上の森 シハ|Uenomori Shiha

詩家アーティスト|Many hobbies are no hobbies|noteを交流目的に使っていません

上の森 シハ|Uenomori Shiha

詩家アーティスト|Many hobbies are no hobbies|noteを交流目的に使っていません

    マガジン

    • 七曜の星で彩る、プラネタリウムマガジン

      見上げるように読み返したい、心惹かれた記事をまとめたマガジンです。 このマガジン(プラネタリウム)は、他のnoterさんたちが、noteという空に浮かべた、思い思いに綴られた記事で彩っていきます。

    • イラスト、デザイン、漫画絵

      イラスト・デザインの仕事話から、趣味絵とラフ描き漫画も。

    • 短編集

      140字まとめ、詩、短文、短編小説

    • コラム、日記、エッセイなど

      考え方、徳島県のこと、商業に関する見方、いろいろ

    最近の記事

    • 固定された記事

    上の森シハのプロフィール(2023.01.25更新)

    【基礎情報】名前:上の森シハ(38歳) 職業:詩家アーティスト ※2020年〜 記事作成、コピーライティング、商品のボディーコピーライティングの再編集をメインに、文字を専門にしてきた元webライター。 ライターをしていた頃に全国紙で有名なS新聞、大手の広告会社、編集学校、ソフト会社などが組んで開催した講座を受け、プロライターの資格を取得。 採用テストに合格し、本名で広告会社と契約。 コピーライティングのクライアントは、中小企業から最大手まで。当時の契約に従い、実績は非公

      • 有難う御座いますッ……!(深礼)

        • 授業中、せんせいが生徒たちに向かって「みなさん。自分に子どもが産まれたら、知育げーむを遊ばせたいですか?」と質問。ほとんどの人が挙手しなかった。 一部の生徒曰く、「純粋な幼児をコントロールするってことに抵抗がある」。 ※イラストの内容と関係ない話。

          • 今朝の地元新聞には、「鳴門から県内の市町村へ転出する若い人が増えてて、人口が減少してる」と書いてありました。 先日、神社へ行くまでの道中、街の雰囲気が暗いなとは思いましたが、結構意外な現象だったです。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 七曜の星で彩る、プラネタリウムマガジン
            上の森 シハ|Uenomori Shiha
          • イラスト、デザイン、漫画絵
            上の森 シハ|Uenomori Shiha
          • 写真
            上の森 シハ|Uenomori Shiha
          • 短編集
            上の森 シハ|Uenomori Shiha
          • コラム、日記、エッセイなど
            上の森 シハ|Uenomori Shiha
          • Aldebaran・Daughter
            上の森 シハ|Uenomori Shiha

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            狂気を感じるあいすべろんちょイラスト。

            平凡な何もない日を過ごせることが、いつか特別になる。 38歳を迎えました。 皆様にとっても、良き一日でありますように。 (お祝いのメッセージ、今年はご遠慮願います。今日はいただくより、逆に感謝していたいので)

            通り抜けできないココロの改札口。

            個人サイトが流行ってた時代に、こういう粗めの写真素材もあったなぁと。

            モダンりんごのイラスト。みずみずし。

            140字 恋愛詩(5作)ちょっぴりダーク

            深呼吸をする前に膨らんだ感情を 僕だけに教えてほしい 捕まえて、そっと耳に囁いて 温めた蜜を溶かして作った王冠を 頭に乗せてほら 暗い夜空に飛散した星々は 明るい朝を運んでくる 沈んだ夕陽をその手で隠してくれ 我が儘な僕のために きみの声で目覚めたい きみの声で目覚めたい ----- 強請って起こした本能の在処 きみの奥に座る漆黒の月 天井がない空を指先でなぞり 仰ぎ見た僕にかける終わりの標 熟れた言葉の蝋燭に 消えない傷を浴びせて吹き消す 影に隠れて蹲る姿 二人

            Twitterに詩を投稿してると、いいねの数が少ないときは本業の方が押してくださってる確率高め。(私の場合) これをどう解釈すべき。 以上、本日のジレンマでした。 画像はデザインの排泄。

            2022年は、抱負を掲げずにスタート。仕事を辞めてから「今年は小説を頑張るぞー!」と、気合いを入れる➡︎3ヵ所に応募(自分でもびっくり笑) 結果は、選考途中もまだ出ていない。 来年の抱負は……、どうしようかな。 取り敢えず、髪は切りたいよね。

            試さないとわからないって面白い。