新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

予測不可能な時代だからこそ。

医療系人材紹介エージェントなので、
医師・看護師・医療従事者から
多岐に渡る相談を受けます。
 
その中で
“転職をした方が良いのか?留まる方がよいのか?”
という相談はやはり多いです。
 
相談を受けていて思うのは、
考えあぐねた結果、
私どもに相談しにいらっしゃるということ。
 
だからか、お話を伺っているうちに
皆さん、サッパリ(^-^)とした表情になっていかれます。

■  共通しているのは。

 
自分で考えあぐねた結果、
私どもとの面談を希望し、
足を運んでらっしゃいます。

 
医療従事者ではないけれど、
医師や看護師の転職相談にのり、
自分と同じ資格を持っている人が
どんなキャリアを歩んでいったのか?
 
そんな医師・看護師の姿を
間近で見ているエージェントに話を聞いて、
自分のこれからを、自分で決めようと思っている方たち。
 
 そんな皆さんとお目にかかり、
お話を伺って感じたのは、
留まる人と、外にでていく人の
違いはなんだろう???と。

 

■  外に出ていく人・転職を決める人


 DEPOCの初回面談は、
ある程度の時間を頂きます。
 
忙しい医師や看護師さんとは
なかなかお目にかかれない。
 
ここ3年位は、
新型コロナウイルス感染症(COVID‑19)で
より一層現場は大変なことになっているので、
お目にかかった際には、じっくりお話をお聞かせ頂きます。
 
 
じっくりお話を伺う中で、
・職場環境
・自分がモヤモヤしていること
・どうして、その職場に就職したのか等
エージェントとして知っておきたいことを
質問していきます。
 
そうすると、
・今の職場で不満を頂いたまま、仕事をしていくのか良いのか?
・国家資格もあることだし、不満を頂いたまま仕事をしていく必要はないし、自分の精神衛生上良くない。。
・働き方を変える時機かも??
といった様な考えが、頭に浮かぶ様です。
 
が、ここで“今の病院を辞めよう!”と即決する方はおらず、
とりあえず、モヤモヤは不満を抱えながらも、
ある程度働いてきたんだよな~、
こんなこともあんなこともしてきたんだよな~と
想い出話と共に、胸の内を明かして下さいます。
 
で、その日の面談は終了となり、
面談での内容を持ち帰って頂き、
自分自身の気持ちを今一度確認して頂きます。
 
ご家族がいる方であれば、
ご家族とも話あって頂き、
後日どうされるか?の連絡を頂きます。
 
「転職を視野にいれて動きます。」
 
「その決断をされたのはどうしてですか?」
と理由を伺う様にしています。
 
その理由は、自分の決断を他人に話すことで
自分自身で腹落ちして貰うためです。

 
「これからも、この職場はきっと何も変わらない。
 変わらないから、自分のモヤモヤも消えないだろうし、
 一瞬消えたと思っても、それは一瞬だけ。
 組織として変化を好まないのはわかっている。
 だったら、自分が心地よいと思える職場にいくだけ。」
 
“これから”に希望を持てないとき、
国家資格者でもある医師や看護師は、
外の世界にでていく決断をしているとも言えます。

 

■  留まる場合。


 外の世界にでていく転職を選択した方は、
職場環境や組織が変わらないことに、
不満を持っていたともいえます。
 
ですが、なかには相談を頂き、面談を経て、
色々と考えた結果、その職場や組織に
留まる方もいらっしゃいます。
 
留まる選択をされた方にも、理由を伺います。
 
「届まる決断をされた理由を教えて下さい。」
 
他人に話すことで、
自分の言葉に責任を持つ意識が
生まれると考えています。

 
「まだこの職場でやれることがあると思う。」
 
「新しい職場で変化の波にさらされるよりも
 この職場で多少のストレスがあっても
留まった方が良いと思った。」等
 
理由は色々とありますが、
留まる決断をしたということが、 
ご本人にとっては
とても大事だと思っています。

 
また、よくよく伺ってみると、
留まる決断をされた方たちは、
ストレスはあるけれども、
我慢ができる状態でもあることに
気づけたとも仰っていました。
 
 
紹介会社に相談すると、
絶対転職しないといけない!と思い込んでいる
医師・看護師の方が、時々いらっしゃいますが、
そんなことは決してありません!
 
ご自身がどうしたいのか?
 
そこが一番大事だし、大切だと
私どもDEPOCは考えています。

 ■  予測不可能な時代だからこそ。


 自分で決断することが、
とても大切ですし、大事だと思っています。
 
医師・看護師は国家資格取得者でもあるので、
就職先や転職先には困らない一面もあります。
 
ですが、私どもとお付き合いのある医療機関の中には、
転職歴が多いかな?と思われる医師・看護師については、
お断りされるケースもありました。
 
職歴は、自分自身が思っている以上に、
自分が歩んできた道を示しています。

 
言葉が適切ではないかもしれませんが、
職歴は、あなたの仕事に対しての取組み方等を
他人が推測できる代物でもあります。
 
予測不可能な時代だからこそ、
色々な情報を集め、色々な話を聞き、
自分で決断することが大切です。

 
そして、医療系人材紹介エージェントとして
医師・看護師の皆さんにお伝えしたいのは、
“医療機関は変化を好まない権化でもある”
ということ。
 
組織として変化していかないとね~
と言いながらも、
なかなか変わらないのが医療機関でもあります。
 
もちろん、なかには積極的に色々なことに取り組んでいる
医療機関さんもありますが、正直、稀です。
 
ご自身が所属している医療業界は
変化を好まない業界でもあること、
だからこそ、変化しがいがある業界でもあります。

 
その辺りも踏まえて、
ご自身がどうしたいのか?を考えていくと、、
必ず、心地よい環境に繋がっていきます。
 
中長期的なキャリアを考える機会が欲しいな~と思っている方、
是非、私どもにご相談下さい。
 
以上

Facebook https://www.facebook.com/depoc.tensyoku
Twitter https://twitter.com/depoc_tensyoku  
 

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
DEPOC 梅澤 (医療系人材紹介エージェント)

医療系人材紹介エージェント。日々、医師や看護師さんとお目にかかり、思うことや、自分がお邪魔して、こちらに人材を紹介したいな~と思う、医療機関さんが募集している人材情報を掲載していきます。あとは、自分の趣味のダイビングのことも書いて参ります。医療系で海好きの人と繋がりたいです。