ぶれるめん
優しい雨の音とBGM。そして、詩的なショートストーリー
見出し画像

優しい雨の音とBGM。そして、詩的なショートストーリー

ぶれるめん

【イラストに物語つけてみた! 第二弾】の五作目。
儚く美しい世界観と、雨の音に合わせて描かれる「あまやどりの話」

作は【2号】が担当。


あまやどりの話

           

(イラストNo.62)

ある雨の日、彼が待ってたの

「傘、無いと思って」って

本当は折り畳み傘を持っていたけど

「ありがとう」って

傘に入れてもらったの

それから、何度も雨の日だけ待ってるのよ
わたし、いつからか雨の日が待ち遠しくなってね

でも、朝から雨の日はさすがに傘、持ってきてるもんね

待ってるわけ無いかと思って、傘をさして出たの

物凄い大雨
傘をさしていても足元から跳ね上がるような

たまらなくて、屋根のあるここに避難したの
そしたら、向こうからいつもの傘をさした人がこっちに歩いてきたの

嘘でしょ……、待っていてくれたの?

申し訳なさと、嬉しさで、胸が苦しくて
どうしよう、なんて言おう、何を話そう
近づいてくる傘を見つめながら思いを巡らせた

傘に当たる音が消えた

「待っていてくれたのに、ごめんなさい」

驚いた……
いつもの傘の下から出てきたのは、彼ではなく “あなた” だったんだもの

おわり

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「断れない提案をしてやるさ」
ぶれるめん
映画、舞台、小説、ゲーム、アニメなど 各業界で活動する作家・脚本家で構成されたチーム【ぶれるめん】です。 チームライティングならではの企画や作品を生み出していきたいと思っています。 応援よろしくお願いします!