“私とつながる”静寂と癒しの空間|Think Space鎌倉
見出し画像

“私とつながる”静寂と癒しの空間|Think Space鎌倉

bluecode株式会社

ゆっくり進む電車の窓の向こうに、きらきら反射する波。
通り過ぎるサーファーや学生たち。やっぱり江ノ電っていいなぁ。

湘南の住人になったような気分を味わいつつ、稲村ヶ崎駅で下車。
今回の目的地、「Think Space鎌倉」は駅から歩いて5分ほどのところにあります。

マインドフルネス×コワーキングスペース

Think Space鎌倉は “私とつながるコワーキングスペース” として、2017年6月に稲村ヶ崎にオープン。

画像3

マインドフルネスとコンパッションを軸に、空間やイベントなどの体験を通じて、静かに自分と向き合う時間を提供しています。

マインドフルネスとは
今という時間に集中すること。
次第に心が穏やかになり、集中力が高められると、ビジネスパーソンの間でも人気。
コンパッションとは
自分や他者の心と苦しみに寄り添うことで、思いやりを育み、共感力を高める。
Compassionの和訳は、思いやり、慈悲、同情。語源は「一緒に苦しむ」という意味のラテン語。

体験するすべてがデザインされた空間

Think Space鎌倉は、もともと陶芸家が住んでいた古民家をリノベーションしたコワーキングスペース。
いわゆる “一軒家モノ” に共通するホッとくつろげる雰囲気を持ちながら、足を踏み入れたときの静寂さは、まるで禅寺に来たかのよう。

画像12

それもそのはず。灯り、家具、音、香り、ここにあるすべてのコンテンツが「自分とつながる時間」を過ごすために、オーナーの岩濱サラさんによってデザインされています。

画像11

ワークしながら禅-ZEN-をする

仕事を始めてしばらくすると、うっすら聞こえていたBGMと虫の声が少しずつ自分と一体になっていくような感覚に。

画像16

頭がクリアになり、雑念が消えていく。
これがゾーンというものかも・・・。
それとも、禅?

火をめでる囲炉裏の間

癒しの調度品に囲まれた空間で、ひときわ存在感を放っているのが囲炉裏

画像13

冬になると毎日炭をくべ、火を起こしているという囲炉裏は、岩濱さんによるワーケーションプログラム「音瞑想&囲炉裏焙煎茶プログラム」にも活用されています。

その内容は、クリスタルボウルなどを使った音の瞑想によって深いリラクゼーションへと導き、瞑想後に囲炉裏で焙煎した緑茶を味わうというもの。
15~30分ほどのプログラムなので、気軽に体験できるのも魅力です。

画像5

▼ 仕事の質が高まるワーケーションプログラム ▼

画像1

集中できるワーキング&リビングエリア

画像2

1階はワーキングエリア。
囲炉裏の間のほか、ふたつのエリアがあります。

カウンターテーブルの土間エリア

画像14

畳の間は、思わずごろりと寝たくなる癒しの空間。

画像17

ちょっと仰向けになってみてください。
格子状の天井と和の照明が、さらなる自分の世界へと誘います。

画像10

2階はリビングエリア。
シャワールーム完備。稲村ヶ崎の海で遊んだあとは、シャワーをあびてリフレッシュできます。

画像7

三面窓から明るい光が差し込むROOM-A(定員2名)。
1時間から貸切利用可能です。

画像18

より深く集中できるROOM-B(定員1名)※プレミアム会員限定

画像17

商談の場としてつかう

一棟まるごと貸切できるので商談やミーティングにもおすすめ。
靴を脱ぎ(重要ポイント)、四季の美しさを目に囲炉裏を囲んで対話するうち、心の距離がグッと近くなるはず。

また、誰にも邪魔されない空間は重要な商談をするのにピッタリです。

社内コミュニケーションの場としてつかう

画像16

チームビルディングにワーケーションを取り入れてみては?

思い思いに過ごすのも、囲炉裏の火を見ながらメンバーと語り合うのもいいですね。互いに知らなかった一面に出会えたり、ビジネスアイディアが生まれるかもしれません。

コワーキングスペースという言葉では括れない

まだまだ書きたいことがいっぱい!
まずは一度、Think Space鎌倉を訪れてみてください。
“私”がやりたいこと、大切にしていることに、あらためて気づくかも。

Think Space鎌倉
神奈川県鎌倉市稲村ガ崎2-10-21
TEL:0467-37-9624
営業時間:8:00 – 21:00

画像17


画像6

オーナーの岩濱サラさん
マインドフルネス・アーキテクツ株式会社 代表取締役CEO


bluecodeへのスキありがとうございます!
bluecode株式会社
海好きが集まる自由なIT会社🛥️🏄「bluecode(ブルーコード)」です。 湘南・横浜エリアの海に関するトピックスを中心に、楽しいと思うモノコトを発信します。