note編集部|株式会社バイオフィリア
ペットフードD2Cに注力するバイオフィリアが抱く想い、今後の事業ビジョン
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ペットフードD2Cに注力するバイオフィリアが抱く想い、今後の事業ビジョン

note編集部|株式会社バイオフィリア

こんにちは!バイオフィリアで広報を担当している松村です。今回は、バイオフィリアの代表岩橋に「ココグルメは3周年を記念」として、これまでの会社設立の背景や今後の事業展望をインタビューしてみました!

バイオフィリアに興味をもっていただいている方々に向けて、起業の背景やペットフード市場、バイオフィリアが目指す姿についてまとめていますので、よろしければ最後までお付き合いください。

ドッグフードの「ココグルメ」はリリース3周年!

お皿にのったココグルメを見つめる犬
ココグルメは2022年6月22日で3周年を迎えました

松村(広報)
6月22日でココグルメは3周年を迎えましたね。おめでとうございます!
バイオフィリアを知らない方に向けて、ここまでの道のりについて振り返りをお願いします。

岩橋(代表)
おかげさまで2022年6月で弊社の提供する「ココグルメ」は3周年を迎えることが出来ました。多くのお客様やワンちゃんにご愛顧いただき3周年を皆様と迎えることができて大変感謝しています。

2017年8月、私は「人が本来持つ動物への愛情を信じ、動物の幸せを通して人や社会全体が幸せになること」を目指してバイオフィリアを設立しました。当初はペット市場の構造自体に詳しい訳ではなく、広告メディア事業などを皮切りに様々な挑戦や失敗を繰り返しながらこのペットフード事業に辿り着いたのですが、ここまでの道のりは決して簡単なものではなかったですね。様々な試行錯誤を会社のメンバーや取引先の皆様などと供に乗り越えながら、粘り強く前進し続けてきたからこそ、今があると思っています。

ココグルメリリース3年間の軌跡
ココグルメリリース3年間の軌跡

松村
なるほど。一筋縄ではいかなかったことは過去(2019年当時)のインタビューを見てもうかがえますよね…。苦笑。開発責任者でもあった岩橋さんとしては、やはり感慨深い思いもあるのでしょうか?

岩橋
そうですね。私たちの作る「ココグルメ」を愛用いただくことでワンちゃんの食欲が回復したり、体調が良くなったというお話をお客様から寄せていただく機会も増えてきました。
今まで私たちがやってきたことは間違っていなかったと確信できるようになりましたし、更にこれからも多くのお客様に末長くご利用いただきたいと考えています。そのために新しい商品開発や製造・品質等へもより一層力を入れていかなくてはいけないと思っています。

昨年末には約5.6億円の資金調達を行い、優秀な社員の採用やマーケティング強化に尽力しています。すでに製造部門では、大手食品メーカーや化粧品メーカーで活躍していたメンバーが集まってくれています。特に人向けの商品開発で培ったスキルや経験をもとに、ココグルメだけでなく6月28日に発売を開始したミャオグルメ(キャットフード)の開発・改良も着実に進んでいます。
また、お客様の声を取り入れるマーケティングやカスタマーサポートなどによってお客様に喜ばれる商品やサービスを追求するため、日々改善や新しい取り組みを進めています。

松村
ココグルメがお客様に受け入れてもらえて、会社としても着実に成長してきていますよね。個人的にもキャットフードの販売もとても楽しみにしてます。

約20兆円!巨大なペット市場を狙う

社内インタビューに応える代表岩橋
社内インタビューに応える代表岩橋

松村
改めての質問になるのですが、ココグルメが狙っている市場ってどんな規模なんですか?ペット業界を知らない方にもわかるようご説明お願いします!

岩橋
「ペットフードビジネス」と聞くと、多くの方はニッチな印象を持たれるかもしれませんが、実は国内外の市場動向に目を向けてみると非常に有望な市場なんです。

<国内外の市場規模>
・国内のペットフード市場規模は1,5兆円
・特に高価格帯の市場がCAGR3.4%成長で800億円
・グローバルのペット市場規模は20兆円
・生活水準の向上に伴い、東南アジアでの成長が著しい
・中国はCAGR20%超の市場で5兆円超

皆さんもご存知の通り、日本においてはペット向けの住居・旅行・衣類・サロン・フードなど様々なペット関連ビジネスが広がってきています。特に国内のペットフード市場は5000億円規模と大きくなってきています。

松村
なるほど、ペット業界が成長産業だということは伝わってきました!笑
ところで、最近、業界内で良く聞くようになってきた「フレッシュペットフード」という言葉があります。

バイオフィリアでは「手作りごはんで、一生愛そう。」というテーマをかかげ、ココグルメのことを「ライフディッシュ」と呼ぶようにしてますよね。
ココグルメって、これまでの一般的なドッグフードと何が違うのでしょうか?

3周年を記念してリニューアルしたココグルメの新コンセプト「ライフディッシュ」

岩橋
ライフディッシュという言葉には「一生の健康と幸せをかなえるご飯」という意味を込めてリブランディングチームで命名しました。これから社外への発信にも積極的に使っていこうと思っています。

一般的にペットフードは、ペット用として人が食べる食品とは明確に区別して製造されており、原材料や品質などの基準は全く異なることが業界の慣習でした。そんな中、これまでのドッグフードとは一線を画したライフディッシュを提供するのが我々のビジネスの特徴です。旧来のペットフード業界の慣習に風穴を開けて、全く新しい顧客を創造するビジネスモデルが私たちの成功要因になっています。

パイオニアからリーディングカンパニーへ

「ペット業界のパイオニアからリーディングカンパニーへ」と話す岩橋
「ペット業界のパイオニアからリーディングカンパニーへ」と話す岩橋

松村
よければペットフード市場の魅力やバイオフィリアの立ち位置、現状などを教えてほしいです!

岩橋
国内では一緒に住むペットを家族同様と考えて、積極的に高価格帯の商品を購入するお客様が多くなってきています。すでに、ペットフード市場については、市販されているペットフードだけではなく、プレミアムフードへのニーズが高まり、飼っているワンちゃんやネコちゃんの健康や味の美味しさを最優先に考えられた商品に注目が集まってきています。

グローバルに目を移してみても、中国や東南アジアを筆頭に経済成長が著しい国と地域では、ペット関連商品への消費は旺盛になっており数兆円規模にまで膨らんでいます。海外ではペット系スタートアップが多く生まれてきており、ベンチャーキャピタルからの投資も集まってきている状況です。

将来、バイオフィリアも株式上場後は、国内市場だけではなく、海外の市場にも挑戦できるような商品開発力とマーケティング力を身につけて「ココグルメ」をライフディッシュの「グローバルNo.1ブランド」に育て上げていきたいと考えています。複数ブランドを展開しつつ販路拡大を行い、まずは日本国内におけるペットフード事業のリーディングカンパニーを目指します。

松村
ちなみにココグルメってどれくらい成長しているんですか?

岩橋

おかげさまでココグルメは発売当初の2019年から会員数7万人以上まで成長してきました

直近3年はご覧のように拡大してきており、「ココグルメ」は国内のライフディッシュとしての地位を確実に築こうとしています。ペット関連市場の巨大さに比例して、バイオフィリアが切り開く事業のポテンシャルはとても大きいと言えるのではないでしょうか。

また、景気変動に強いコンシューマーの市場の中でも特に安定感があるのもペットフード市場の特徴です。現に2008年のリーマンショック時もペット関連市場の落ち込みは、ほぼありませんでした。例えば、赤ちゃんの粉ミルクと同様に、購買者と受益者が別のため、一度気に入った商品や相性が合った商品は、高いリピート率になる傾向があります。

昨今の新型コロナ感染拡大やインフレリスクが高まる中でも、安定的に需要が見込めるこの事業には着実に成長できる潜在力があると考えています。

松村
なるほど!ペット市場は、独自の魅力があり、まだまだ成長余地のあるポテンシャルが高い市場ということですね。今後はどういう成長戦略を描いているのでしょうか?

新商品キャットフードのミャオグルメを食べている猫
キャットフード「ミャオグルメ」は6月28日に発売開始しました

岩橋
そういった中で、高価格帯ドッグフード領域以外の、周辺領域の立ち上げも私たちは推進しています。国内初で猫向け手作りフレッシュフード「ミャオグルメ」をローンチし、着実に商品ラインナップを拡充しています。「ココグルメ」のような既にポジショニングが確立された領域だけでなく、今後展開できる領域が複数あり、安定性と成長性を兼ね備えた事業発展を私たちは目指しています。

今後の課題 = 組織拡大

松村
これまでのお話でペット市場について、そしてバイオフィリアの考えるココグルメの現状と未来についてよくわかってきました。そんな中で今1番の会社の課題って何になるのでしょうか?

岩橋
バイオフィリアは、昨年比250%以上の事業成長(2022年1月時点)を続けながら、主力商品は順調に市場に受け入れられております。ただし、グローバルNo.1ブランドを目指すためには圧倒的な事業成長を支えるための組織の構築が不可欠です。

簡単に言うと人で不足ですね。笑 なので、事業を拡大していく上で必要となる全ての職種で人材を募集しています。

松村
どんな人に来てほしいのか、人物像だったり価値観だったりを教えて下さい!

岩橋
一緒に働く方には、「Our Mission」への共感はもちろん重要ですが、様々な事業や複数ブランドで活躍いただけるプロフェッショナルを歓迎します。

Our Mission〜】
1. 全ての動物を幸せにする
2. 動物の憂う全ての人たちを幸せにする
3. 全ての人たちを動物と共に幸せにする

【求める人材】
1. 既存のやり方をアンラーニングしていける方
既存のやり方や自分の知見だけでは継続的に事業は成長できないので、様々な人と協力して、固定観念に縛られない発想を持ち、自己研鑽に努めることができる方を歓迎しています。

2. 自分から仕事を作っていける方
新規事業では課題が山積み。乗り越えなければならない問題もたくさんあります。そこで課題や問題を見つけて指摘するだけでなく、実際に自ら解決するために行動できる方を歓迎しています。

3. 10年のスパンで社会を変える意思を持てる方
スタートアップで仕事をする以上は、社会の常識を変えることに前向きで、自分の仕事が社会をより良くすることに繋がっていると信じることができる方を歓迎しています。

バイオフィリアと一緒に成長してくれる仲間を募集中!

オフィスにてバイオフィリアのロゴとともに写る代表岩橋

松村
ありがとうございます!動物たちのためにプロフェッショナルな人材になれるようがんばります。笑 最後に一言、読者の皆様へお願いします。

岩橋
ワンちゃん、ネコちゃんは家族にとってかけがえのない大切な存在。
「動物たちの命を、一生を見つめること」
私たちの製品によって全ての動物を幸せにする、そんな大きな使命を持っています。

同じような思いをもっている方、一緒にバイオフィリアと成長してくれる仲間を募集しています。ご応募お待ちしております!

2022年3月に引越した新オフィスでの集合写真
2022年3月に引越した新オフィスでの集合写真

[参考記事]


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note編集部|株式会社バイオフィリア
株式会社バイオフィリア、note編集部です🐶 弊社では、手作りドッグフード「CoCo Gourmet」や 飼い主向けアルバムアプリ「ぺっとる」を作っています。 会社のことなど諸々書こうと思っています! よろしくお願いします!