紅玉いづき

基本保存用ですが、予告なく整理したりもします。

紅玉いづき

基本保存用ですが、予告なく整理したりもします。

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    企画合同誌『少女文学 第一号』刊行

    通販を開始いたしました 栗原ちひろの栗原移動遊園売店にて。 栗原ちひろさんの長編文庫、小野上明夜さんの長編文庫もご一緒にどうぞ。 2019/5/12(日)COMITIA128 東京青海展示棟Aホール F01a「少女文学館 本館」,F01b「少女文学館 別館」 (合同サークルです。会計はどちらでもお受けします) A5サイズ表紙含146p イベント頒布価格1000円 「少女文学 第一号」表紙イラスト・森倉円 執筆者・掲載作 紅玉いづき 「ぺぺ、あなたの小説を読ませて。」 小

    スキ
    41
      • 企画合同誌『少女文学 第五号』刊行

        2022/05/05(木)COMITIA140 東京ビッグサイト東1ホールし39ab「少女文学館」頒布予定 通販はイベント後入荷次第栗原移動遊園売店にて。 また店舗販売がPASSAGEさんでも予定しております。 A5/120P/フルカラー表紙/オフセット/通販価格1100円予定 「少女文学 第五号」 表紙イラスト・いとうのいぢ 執筆者 ■特集 神尾あるみ 小野上明夜 栗原ちひろ 紅玉いづき 彩坂美月 市川珠輝 榎木洋子 桜井美奈 佐々木禎子 東堂杏子 野梨原花南 本宮こ

        スキ
        18
        • 居酒屋「少女文学倶楽部」新年福袋号 #少女文学館

          ──ここは居酒屋「少女文学倶楽部」。夜な夜な少女文学の愛好家が集まる店だといふ。ここで見聞きしたことは、決して他言無用のこと。今夜はどうやら、年忘れの宴が行われているようで…… 2年ぶりコミティアマグロ漁紅玉:あーーーーーけましておめでとーーーーーーーー!!!!!!!!!(ババン 栗原:今年も~~~よろしくお願いしまぁぁぁぁす!!!!(スパークリング日本酒) 神尾:あけました! おめでとうございます!! 小野上:あけおめでーす、一発目はシャンパンでも! 紅玉:この収録をして

          スキ
          21
          • 「サーカス団長 シェイクスピア」と「星の階段」そし少女サーカスラジオ

            2021年末より、WEB投稿サイトカクヨムにて、「サーカス団長 シェイクスピア」の連載を開始いたしました。 これは商業作品「ブランコ乗りのサン=テグジュペリ」の続編であり過去編にあたります。わたしの個人的な連載となっており、現時点での商業化の予定はありません(ご相談いつでもお待ちしています🎪) 商業の合間を縫って、長い時間をかけて(ほんと数えるのもこわいくらい)書いてきた話が、みなさんの応援を得て、これから最終章にさしかかります。 そんな中、先日声優の川上千尋さんと一緒に

            スキ
            15
            • 企画合同誌『少女文学 第五号』刊行

              スキ
              18
              • 居酒屋「少女文学倶楽部」新年福袋号 #少女文学館

                スキ
                21
                • 「サーカス団長 シェイクスピア」と「星の階段」そし少女サーカスラジオ

                  スキ
                  15

                マガジン

                マガジンをすべて見る

                記事

                記事をすべて見る
                  • 『少女文学館』福袋&動画CM公開

                    あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 サークル『少女文学館』から、新年のご挨拶として、福袋をご用意いたしました。 頒布開始は、2022年1月27日(木)夜9時を予定しています。 以下主な内容物です。 居酒屋「少女文学倶楽部」福袋用冊子 A5/16P/中とじ いつもイベント時に無料配布している対談冊子の新年福袋版です。 いつものように、配布後再編集され、WEBに掲載されます。「本は読んでないけど居酒屋読んでる」という奇特なファンもいらっ

                    スキ
                    11
                    • #池袋裏百物語 あとがき

                      「怪談なら、いいですよ」 と言ったのは、どれくらい前のことだったか……。 とにかくそういうことになって、こういうことになった。怪談が好きで、ずっとかなり、めちゃくちゃ好きな方、だと思うんだけど、あまり書くことがなく過ごしてきて、今回書かせていただける運びとなった。 くわしいここまでのいきさつは割愛するけれども、そんなわけで、書くことになったのが怪談企画の「百物語、あといくつ?」であり、「池袋裏百物語」であった。 ここまでは前振りで、ここからは単純に、宣伝告知です。 なには

                      スキ
                      26
                      • 愛するもののために祈れるか ──ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』

                         知らないというのはちょっと恥ずかしい。でも、積極的に求めるほど、自分が好きそうだとは思えない……。それがシェークスピアの「ロミオとジュリエット」という作品に対する、素直な感情だった。学生時代にまともに触れたのなんて、演劇部の長台詞暗記くらいで、暗記が嫌いな私はいつも全然出来なくて仲間達に呆れられていた。  それから演じる方ではなく、観る方の演劇を好きになって、名作と呼ばれるものには呼ばれるだけのゆえんがあるのだとしみじみ感じた。  でも悲恋、悲恋なぁ……という気持ちがあっ

                        スキ
                        25
                        • 黒ヤギさんがお手紙食べても──ファンレターのこと

                           少女時代の文通のことを小説に書いたのは、ガーデンロストだった。  他にもあったかな。文通ではないインターネットのことは、結構書いたけど。他に……ああ、ちょうど今、手紙がよく出てくる小説を書いている。今っていうかずいぶん長い間……。世に出るかは、ちょっとわからない。  私はこの令和の時代も、手紙をよく書く方の人間だと思う。日常的ではないけれど、気持ちが昂ぶると手紙を書くし、一筆つけて物を送ることも多い。  字が汚くて、作法もろくに知らないけれど。  SNS隆盛のこの時代には、

                          スキ
                          36
                          • 居酒屋「少女文学倶楽部」御礼特別回 #エアコミティア #少女文学館

                            ──ここは居酒屋「少女文学倶楽部」。夜な夜な少女文学の愛好家が集まる店だといふ。ここで見聞きしたことは、決して他言無用のこと。今日も、超常的な力でソーシャルディスタンスがとられながらの宴会が行われているようで…… 栗原:ううっ……(ノートPCとレモンサワー抱えてくる)原稿おわらん 紅玉:おつかれさまです!! へい電源とWi-Fi一丁! ……って、今回ずいぶん遅い開始じゃない????? 神尾:ソウデスネ。遅いですね。 小野上:誰のせいかなぁ~ 栗原:遅刻者を遅刻にしないための

                            スキ
                            32
                            • 『少女文学第四号』サンプル #少女文学館

                              扉ロゴ ゆき哉  illustration CUT ☆  テーマ「少女×戦争」 「戦場にも朝がくる」 雪の降る街で生まれた。そのことはもうすべての象徴だった。ここにはもう、いいことなんかなにもないということの。はじまった時から終わってる人生の。  毛穴を殺したはずの肌を、ずうっと焼かれる前のチキンみたいにブツブツにして、唇が不味そうなチョコレート色になるような冷たい空気の中で生きてきた。リップひとつも色つきじゃないと用をなさなかった。本当は、ここは、人間住むところなんかじゃ

                              スキ
                              19
                              • 居酒屋「少女文学倶楽部」四号刊行記念 #少女文学館

                                ──ここは居酒屋「少女文学倶楽部」。夜な夜な少女文学の愛好家が集まる店だといふ。ここで見聞きしたことは、決して他言無用のこと。今日は、超常的な力でソーシャルディスタンスがとられているようで…… BGM~千の風になって紅玉いづき(紅玉):ふぅ……。これでいいか……。(穴の前でスコップを置き 栗原ちひろ(栗原):今回の会場はここかな?(一升瓶抱えてやってくる) 小野上明夜(小野上):お邪魔しまーす。何埋めてきたの? 神尾くん? 紅玉:これが私の入る穴です!!!!!!!!!(絶叫

                                スキ
                                36
                                • 企画合同誌『少女文学 第四号』刊行

                                  新刊ただいまBOOTHにて入荷完了。品切れの場合も今後重版分が入荷予定です。 お手元に届くまで2週間~1ヶ月ほど見て頂けると幸いです。 既刊も頒布しております。この機会に是非。 A5/178P/フルカラー表紙/オフセット/通販価格1100円 「少女文学 第四号」 表紙イラスト・梶原にき 『少女のための』文学同人誌「少女文学」の第四号です。 巻頭およびノンテーマに、新たなゲストを迎えました。 『少女文学館』一同の新たな戦いをご覧下さい。 執筆者・掲載作(敬称略) 特集『

                                  スキ
                                  32
                                  • 居酒屋「少女文学倶楽部」#少女小説ガイド おめでとうございます編

                                    ──ここは居酒屋「少女文学倶楽部」。夜な夜な少女文学の愛好家が集まる店だといふ。ここで見聞きしたことは、決して他言無用のこと。今日は、どうやら客の少ないほぼ貸し切りの様子で…… 紅玉いづき(以下紅玉):「いい鰤入ってますよ~寒くなってきたねぇ~」(トントントントン) 小野上明夜(以下小野上):おっコロナに負けずにやってるね大将? お邪魔します~ 紅玉:うちはソーシャルディスタンス居酒屋でーい。飲み物なににいたします~? 小野上:とりあえず梅酒で。あとから蕎麦も出前されるらし

                                    スキ
                                    26
                                    • 居酒屋「少女文学倶楽部」#よるのこえ 後夜祭編

                                      ──ここは居酒屋「少女文学倶楽部」。夜な夜な少女文学の愛好家が集まる店だといふ。ここで見聞きしたことは、決して他言無用のこと。今夜は少し、店内の雰囲気も違っているようで…… 神尾あるみ(以下神尾):今日は先に入って待ってよう。(スイカを食べながら) 紅玉いづき(以下紅玉):うわっカブトムシかと思った 神尾:カブト虫は愛してますが、私もカブト虫になっちゃうとカブト虫への愛が歪んじゃうっていうか……。スイカはうまい 栗原ちひろ(以下栗原):大人は夏だからって冷たいものを取りすぎ

                                      スキ
                                      17
                                      • 居酒屋「少女文学倶楽部」#よるのこえ 前夜祭編

                                        ──ここは居酒屋「少女文学倶楽部」。夜な夜な少女文学の愛好家が集まる店だといふ。ここで見聞きしたことは、決して他言無用のこと。今日も、どうやら人の客の少ないほぼ貸し切りの様子で…… 朗読イベントあるいはついに、欠席裁判紅玉いづき(以下紅玉):ソーーーーーーーーーーーーーーシャルディスタンス!!!!! この飲み会は!!!!!! オンライン上で密を避け、安全に行われております!!! 栗原ちひろ(以下栗原):どうも~~(馬の仮面つけて手を振りつつ)……。嘘。手慣れた様子で書斎にい

                                        スキ
                                        29
                                        • 朗読配信イベント少女文学館✕俳優✕最善席 朗読劇「よるのこえ」#少女朗読館

                                          イベントのおしらせです。 現在サークル「少女文学館」では、#少女朗読館というタグにて、合同誌少女文学の一部を、朗読用として開放しています。 今回、こちらの企画から派生して、わたしもレビューを寄稿している観劇ファンポータルサイト最善席さんと、朗読配信イベントをさせていただくことになりました。 タイトル:少⼥⽂学館✕俳優✕最善席 朗読劇「よるのこえ」 公演日:2020年7月18日(土)20時開演 無観客生配信  ※アーカイブ配信あり(期間限定 チケット:1800 円+税 会場

                                          スキ
                                          24