Bearwear(band)

Tokyo Indie rock/Emo band東京で活動するインディエモバンドBearwear。Kazma(作詞・ボーカル)、Kou(作曲・ベース)

Bearwear(band)

Tokyo Indie rock/Emo band東京で活動するインディエモバンドBearwear。Kazma(作詞・ボーカル)、Kou(作曲・ベース)

    マガジン

    • Bearwearの活動

    • Bearwear 楽曲解説/歌詞対訳

      Kouによる楽曲解説とKazmaによる歌詞対訳&解説 Bearwearの楽曲を掘り下げていく

    • コラム

    ストア

    • 商品の画像

      Bearwear × SLEEPYY Hoodie SMOKY PINK (Glow in the dark)

      Bearwear Hoodie “SMOKEY PINK (Glow in the dark)” Design by Onodera Tsutomu (SLEEPYY) United Athleの12.0oz ヘヴィーウェイトプルオーバー。厚手で裏起毛素材。 蓄光インクで光を吸収して暗闇で光ります。 COLOR: SMOKEY PINK SIZE: XL, XXL
      7,000円
      bearwear (official shop)
    • 商品の画像

      The Incomplete Circle Bundle Set

      ・Bearwear×SLEEPYY HOODIE ・CHMBR MAG Vol.4 ・1st Album『The Incomplete Circle』
      9,000円
      bearwear (official shop)
    • 商品の画像

      Bearwear × SLEEPYY Hoodie SMOKY PINK (Glow in the dark)

      Bearwear Hoodie “SMOKEY PINK (Glow in the dark)” Design by Onodera Tsutomu (SLEEPYY) United Athleの12.0oz ヘヴィーウェイトプルオーバー。厚手で裏起毛素材。 蓄光インクで光を吸収して暗闇で光ります。 COLOR: SMOKEY PINK SIZE: XL, XXL
      7,000円
      bearwear (official shop)
    • 商品の画像

      The Incomplete Circle Bundle Set

      ・Bearwear×SLEEPYY HOODIE ・CHMBR MAG Vol.4 ・1st Album『The Incomplete Circle』
      9,000円
      bearwear (official shop)
    • もっとみる

    最近の記事

    オリジナルのクラフトビール『drunk stories』を作りました

    drunk stories なんと僕らBearwearのオリジナルのクラフトビール『drunk stories』が出ます。ビールブリュワリーCRAFTROCK BREWINGとのコラボ。9月2日(金)に新宿MARZにて開催するBearwear初のワンマン公演『Bearwear ONE MAN SHOW 2022』にて開栓します。 ジンに使うボタニカル粕を投入し香り付けをした、様々なスパイスの風味を感じれる明るく華やかなIPAビール『drunk stories』。Bearwe

    スキ
    7
      • The Incomplete Circle|不完全な円

        The Incomplete Circleついに1stフルアルバム『The Incomplete CIrcle』をリリースしました。昨年2021年まるまる1年かけて作り上げた15曲49分の大作。念願のフルアルバムです。 先行リリースした「madoromi / Carry On」「The Extended Mind / Bedside」「Junk Sleeper」や、日本テレビ系 「NNN ストレイトニュース」のウェザーテーマ曲に選出されている「Glory」なども収録した全1

        スキ
        6
        • ジャンクスリーパー

          Junk Sleeperジャンクスリープ◆テレビゲームで夜更かししたり、テレビを付けっぱなしで寝たり、枕元に携帯電話を置いて寝たりすることによる、意識はないが熟睡できていない睡眠。ジャンクフードのもじり。 ここ数年、昼夜逆転に悩まされている。心当たりは大いにある。布団に入ってからもスマホでひたすら携帯を見つめてSNSを行ったり来たり、NETFLIXで映画を見たり、人と連絡とったり。布団に入るまでは眠かったはずなのに気づけば陽がのぼってる。布団に入ってからが1日で一番脳が覚醒

          スキ
          8
          • THEティバ×Bearwearの2バンドで共作スプリットEPを作りました

            ・"Bearwear / THE TIVA Split EP"THEティバとBearwearでスプリットEPをリリースしました!活動開始当初からリスペクトしあい共演を繰り返してきた盟友2組でついに歩幅をそろえて制作。フィーチャリングやサンプリングで2人×2組の可能性を最大限に引きだした4曲入りのEPです! BearwearのボーカルKazmaがfeat.参加しているM.1の『Laid Back』やM.4の『Far East』ではBearwearの楽曲にTHEティバの二人が参

            スキ
            5
            • The Incomplete Circle|不完全な円

              スキ
              6
              6か月前
              • ジャンクスリーパー

                スキ
                8
                8か月前
                • THEティバ×Bearwearの2バンドで共作スプリットEPを作りました

                  スキ
                  5
                  11か月前

                マガジン

                マガジンをすべて見る
                • Bearwearの活動

                  • 14本
                • Bearwear 楽曲解説/歌詞対訳

                  • 8本

                  Kouによる楽曲解説とKazmaによる歌詞対訳&解説 Bearwearの楽曲を掘り下げていく

                • コラム

                  • 6本
                • Bearwearの活動

                  • 14本
                • Bearwear 楽曲解説/歌詞対訳

                  • 8本

                  Kouによる楽曲解説とKazmaによる歌詞対訳&解説 Bearwearの楽曲を掘り下げていく

                • コラム

                  • 6本

                記事

                記事をすべて見る
                  • 新シングル 『The Extended Mind / Bedside』 をリリースしました

                    ・『The Extended Mind / Bedside』Bearwearの2021年デジタル配信シングル第二弾『The Extended Mind / Bedside』をリリースしました。2曲入りです。いろんな人と作り上げた作品なので解説します。 今年5月にリリースした約1年ぶりとなった新作『madoromi / Carry On』に続く形でリリースされた今作『The Extended Mind / Bedside』は、サウンドラインは引き継ぎつつ、ホワイトノイズなどの

                    スキ
                    28
                    • デジタル配信シングル "madoromi / Carry On" をリリースしました

                      ・madoromi / Carry On 1年ぶりの新曲をリリースしました。2曲入りのデジタル配信シングル『madoromi / Carry On』 2020年には夢と現実のコントラストがテーマのコンセプトアルバム『:LIVING IN THE ECHO CHAMBER』のリリースや、フジロックのオーディションステージ< ROOKIE A GO-GO 2020>への出演、渋谷Clubasiaでの初の冠イベント <:CHAMBER FEST>を開催するなど、コロナ禍突入以降も

                      スキ
                      9
                      • アルバム全曲歌詞和訳 『:LIVING IN THE ECHO CHAMBER』

                        Bearwearの2nd Mini Album 『:LIVING IN THE ECHO CHAMBER』がリリースから1年経ちました。CDでは販売しつつも、これまでストリーミングでは前後半を3曲づつの2枚のシングルEPとしてしか配信してなかったので、今回改めてCDと同じ6曲をまとめて配信開始しました。 1年を振り返ってメンバー2人のコメントと全曲の歌詞と和訳を公開します。 ・メンバーコメント 1年前の3月29日にBearwearの2nd Mini Album 『:LIV

                        スキ
                        9
                        • フジロックのROOKIE A GO-GOステージに出演しました

                          ・ROOKIE A GO-GOに選ばれました国内最大級の野外ロック・フェス『フジロック』のオーディション枠、ROOKIE A GO-GOステージに僕らBearwearがついに選出されました。 活動当初から掲げていた目標をやっとひとつ達成できた。 残念ながらこのご時世なのでフェス自体は中止となってしまったのだが、その代わりにフジロック新たな試みとしてYoutubeにて『FUJI ROCK FESTIVAL'20 LIVE ON YOUTUBE』という配信フェスを開催。僕らB

                          スキ
                          58
                          • フェスを開催します|Bearwear主催 :CHAMBER FEST

                            : CHAMBER FEST11月3日(火・祝)に渋谷のClubasiaにてBearwear主催のイベント 『:CHAMBER FEST』 を開催します。総勢12アーティスト呼んで、来場人数限定した有観客と無料生配信。 2020年は遊びに行く予定だったフェスも、僕らが出演する予定だったフェスもことごとく中止となってしまい、楽しいイベントの思い出が少ないので、年末最後に自分たち主催で大きなイベントを開催して鬱憤を晴らしたいという思いを込めて開催に向けて動きました。バンドもライ

                            スキ
                            8
                            • CHMBR MAG Vol.1

                              あえてこの時代にひとつづつ手作りの紙媒体冊子に込めたストーリー。 BearwearのKazmaとIshimaruが新たに始動したCHMBR MAG(チャンバーマグ)によるA5冊子のZine。 Vol.1である2020年8月号はデザインからプリント、装丁まで自宅で行った完全自主制作のファンジン仕様。 バンドの活動を通して知り合った人物を中心に、身の周りのミュージシャン、オーガナイザー、エンジニア、経営者、ショップ店員などへ取材するインタビューページ『W

                              スキ
                              21
                              • 楽曲解説/歌詞和訳#4 『May』

                                作詞のKazmaと作曲のKou二人による、セルフライナーノーツ的なBearwear楽曲解説第4回。 今回は2018年10月にリリースした僕らの1st Mini Album『DREAMING IN.』の最後の曲である『May』。リリースしてからだいぶ経ちましたが、タイトル通り5月の歌なので今このタイミングで歌詞を公開します。 歌詞対訳May Still keep writing these sad songs My words going back and forth L

                                スキ
                                6
                                • 『:LIVING IN THE ECHO CHAMBER』リリースお祝いコメント

                                  Bearwearの2nd Mini Album 『:LIVING IN THE ECHO CHAMBER』を発売してから半月。残念ながらリリースツアーは延期となってしまいましたが、CDを購入してくれた方々や、MVや生配信無観客ライブを見てくださった方々などから、たくさんの反応を頂けて大変嬉しく思います。 この度、Bearwearが普段からお世話になっている5名のアーティストから、『:LIVING IN THE ECHO CHAMBER』リリースお祝いのコメントを頂いたので、

                                  スキ
                                  8
                                  • ライブハウス横浜B.B.STREET支援記事|Bearwear&THEティバのライブ映像販売

                                    この記事の収益は全額、ライブハウス横浜B.B.STREETに寄付致します。 フル動画はこの記事最下部にある有料エリアにてリンクを公開しています。 横浜関内B.B.STREETこの記事をご覧の皆様へ、普段から本当にお世話になっております。 横浜B.B.STREET店長の杉山 歩です。 2015年12月に入社して働き初めて4年半 2019年の9月に横浜B.B.STREETの店長になって早半年が経ちました。 10月には台風でのイベント中止、3月からになってはコロナの影響で営

                                    スキ
                                    21
                                    有料
                                    1,500
                                    • :LIVING IN THE ECHO CHAMBER

                                      Bearwearの2ndミニアルバム『:LIVING IN THE ECHO CHAMBER』を本日3月29日に発売いたしました。アルバムはこちらから買えます。 本来であれば今日、新宿MARZにてリリースショーを開催していてツアーが始まる予定でしたが、残念ながらコロナウィルスの影響でそれも叶わず。感染拡大のリスクを考慮し、リリースショーは延期とさせて頂きました。 会場で直接みなさんに新しいBearwearをお届けしたかったです。ギリギリまで開催するか延期するかで悩みました

                                      スキ
                                      6
                                      • Decay | オーストラリア森林火災チャリティシングルを配信開始しました

                                        ステートメントオーストラリア森林火災被害復興支援 未配信曲であった"Decay"をBandcamp限定で公開しました。 https://bearwear.bandcamp.com/track/decay 購入者がダウンロードする際に自由に楽曲の値段を決められる投げ銭システムです。微力ながら、長期的な森林火災に見舞われているオーストラリアを支援するために、この楽曲"Decay"の売り上げは全額、山火事の被災者を支援するオーストラリアの赤十字社へ寄付いたします。 Tame

                                        スキ
                                        15
                                        • 「漫才師」と「バンドマン」の共通点10個

                                          あけましておめでとうございます!今年もBearwearをよろしくお願いします! ———————————————————— 年末年始はM-1や新年の特番の盛り上がりもあり、なにかとお笑い芸人が話題に上がる時期である。 お笑い番組を見ていたら昨年のM-1王者である霜降り明星にハマり、先日大阪に行き人生初のお笑いライブ観戦を体験してきた。 「テレビやYoutubeで代表作を見てハマり、生で見たくなってライブに足を運ぶ」これってミュージシャンにハマる構図と全く同じ。 芸人の

                                          スキ
                                          33