Catzania

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボから、お料理や街のこと、アートを発信しています。写真いっぱいです🎵 #サラエボ#海外生活

Catzania

ボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボから、お料理や街のこと、アートを発信しています。写真いっぱいです🎵 #サラエボ#海外生活

    マガジン

    • 東欧生活

      中東欧、主に旧ユーゴ解体後の国々へ旅行、滞在、生活をしている人の記事

    • 「つぶやきたくなる」こともある

      ふと、心が揺れてつぶやきたくなったこと

      • 東欧生活

      • 「つぶやきたくなる」こともある

    最近の記事

    #47:家猫の狂犬病抗体検査を撤廃したい

    家族猫の帰国問題 日本へ戻るとき、もしくは指定地域外から引っ越しをするときは、ペットの狂犬病ワクチンの接種と抗体検査が必要となります。 家の中のみで暮らしている飼い猫が狂犬病に罹ることはないでしょう。では万が一外に出てしまった家猫が、運悪く外をうろついていた狂犬病に罹っている犬に嚙まれてしまったら・・・この時点でもう生存は難しくなるけど狂犬病にかかるリスクはそれしか考えられません。 狂犬病に罹っている個体は、一見して分かる事でしょう。 我が家猫はオスのシニア 家の中で

      • #46:本日、大雪にみまわれています

        Zdravo, kako si? Ja sam iz Sarajeva. こんにちは、サラエボ市からです。 大雪のサラエボ市サラエヴォ市は雨が降り続いていて被害が多く出ていましたが、 本日大雪です! January 21, 2023 朝すでに10センチくらいの積雪がありました。雨から雪に変わり夜間に降ったのでしょう。ここ数日の大雨が雪に変わればそれは大雪となるでしょう! #Sarajevo前で記念撮影をする観光客も今日はゼロ。 坂が多い盆地なので山から市街地に来る

        • #45:美しく豪華そしてのんびりできる街、solo旅ウィーン

          Dobro veče こんばんは まずはサラエボ市から さて、最近サラエボ市は雨が降り続いていてるので市内を流れるミリャツカ川も増水しています。 サラエボの郊外では浸水している地域もあります 今冬、気温が高いサラエボ市内では積雪はまだありません。市内から車で約1時間のビェラスニツァ山のスキー場は今週やっとまとまった積雪がありオープンにこぎつけることができました。 solo tabi ウィーン編下記2つの続きです。 2日間のウィーン滞在で出来たこと! フィアカーで旧

          • #44:ウィーンへ旅して分かったこと「2日じゃ全然足りない」

            Zdravo, kako si? こんにちは、お元気でしょうか? サラエボ国際空港からウィーン国際飛行場までは、飛行時間たったの1時間です。 ユーロを持参する オーストリアの通貨はユーロですが、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ(以下、BiH)の通貨は兌換マルク(KM)です。BiHはEU加盟国ではありません(EU加盟希望!国です)2022年12月にEUへの加盟正式候補国に追加されましたが、色々と障壁があるのでto do listを作って加盟に向けて頑張らないとなりませんね。 兌換

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 東欧生活
            Catzania
          • 「つぶやきたくなる」こともある
            Catzania

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            ドイツ語、中国語、アラビア語、イタリア語そしてボスニア語を毎日勉強しています。時間配分は各30分。目的は「ドイツとボスニア語は<市場で買い物をしたい>」「中国、アラビア、イタリア語は<忘れたくない>」無謀っぽい❓けど祖語とか気にせず目指せ習慣化。主な使用アプリはDuolingo。

            #43:ソロ旅、いきなりザッハー

            サラエボ国際空港は合計28の航空会社が運航し、BiHと世界40の都市を目的地として結んでいます。昨年2022年にはパンデミック前2019年と比較すると利用客が13%増加したという記録的な数字が出ました。確かに、最近、飛行場の利用客がとても増えています。パスポートコントロールで長く並ぶこともあります。 さて、私もオーストリアのウィーンまで、旅行に行きました。2泊3日のソロ旅です。円安ですが。。 ウィーンまでのフライト60分サラエヴォ国際空港からウィーン国際空港まではオースト

            #42:ボスニアンネイチャー

            サラエボ市から「明けましておめでとうございます」sretna Nova godina  街が雲海に沈む「雲海の条件が揃っている」 夜間はから午前中は氷点下のサラエヴォ市内。さらに高気圧に覆われた盆地の地形。ケーブルカーに乗ってMt.トレベビッチに上り、市街地を見下ろしました。ケーブルカーについては、下記リンクをご参照ください。 日が照っており雲海が広がっています。ボスニアの険しい山岳地帯が生み出す自然現象と、特徴的なオレンジ色の民家の屋根がいつもツーリストの心を穏やかに

            #41:ムスリム色濃い街のクリスマス・イヴ

            メリークリスマス!Sretan vam Božić ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都、サラエボ市からお届けしています。 今年のサラエヴォ市内のクリスマスは、昨年より断然華やかです! サラエボ市内主要9つの橋に電飾が施されました コロナとの共存が軌道に乗り、ツーリストを受け入れているヨーロッパ。今年のクリスマスは「やっとお祝いができる!」喜びの雰囲気が街に感じられます。 2022 サラエボ市内のクリスマスイルミネーション点灯の A very Happy Christm

            ジバンシーのドレスに身を包む美貌のオードリーに求愛なのか謝罪なのか?アステアの闘牛ダンスは超絶技巧、すなわちエレガント!音楽はガーシュイン、美術はアベドンというオールスターが手掛ける名作『Funny Face(パリの恋人)』をいつも観ていたいから「私は今日も人間界で頑張れる!」

            #40:日没まもなく、ラキアで千鳥足

            こんばんは! ドブロヴェーチェ! Dobro veče! BiHの首都、サラエボからです。  今日は、 お酒についてサラエボ市は、ムスリムのボシュニク人が多く暮らす街. お酒の提供がないレストランも少なくありません。 ラキア rakija果実を発酵して作る蒸留酒で、バルカン半島の国民的なお酒。 約40%のアルコール度数ですが自家製は60%になるものも。 お食事🍚情報というかDRINKING Nacionalni restoran & rakija bar Vi

            #39:2022総まとめ!!「サラエボで購入可能「日本&アジア食材」

            ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都、サラエボ市からです。 zdravo, kako si? 曇り日と雨が続くサラエボ市。1年の中で最も曇り日(さえない日)確率が多いのは12月です。寒いです 2022総まとめ編    日本食、アジアンフードの調達 1年前よりも、スーパーマーケットにおけるアジア食材の取扱量が増えましたが、日本の香りがする食材との出会いは困難です。 お味噌とダシ まだ購入不可。持参して下さい。 ARIA(旧BBIショッピングセンター)内の"MakroVi

            #38:お見立て、ソーイング

            ボスニア・ヘルツェゴビナの首都、サラエボから Zdravo! 雨が多く曇天続きの12月です。  帽子の製作をしていますヨーロッパの冬は長いので、「家で出来る趣味を」と考えて、帽子作りにチャレンジしていました。 しかし、日本から持参した生地や用具が枯渇カウントダウン。 町に出てお店を探してみました。 SANNY-GENNY お仕立て、生地屋さん Sanny-Genny metraža, galanterija i pozamanterija | Facebook 入

            #37:昔々の富裕層が住んでいた館へ訪問

            サラエボから、ドヴァルダン! さて、今回は 富裕層の住まいをご紹介します ダウントン・アビーのような広大なカントリーハウスではありませんが、当時の贅を尽くした邸宅で暮らす富豪のライフスタイルを思いめぐらしてきました。 デスピッチ家/The Despić House  貿易業で財を成したセルビア系のデスピッチ家は、19世紀末から20世紀初頭にかけてサラエヴォのエリートファミリーでした。 1Fは17世紀のオスマン帝国時代の富裕層の住まいが分かる展示になっており、2Fは

            「ぜったい運転免許を取らなきゃ!」 きっかけは映画『シャイニング』でした。悪霊に立ち向かわず、もはや正気ではない夫は放置。車で逃げる妻子の姿は斬新でした。REDRUM包囲下、息子は親指と喋ってるし。 マズイ、私には免許証が無い「脱出できない!」慌てて教習所へ申し込みに行きました。

            日本おめでとうございます! 応援しすぎて喉が。。 午後8時にTVをオンしたら、なんとサラエボではコスタリカvsドイツ戦の放送のみ。 慌ててVPNで日本側から観戦しました。 サムライジャパン🙌 最高です❗お疲れ様です❗

            サラエボ市内を東西に流れるミリャツカ川。たくさんの鳥が気持ちよさそうに泳いでる姿に日々癒されます。 ちょうど人間も鴨たちもランチタイム。 鴨の小群、同じタイミングでエサを取っていて可愛い! 水面に飛び出てる4羽のお尻をパチリ📷