見出し画像

1年を13ヶ月に増やす魔法の時間術

割引あり

あなたは時間が足りていますか?
・時間がない…
・もっと時間があったらなぁ…
・仕事忙しすぎ、家族との時間がとれない…
・副業や趣味の時間をもっと増やしたい!!!
時間でお悩みのあなたの時間を増やすため、
【極意】を伝授します。

そもそも論ですが、
私たち現役世代は高齢者のせいで
しんどい目に合わされています。
ただ生きているだけで、
時間とお金、心の余裕を脅かされています。
だから、現役世代の味方である私は、
あなたが前向きになれるように
「時間の作り方」をお届けします。

時間はお金を生み出すにも、
楽しく過ごして心の余裕を生み出すにも
必要だからです。
あなたも、ぜひ私の「時間術」を受け取って、
より豊かな人生を歩んでくれたら嬉しいです。

とはいえ、私も凡人サラリーマンの端くれ。
しかも多趣味なので時間の捻出には苦労しました。
しかし、今は工夫で本を読む時間を確保。
妻とアニメに興じたり、
ゲームをしながらでもTOEIC900点を達成したり
チームメンバーがかつての半分になっても
目標KPIを超過達成したり。
考え方と工夫、つまり「時間術」のおかげで
楽しく人生を過ごしています。

しかも、時間のあるなしは幸福感を直撃します。
時間を確保できるかは、幸福と不幸の分かれ目。
言い古されてますけど、
心を亡くすと書いて忙しいと読むのは
本質を突いています。
そう、漫然と生きると現代では、
「砂がこぼれ落ちるように時間が吹き飛ぶ」のです。
スマホなど、あらゆる時間泥棒に
あなたが取り囲まれているからです。

したがって、意識的に時間を作る行動が必要です。
とはいえ、「どのように時間を作ればいいのか?」
「先延ばしグセを攻略するにはどうしたらいいか?」
そうした疑問の答えを
再現性ある形で噛み砕いてお伝えします。

さて、ここで一つ立ち止まって、考えてみてください。
毎日2時間あったら何ができるかを。

もし2時間を365日新たに確保できれば、730時間。
つまり、30.4日。そう、1ヶ月です。

1年が1ヶ月多ければ、
楽しいに決まっているじゃないですか!
1日2時間を新たに生み出せば、
仕事もプライベートを変えられます。

私の場合、時間を意識したおかげで
2023年の年収は1053万円にアップしました。
(2021年1002万円、→2022年1018万円。凡人でも本業年収1000万円を達成できるたった3つのコツも一緒に読むと効果倍増ですね♪)。
ボーナスは会社の業績からは下がるはずでした。
が、部の相対評価で1番だったため、
むしろ上がりました。

本noteは5章構成です。
次の5つの疑問に答える形で、
時間を作り出す考え方と
具体的な実践術が、自然と手に入ります。

【秘訣】なぜ、1日2時間を作り出すと幸せになるのか?
【仕組み】どうして漫然と生きると時間が消えてしまうのか?
【戦略】そもそも何のために時間がほしいのか?
【ステップ】では、どのように時間を作り出せばいいのか?
【裏ワザ】先延ばしグセに打ち勝つにはどうしたらいいか?

本noteの価格は1000円とします。
千円札1枚で時間を作り出せたら 
とっても安い投資ですよね?
とはいえ、向いていない人、
向いている人がいるかと思います。
カンタンに列挙してみました。
あなたはどちらですか?

【向いていない人】
・1日が48時間の人
・いっさい未来のために自己投資をしない人
・すでに自分の時間術を確立し全く学ぶ必要がない人

【向いてる人】
・多趣味な人
・家族思いな人
・本をよく読む人
・本業の年収を上げたい人
・副業を始めたり伸ばしたい人
・前向きな投資で自分の未来を変えたい人

私からは一言。
あなたの未来と時間に投資してください。
2024年の第一歩を「一生物のスキル」にするだけで、未来は明るくなりますよ。
これからの人生、
あなたは地獄と天国への道、
どちらを選びますか?

続きをみるには

残り 7,599字

この記事が参加している募集

最近の学び

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?