とする細

            スキ
            5

            #90 腸内細菌叢で個人を特定する。細菌叢は個人情報。

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 本日は、腸内細菌叢により個人を特定出来てしまうことを実証した研究を紹介します。この研究は、2015年のFranzosaらによって行われ、Identifying personal microbiomes using metagenomic codesという論文に報告されています。腸内細菌相談室でも、ヒトに共生する細菌叢は個人のアイデンティティの一部であ

            スキ
            6

            #89 腸内細菌叢の多様性って何だろう。多様性の尺度について。

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 本日は、腸内環境や腸活を語る上で頻出の、腸内細菌叢の多様性についてお話します。現代社会においても、多様な文化、多様な人種、多様な人々を大切にする、多様性に対しての重要性の認識が高まっています。では、そもそも、多様とはどのような状況を指すのでしょうか。多様性とは一体何なのでしょうか。多様性を何らかの尺度で測れるようにしなければ、多様化したとは厳密には言

            スキ
            10

            #88 COVID-19罹患後に生じる症候群と腸内細菌叢の関係。香港中文大学の研究から。

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 今回のエピソードでは、新型コロナウイルス感染症=COVID-19に感染した後に生じる新型コロナウイルス感染症罹患後症候群(Post-acute COVID-19 Syndrome: PACS)と腸内細菌叢についての観察研究です。PACSに罹ったヒトは、呼吸器系、精神神経系、消化器系の症状を訴えます。PACSは、ここ1年で知見が蓄積されてきたといえます

            スキ
            8

            #87 何故うんちは出るのか?どのようにうんちを出したくなるのか?

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 今回お届けする内容は、腸内環境に対する素朴にして奥が深い疑問についてお答えしていきます。それはすなわち、何故うんちは出るのでしょうか?どのようにうんちを出したくなるのでしょうか?うんち=糞便を体外に排出するというのは、人の体内の恒常性を維持するのになくてはならない機能ですが、排出する方法についてはあまり考えたことがない方も多いのではないでしょうか?そ

            スキ
            4

            #86 ヒトマイクロバイオームの国際学会に参加してきました!

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 今回のエピソードでは、11/8-11/10の3日間に渡って開催されたInternational Human Microbiome Consortium 2022に参加してきたご報告です!日本語に直すならば、2022年ヒトマイクロバイオーム国際学会です。ここでは、IHMC2022と呼んでいきます。本大会は、2008年から続く世界最大規模のヒト細菌叢を取

            スキ
            3

            #85 腸内環境理解のための生物学入門。最終回: シリーズの振り返り。

            毎日夜19:30に更新中!腸内細菌相談室。 現役の研究者である鈴木大輔が、腸内細菌にまつわるエピソードをお届けしております🦠 腸内環境を理解するために必要な生物学の基礎知識をお届けする本シリーズも、最終回を迎えました。今回は、本シリーズ全13回の放送の総集編ということで、今までお話してきた内容を振り返ることで、有機的にエピソード同士の内容が繋がった使える知識として、皆様の中に届けば良いなと思っています。それでは、最後の旅に出発しましょう! このお話は、聴いて楽しむポッドキ

            スキ
            3