CAMPFIRE Startups  公式note

株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」公式note|運営会社:株式会社CAMPFIRE Startups|第一種少額電子募集取扱業者関東財務局長(金商)第3000号|リスクや手数料はこちらhttps://bit.ly/2WdBI9B

CAMPFIRE Startups  公式note

株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」公式note|運営会社:株式会社CAMPFIRE Startups|第一種少額電子募集取扱業者関東財務局長(金商)第3000号|リスクや手数料はこちらhttps://bit.ly/2WdBI9B

マガジン

最近の記事

ママでも責任のある仕事。ライフワークバランスのある自分らしい働き方。     CAMPFIRE Startups 営業アシスタント 中島舞

事業創造への挑戦に、応援と資金が集まる社会をつくりたい──。 CAMPFIRE Startupsは資金調達をしたいスタートアップ企業と、全国のエンジェル投資家を繋ぐ株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」を運営しています。 CAMPFIRE Startupsでは学生からシニアまで幅広い年代の方が活躍しており、各々の異なる環境を尊重し合いながら、仕事に邁進しています。 今回のインタビューではキャピタリストのアシスタント、舞さんを特集。1児の母であ

    • メガベンチャーからスタートアップへ転身。解のない世界を開拓し、進化し続けたい。CAMPFIRE Startups事業開発担当、市原楓

      事業創造への挑戦に、応援と資金が集まる社会をつくりたい──。 CAMPFIRE Startupsは資金調達をしたいスタートアップ企業と、全国のエンジェル投資家を繋ぐ株式投資型クラウドファンディング『CAMPFIRE Angels』を運用しています。 現在私たちは、スタートアップ企業をサポートする「エコシステム形成」の促進を目指し、全国各地の行政機関や大手企業のアクセラレータープログラム、CVCとの連携を強化しています。 今回のインタビューでは「エコシステム形成」を担当す

      • 目標達成率312%!92名が株主に!「投資家と一緒に事業をつくり上げ『会社経営の民主化』を目指す」 Orange株式会社_募集企業インタビュー

        旅先のストーリーや観光地情報とともにご当地グルメを自宅にお届けするサービス「おうちソクたび」。ご当地のグルメとその土地のストーリーがピックアップされて届くため、自宅でも、旅気分を味わえると好評のサービスです。そんな「おうちソクたび」を運営するOrange株式会社は、CAMPFIRE Angelsにおいて史上最高の目標達成率で資金調達に成功。92名もの投資家から投資いただきました。 今回は、代表取締役の甲斐考太郎さんにプロジェクトの裏側と、今後の展望についてインタビューを行いま

        • クラウドファンディングを活用したスポーツチーム支援の新しい形

          スポーツ業界の“DXアシストカンパニー”として90を超えるプロスポーツクラブと20団体を超えるプロリーグ・協会・行政のデジタルマーケティングを支援するプラスクラス・スポーツ・インキュベーション株式会社(PSI)。 この度、株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIREAngels」を運営する株式会社CAMPFIRE StartupsはPSIとパートナーシップを締結しました。これによりPSIがスポーツチームに提供する経営支援・マーケティング支援におけるソリューションとして

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • CAMPFIRE Startupsで働く人々
          CAMPFIRE Startups  公式note
        • 資金調達ストーリー
          CAMPFIRE Startups  公式note
        • ECF深掘りインタビュー
          CAMPFIRE Startups  公式note
        • エンジェル投資家インタビュー
          CAMPFIRE Startups  公式note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          (後編)地域を元気にするスタートアップ10社が登壇!「第1回 地域貢献スタートアップ・イノベーション・アワード」       イベントレポ

          2021年12月15日、CAMPFIRE Startups主催、SBプレイヤーズ株式会社特別協賛のもと『地域貢献スタートアップ・イノベーション・アワード』が開催されました。 前回に引き続き、今回のnoteでは登壇した後半5社のご紹介と受賞されたスタートアップを発表します。 6社目:株式会社キリンジ/スピーカー:天川洋介さん 「“変な”宿泊事業者」と自社を説明する株式会社キリンジ。その説明の通り、活用されていない不動産や古い建物を、宿泊施設に再生させる事業を行っています。

          (前編)地域を元気にするスタートアップ10社が登壇!「第1回 地域貢献スタートアップ・イノベーション・アワード」       イベントレポ

          2021年12月15日、CAMPFIRE Startups主催、SBプレイヤーズ株式会社特別協賛のもと『地域貢献スタートアップ・イノベーション・アワード』が開催されました。 今回は記念すべき第1回のイベントの様子を前編・後編の2回に分けてお届けします! 地域貢献スタートアップ・イノベーション・アワードとは? 当イベントは“地域経済に貢献”をテーマに、スタートアップの事業成長を促進し、応援したいという想いから開催されました。 エントリー企業はなんと171社!多くの魅力的なス

          【記念対談】VC×ECF 共同資金調達 。  障害や難病を越え、誰もが自分らしく生きられる世界を目指して。

          株式投資型クラウドファンディング(以下、ECF)「CAMPFIRE Angels」は、今年7月にパートナーシップを締結した株式会社talikiの社会課題解決ベンチャー特化型ファンド「talikiファンド」と連携し、デジタルアートとセンサーを活用したリハビリツールを開発する株式会社デジリハの株主募集を11月30日(火)より開始します。ベンチャーキャピタル(以下、VC)とECFがタッグを組んで資金調達を実施するケースは業界初となります。 今回の決断に至った背景とスタートアップの

          より良く、より新しく。プロダクトを磨き、ファンを増やしたい。CAMPFIRE Startups、PdM 石墳 拓海

          株式投資型クラウドファンディング(以下、ECF)でスタートアップによる事業創造を加速させる。 「CAMPFIRE Angels」はCAMPFIREグループの新たなブランドとしてローンチし、1周年を迎えました。 今回のストーリーでは「CAMPFIRE Angels」の立ち上げメンバーであるプロダクトマネージャー(以下PdM)を特集。プロダクトがローンチされるまでの苦悩や今後の目標をお伺いしました。 石墳 拓海(いしづか たくみ) プロダクトマネジメント本部 システム開発部

          【対談】日本最大のベンチャーキャピタル「JAFCO」パートナー北澤知丈氏と考える、スタートアップ金融が目指す形

          時代の変化とともに、スタートアップ企業を取り巻く環境は大きく移り変わります。ジャフコグループ株式会社(以下、JAFCO)は、2001年に東証一部へ上場を行った伝統あるベンチャーキャピタル(以下、VC)で、その設立はバブル景気到来以前の1973年。ITバブルの発生と崩壊そして長きに渡る景気低迷の中、ファイナンス面からスタートアップ企業を下支えしてきました。 今回は、「CAMPFIRE Angels」を運営する株式会社CAMPFIRE Startups(以下、Startups社

          【対談】リコーとCAMPFIRE Startupsのパートナーシップを通じたスタートアップ企業支援のエコシステム構築

          リコーが2019年から開始したアクセラレータープログラム「TRIBUS(トライバス)」は、社内外からイノベーターを募り、同社の豊富なリソースを活用し、新たな価値創造につなげるプロジェクト。ワークプレイスやイメージング領域にとどまらず、社会の広い分野での課題解決を目指しています。 株式投資型クラウドファンディング「CAMPFIRE Angels」を運営する株式会社CAMPFIRE Startupsは、2021年6月よりこの「TRIBUS」のパートナーに参画。採択されたスタート

          誰でも投資家になれる時代、真のエンジェル投資家とは。

          CAMPFIREグループは、世界でも類を見ない多種多様のクラウドファンディングサービスを展開している。購入型クラウドファンディングでは国内最大規模を誇り、個人や非営利団体、スタートアップを含むさまざまな挑戦を資金調達の面から支援している。 2020年8月にローンチした「CAMPFIRE Angels」は、「あらゆる事業創造=スタートアップ」を株式投資型クラウドファンディング(以下、ECF)の力で加速させる存在となることを目指し誕生した。 これまでスタートアップ企業や非上場

          ECFを社会に必要不可欠なインフラへ。 スタートアップとエンジェル投資家を繋ぐCAMPFIRE Angelsの目指す未来

          事業創造への挑戦に、応援と資金が集まる社会をつくりたい──。 「あらゆる事業創造=スタートアップ」をクラウドファンディングの力で加速させる存在となることを目指しCAMPFIRE Startupsは誕生しました。 私たちは資金調達をしたいスタートアップ企業と、投資したいエンジェル投資家を繋ぐ株式投資型クラウドファンディングプラットフォームCAMPFIRE Angelsを運用しています。 今回はCAMPFIRE Angelsリリース1周年を記念して、代表取締役の出縄と取締役

          革新的な独自技術で、解体工事現場に安全をもたらすCon-Techカンパニー「株式会社鳶浩工業」募集企業インタビュー

          多くの建築工事現場で最初に行われるのは、既存の建物の「解体工事」。最近では、1950年代〜1970年代の高度経済成長期に建てられた耐震性の低い建築物が軒並み老朽化し、その需要が高まっています。しかし一方で、「解体工事」業界はなかなか注目されづらいという課題を抱えています。 そんな中、「一般の方にも解体工事現場の厳しい実情を知ってもらいたい」と、株式投資型クラウドファンディングに挑戦したのが株式会社鳶浩工業。 同社は鳶業を行うかたわら、解体工事現場で多発している破片や部品の

          大手証券会社からECF業界へ。 新たな金融市場での資金調達に挑戦したい。

          事業創造への挑戦に、応援と資金が集まる社会をつくりたい──。 日本最大級の購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営するCAMPFIREグループの中で、「あらゆる事業創造=スタートアップ」をクラウドファンディング(以下、ECF)の力で加速させる存在となることを目指し「CAMPFIRE Startups」は誕生しました。 今回のストーリーでは「CAMPFIRE Startups」のキャピタリストを特集。 まだ新しいマーケットであるECF(株式投

          まだ世に広まっていないビジネスを分かりやすく。 事業者の想いと共に、投資家に届けたい。 CAMPFIRE Startups1人目のプランナー根岸未知。

          事業創造への挑戦に、応援と資金が集まる社会をつくりたい──。 日本最大級の購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を運営するCAMPFIREグループの中で、「あらゆる事業創造=スタートアップ」をクラウドファンディングの力で加速させる存在となることを目指し「CAMPFIRE Startups」は誕生しました。 私たち「CAMPFIRE Startups」は資金調達をしたいスタートアップ企業と、投資したいエンジェル投資家を繋ぐ株式投資型プラットフォーム

          【対談】VC グローバル・ブレイン林 昇平氏から見た株式投資型クラウドファンディングの課題と未来

          2017年以降、複数のプラットフォーマーがサービスを提供し、2020年は業界全体で約20億円程の流通が生まれた株式投資型クラウドファンディング市場。しかし、「株式投資型クラウドファンディングを利用するとIPO準備に影響が出るのでは」「VCからの資金調達が難しくなるかもしれない」といった印象を抱いている方も多くいるように思います。 そこで今回は、「CAMPFIRE Angels」を運営する株式会社CAMPFIRE Startups(以下、Startups社)代表・出縄良人と、