【RPA・AI-OCR活用術】#1 コロナワクチン接種対応業務
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【RPA・AI-OCR活用術】#1 コロナワクチン接種対応業務

(🔄2021.04.23.更新)
分析屋の高橋です。

「RPA・AI-OCR活用術」というテーマでの連載を新たにスタートさせたいと思います。

<①健康管理システムデータ入力>

▼As Is(現状)
1.医療機関または接種会場から予診票(紙)を受領

2.予診票を見ながら、健康管理システムに手入力

3.登録を行い、予診票と目視チェック(入力ミスの確認)

▼懸念事項
住民×2回接種を想定すると首都圏では1自治体あたり数万件の入力件数となる。日々の業務の中に加え、このような大量件数入力という単調作業は精神的な疲労にも繋がる。その結果、大量件数入力による入力ミスの発生も予想される。

▼To Be(理想) RPAとAI-OCR活用事例

note.11【RPA・AI-OCR活用術~導入事例~】➀健康管理システムデータ入力

2.Excelでのデータ登録内容チェック
 ①管理システムより登録データをCSV出力
 ②AI-OCR読取CSVデータと管理システム登録CSVデータを登録
 ③チェック用Excelファイルに両CSVデータを貼付け
  予め、以下のようにフォーマット化しておくと便利
   シート1:AI-OCR読取CSVデータの貼付け用シート
   シート2:管理システム登録CSVデータの貼付け用シート
   シート3:登録内容チェック用シート
 ④Excel関数を用いて、シート1・2からシート3に同じ項目を持ってくる。
 ⑤シート3に判定結果(〇や×など)欄を設けておき、条件判断の関数を
  用いること事で自動判定できる仕様となる。
 ⇒①~④の工程もRPAによる自動実行の対象とする事ができる。

<②医療機関請求データ作成>

▼As Is(現状)
1.健康管理システムよりデータ出力

2.医療機関ごとに請求書データ作成

3.財務会計システムにデータ入力

▼懸念事項
・本業務も提携先医療機関が多ければ多いほど、繰り返し作業が発生する。

▼To Be(理想) RPA活用事例

note.11【RPA・AI-OCR活用術】②医療機関請求データ作成

<さいごに>

最後まで読んでいただきありがとうございます。
今回のコロナワクチン接種対応業務は、既存自治体様よりご相談があった内容を元に業務フローの作成をいたしました。現段階で想定される業務内容をヒアリングし、自動化・効率化できそうな範囲をまとめたものとなります。本事例に関しましては、今後のご状況により活用範囲が変更となる可能性がありますので、あくまで活用術としてご参考にいただければ幸いです。

また、業務効率化に関するお悩みご相談ください!
弊社へのお問い合わせは<コチラ>までお願いいたします。

note.999【note記事問合せページ作成用1】

note.999【note記事問合せページ作成用2】


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
株式会社分析屋です。神奈川県で、データ分析の支援・代行を行っています。 https://analytics-jp.com