見出し画像

4/1(木)〜4/30(金) 『あたらしい夜の花見』開催

日時:4月1日(木)〜30(金) 18:00〜21:00(4/22以降は〜22:00までを予定)

会場:下北沢 BONUS TRACK 広場
住所:世田谷区代田 2-36-15(下北沢駅南西口徒歩 5 分 / 世田谷代田駅徒歩 5 分)
クラウドファンディングサイト:
https://motion-gallery.net/projects/bthanami

BONUS TRACK 1周年

2020年4月1日の開業から早くも1年。開業直後に緊急事態宣言が発令され、テナントも半数は休業状態でOPENしました。BONUS TRACKとしては『散歩をしよう』というステートメントを出し、地域の方々にとって安心できる、散歩の途中の場所でありたいという思いから、ゆとりのある屋外空間を活かし、飲食のテイクアウト販売などの営業を続けました。

画像1

6月末には『はじめまして、BONUS TRACK展』というギャラリー展示を実施し、7月末に全テナントがOPEN。8月末には広場全体を使って『BONUS TRACK 夏市』を実施し、たくさんの近隣の方にお越しいただくことができました。10月には改めて『グランドオープン』と銘打ち、展示企画やマルシェイベントを多数実施し、冬の間も営業を続け、間もなく2年目を迎えようとしています。

『あたらしい夜の花見』とは

BONUS TRACKの1周年を華々しくお祝いしたいものの、これまでとは全く姿を変えてしまった社会で、どんなことができるのか。そう考えたときに、今の時代に合わせた、あたらしい形のお花見ができないかと思い立ち、このプロジェクトは始まりました。

▼3/31(水)まで実施中のクラウドファンディングサイト

今回、5名の映像作家に「桜」にちなんだ新作の映像作品を制作いただきました。それらを下記のような形で展開します。

画像7

🌸 BONUS TRACK現地
屋外壁面に1ヶ月間プロジェクターで映写します。
会期は、4/1(木)~4/30(金)の1ヶ月間。18時〜21時の間、様々なクリエイターの視点を通した「桜」を眺めながら、テナントが提案するお花見にちなんだメニューを皆さんで楽しみたいと思っています。

🌸 Web上
Youtube上でも作品を公開します。
現地に来られない方も「あたらしいお花見」を体験することができます。

🌸 イベントスペースやお店など、場所をお持ちの方
BONUS TRACKと同様に、投影イベントが実施することができます。

映像作品を「あたらしい桜」として、BONUS TRACKに来られる方も、そうでない方も、実際の場に集わずとも、同じ「桜」を見ながら、多くの人と一緒にお花見を楽しむことができたらと思っています。

映像作家について

今回のプロジェクトに向けて、作品を制作いただいた作家の皆さんです。

<岡江真一郎>

画像2

映像作家・アニメーション作家・音楽家
http://shinichirookae.com
アニメーションや映像と音楽を制作し、映像作品での発表や、それらを組み合わせたライブパフォーマンスでの発表などを行なっている。Eテレ「シャキーン!」内コーナー「ちりちりちられ」「にせ〜擬態のテーマ〜」など教育番組からミュージック・ビデオ制作などその他幅広く活動中。

でんすけ28号>

画像3

https://densuke28.com/
https://www.instagram.com/densuke28
1993年東京都生まれ。幅広い領域でのクリエイションを求め、様々な分野で企画,演出などを手掛ける。ビデオゲームのバグ的表現を用いて自身の既視感覚に基づいたイメージを可視化する作品の制作やキャラクターの運営、プロデュースなども行う。


<moi.>

画像4

アニメクリエイター
https://www.instagram.com/moi.yama/
1993年東京 日本大学藝術学部卒業。
2019年よりアニメーター、イラストレーター、映像ディレクターとして活動。

ery>

画像6

イラストレーター・トラックメイカー
https://www.instagram.com/erikatoike/
広告制作会社でグラフィックデザイナーとして3年間勤務の後、独立。ポップなイラストを中心に、グッズ制作や展示、楽曲制作など行う。「eryののうみそヘブンRADIO」のパーソナリティや、音楽ユニット「Ooveen」としても活動中。

シシヤマザキ>

画像6

http://shishiyamazaki.com/
水彩画風の手描きロトスコープアニメーションを独自の表現方法として確立。独特のピンク色を多用した作品は、シシピンクと呼ばれている。CHANEL、PRADAや資生堂などのブランドのプロモーションイメージの制作を担当し、世界的に活躍している。オリジナルアニメーション「YA‐NE‐SEN a Go Go」(2011)、「やますき、やまざき」(2013) は国内外問わず数多くのフェスティバルで上映され、反響を呼ぶ。2018年には、Forbes 30 Under 30 Asia – Class of 2018 に正式に選ばれる。芸術活動として一日一個の顔「MASK」を毎日作り続けるプロジェクトも行う。(2010〜現在)

2017年よりクリエイター集団「1980YEN」(イチキュッパ)のとして楽曲制作や各地でのライブパフォーマンス、アートプロジェクト等を行っている。2019年には陶芸作品を中心とした個展「舕 TONGUE」を原宿VACANTで開催。

BONUS TRACK内では、テイクアウトの飲食も楽しめる空間となっております。現地にお越しいただける方はぜひ合わせてお楽しみください。

🌸 BONUS TRACK現地での上映スケジュール
日時:4月1日(木)〜30(金) 18:00〜21:00(4/22以降は〜22:00までを予定)

会場:下北沢 BONUS TRACK 広場
住所:世田谷区代田 2-36-15(下北沢駅南西口徒歩 5 分 / 世田谷代田駅徒歩 5 分)

<コロナウィルス感染防止に関して>
● ご来場のみなさまへ
会場は屋外ですが、ご来場の際はマスクを着用し、会場に設置のアルコールで手指の除菌の上、ソーシャルディスタンス確保をお願いいたします。また、体調不良の方は来場をご遠慮ください。
みなさまが安心してお楽しみいただけるよう、ご協力よろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
9
下北沢駅と世田谷代田駅の間に2020年4月に誕生した新しいまち、ボーナストラックからのお知らせなどを更新していきます。https://bonus-track.net/