lighthouseについて

24
記事

2020年3月14日(土)17〜19時 「本と暮らす/本で生きる」 tsugubooksとlighthouseの作戦会議

とても楽しみなイベントの開催が決定しました。さまざまな本の活動をしているtsugubooksさんを小屋にお招きして、いろいろお話ししてもらう、そして僕らはそれを聴いて自分の生活に落とし込む、という催しです。はやくも本音を言ってしまいますが、いちばん楽しみにしているのは店主です。いちばん生活に落とし込もうとしているのは店主です。ぐへへ......。

概要

日程:2020年3月14日(土)17:0

もっとみる
おすすめ本④『プリンセスメゾン』(池辺葵)
6

2020/02/23(日)15:00〜18:00「本屋発のカードゲーム”アメリカンブックショップ”で遊ぼうの会」

店主が営業予定表に「なんかやりたい」とボヤッとしたことを書いていたところ、books.on.the.grassさんが最高の提案をしてくれました。

ということで開催します。カード(ボード?)ゲーム大会!!

説明しよう!「アメリカンブックショップ」とは!!

ということで企画者の田中さんのツイート&noteをご紹介(小屋のひとはよくわかってないのだ!)(前から気になってはいたけど!!)。

しかも

もっとみる
おすすめ本⑦『主婦病』(森美樹)
11

2020年2月15日(土)12〜18時 仲西森奈1日店長「昨日、愛を渡せなかった/受け取れなかったあなたと、今日」

昨年末、彗星のごとく現れた出版社「さりげなく」から歌集『起こさないでください』を刊行した仲西森奈さんに、本屋lighthouseの1日店長を務めてもらいます。

そもそもこの本、というか出版社、仲西さんの短歌(の群れ)を読んだ友人が「これは本にしなくてはならぬ」と思ったところからスタートしたとのことで。とんでもねえじゃん。力、ありすぎじゃん。

そんな仲西森奈とはいったいどんな人間なのか。ここで本

もっとみる
おすすめ本⑩『人間をお休みしてヤギになってみた結果』(T・トウェイツ)
5

2020年1月11日(土)12〜18時 爪切男1日店長「何が起こるかわからない」開催です

『死にたい夜にかぎって』で全米(を主食にする国日本)デビューを果たした爪さんが、小屋の1日店長をしてくれます。同著書は昨年11月に文庫化され、連続ドラマ化も決定。波に乗っているどころかもはや波を起こしている感もある爪さんは、無事小屋での店長職をこなすことができるのか。開店準備や本の紹介ツイート、レジ打ち、世間話からの恋愛相談、自著へのサイン、他人の本へのサイン、お客さんが来ない不安との戦い、トイレ

もっとみる
おすすめ本⑩『人間をお休みしてヤギになってみた結果』(T・トウェイツ)
7

本屋lighthouse扱い本リスト(取引条件)

本の詳細はタイトルをクリックしてください。

全書籍共通事項
・買い切りのみ
・振込手数料は書店様ご負担

なお、現時点で振込可能な銀行は
・ゆうちょ銀行
・UFJ銀行
・三井住友銀行
・ジャパンネット銀行
の4つです。
各自、振込手数料がかからない銀行をお選びになってください。

また、取り扱い本を複数組み合わせて5冊(または4冊)以上になれば送料無料です。併せてご注文いただければと思います。

もっとみる
おすすめ本⑦『主婦病』(森美樹)
1

「こども読書ちょきん」をはじめます

現在本屋lighthouseでは「売上1点ごとに10円」を各種団体や個人に対して寄付をする取り組みを行なっています。

これに加えてもうひとつ、同じく「売上1点ごとに10円」を「こども読書ちょきん」に充てる取り組みをはじめます(つまり10円はこれまでどおり寄付に、さらに10円を「ちょきん」に、計20円分が当店から還元されることになります)。

詳細はこんな感じです。たとえば

・12月の売上点数が

もっとみる
おすすめ本⑦『主婦病』(森美樹)
55

「未読者会 Vol.1 ルシア・ベルリン『掃除婦のための手引き書』」を開催します。

概要

日時:2019年12月21日(土)16時〜17時30分
場所:本屋lighthouse(小屋)
参加費:2420円(『掃除婦のための手引き書』購入代金)
*積読中(=購入済み)の場合は本屋lighthouse店頭にある本を1冊以上お買い上げください
定員:5名(先着順)
申込方法:メール(books.lighthouse@gmail.com)または本屋lighthouseツイッター(@bo

もっとみる
おすすめ本⑧『ちいさい言語学者の冒険』(広瀬友紀)
4

「十七時退勤社のふたりとおでんを食べようの会」を開催します。

概要

日時:2019年12月14日(土)15時〜17時
場所:本屋lighthouse(小屋)
参加費:500円(十七時退勤社社員へのボーナスとなります)+各自のおでん代
定員:5名(先着順)
申込方法:メール(books.lighthouse@gmail.com)または本屋lighthouseツイッター(@book_lighthouse)のDMへ参加希望のメッセージを送ってください

イベ

もっとみる
おすすめ本⑨『アルティストは花を踏まない』(小日向まるこ)
4

2019年8〜9月の営業報告

9月上旬の台風直撃屋根ぶっ飛び事変の影響で8月の営業報告が伸び、さらにただいま絶賛食当たり中でございますがなんとかして2ヶ月分の報告を......今週末また台風来るの?復活させてくれ〜。おなかいて〜。

ということで文中に随時おなかいて〜が挿入されますが営業報告はじめますおなかいて〜。

まず寄付についてですが、今回は8,9月分をまとめて千葉の台風被害支援に充てました。この2ヶ月分の売り上げ点数は

もっとみる
おすすめ本③『来福の家』(温又柔)
10

こだまさんZINE「寝ないと病気になる」について

いきなりだが、『夫のちんぽが入らない』

の著者こだまさんと担当編集高石さんの協力を得て、しょうもないZINEを作ってしまいました。ので、売ります。あと、卸売もします。とりあえず簡単に中身の紹介。仕入れについては最後。

フルカラー24p、A5サイズ。

内容は

①こだまさんと高石さんの往復書簡、という名のただのDMのやりとり

→しょうもない会話はもちろん、文庫や漫画版についてのお話もしてくれ

もっとみる
おすすめ本⑧『ちいさい言語学者の冒険』(広瀬友紀)
25