ごま吉

元デザイナー→広告会社へ転身。現在は広告会社の営業マン兼ブロガー。ストレスフルな現場からエフォートレスな生き方を少しずつ発信しています。

ごま吉

元デザイナー→広告会社へ転身。現在は広告会社の営業マン兼ブロガー。ストレスフルな現場からエフォートレスな生き方を少しずつ発信しています。

    マガジン

    • サルがままに

      クオリティの高い思考や文脈をトレースして、日常を丁寧に生活したいマガジン。

    • withコロナ営業ノウハウ

      withコロナ時代でも使える営業術を紹介します。地方にいながら広告営業で年間2億円売上げた営業ノウハウです。営業マンとしての価値を高めたい方におすすめです。

    • 広告とか営業とか

      広告とか営業とか、そこんトコロありありの話。真面目で不真面目な話。

    • ごまめし

      自分でも残したいレシピ録。誰かのために作りたい『ごはん』を紹介します。

    • 副業ブログのノウハウ

      初心者向けに副業ブログのノウハウをまとめています。 ノウハウは世の中に溢れていますが、情報を把握するだけでかなりの時間を使ってしまいます。このコンテンツでは、スムーズに副業ブログで稼ぐためのノウハウを【最小限】にまとめています。 サラリーマンで副業にチャレンジする方で時間を極力押さえたいという方にはオススメです。コツやポイントを効率よく学んで本業に負担をかけないスタイルでブログをスタートできます。

    最近の記事

    まあ、私見ですけど。 【自分の置き方】 

    40代〜は自分のことをどう見せたいか世代。 自分を中心に世界を考えるのが得意。 10代、20代、30代は世の中や仲間の中で何ができるか考えてる世代。 世界の中心ではなく『世界に必ず必要』、つまり必要性重視。 自分の置き方がちょいと違う。 伴い、 40代〜は、いいね世代。 賛辞が大好き。 自尊心の優先度が高い。 ノウハウを編み出したい発祥の地になりたい思考。 だから、『自分は』となる。 全員が教祖になれないから、 漏れた人は他人と同調することに安心感を得る。 考えて

      • リスクの先にあるもの

        先日息子がSwitchのマイクラに飽きて、PCでゴリゴリにマイクラやりたいとか情熱を燃やしていたので、使ってたMacBook2019を初期化して最新OS 載せて譲りました。 今年から中学へ通う子どもには、正直過ぎたスペックですな。(買った時20万くらいしたし) ただ、先日高校生の教科書を見せてもらう機会があって、ちょっとビックリ。 普通に『pylon(プログラミング言語)の応用』について みたいなのがあって、「マジかよ…今の高校生ってこんなことやるんや…」と衝撃を受けて

        • 【営業やめたい】30代で営業をやめる前に確認するコト【withコロナ営業#6】

          この記事は、30代で営業を辞めたいと思っている人に読んで頂きたい記事です。 最初に結論を言うと、30代で営業をやめるのはもったいないです。営業として楽しくなる時期は40歳前後。正しい努力をすれば必ずやってきます。 私も30代の頃の営業はしんどかったです。ですが、40代を迎えてみて、多くは他力本願だったと思いますし、視野が狭かったと振り返ります。 しんどい時期は永遠には続きません。 もがいて解いて生きましょう。 ▼こちらの記事で詳しく解説

          • 自社商品は売れない。売ろうと思うほど売れないロジック。

            いきなり何をと思うかもだが、広告営業の話です。 駆け出しの営業マンの頃は、いわゆる「自社商品」をセールスに飛び込み営業していたことがある。 自社商品とは、自分の会社が作った商品(当たり前)で例えば媒体商品とかTVや新聞などメディアとタイアップして作った企画商品などである。 あと、よくTV局がセールスしている「スポット企画」も何となく今回の話に該当する気がする。 これが驚くほど、、売れない。笑 今思えば当たり前なんだけど、自社商品は「自分の会社が売りたい商品」である。

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • サルがままに
            ごま吉
          • withコロナ営業ノウハウ
            ごま吉
          • 広告とか営業とか
            ごま吉
          • ごまめし
            ごま吉
          • 副業ブログのノウハウ
            ごま吉

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            プレゼンで勝てる企画書の書き方:4つのパターン【作り方と解説付き】【withコロナ営業#5】

            勝てる企画書のパターンは決まっています。 論理的である 要点がわかりやすい。シンプルである 想像を1mmでも超えている クライアントの代わりに【やりたいこと】を整理してあげる この4点が揃うと、ほぼ企画書で勝てます。 ▼こちらの記事で詳しく紹介しています。

            そろそろ行動変容に期待する他力本願をやめてシステムで勝負する構造変更にシフトしたらどうよ。

            緊急事態宣言21県に。 コロナ禍という呼び方すら所詮生ぬるい日常の幻想だったんだなと痛感するこの頃。医療の提供もロシアンルーレット。今は、本当に戦時なのかもしれない。いかがお過ごしでしょうか。 — 先日からネットを少し騒がせているニュース。 接種率78%「イスラエル」で死亡者増加のなぜ 「集団免疫」の勝利から一転、ロックダウンも https://toyokeizai.net/articles/-/450304 ・・・くっそ重いな。 ワクチン1本足打法の神話は崩れまし

            所有する感覚とは少しサヨナラして、工夫する楽しさを暮らしの中で見つけていきたいものだ。

            ゴルフをはじめた、次第に高い道具が欲しくなった。キャンプを始めたころ、高いギアが欲しくなった。釣りを初めて、高い竿やルアーが欲しくなった。 凄まじいかな、欲のエネルギー。 欲しい。と思った時、自分に人間臭さを感じる反面、おや?自分らしさが遠のいているのではと感じてしまう今日この頃。いかがお過ごしでしょうか? — 思えば、20代の頃はとにかく何もなかったから「欲しい」がすべてだったように思う。 食欲、睡眠欲、所有欲、独占欲、性欲、自己顕示欲、etc..。 今どうだろ

            「欲しい」を掴む

            巷でクラブハウスの熱狂ぶりが囁かれるも、一部では「なんだかなぁ」と落馬を避けて冷めている人と「よくわかんない」といつもどおり安定の傍観を決め込む自分から理解を進めない人と「おもしろ!これは来るだろ!」っていう毎度波乗り上手で感度が高い人が入り乱れる今日このごろ。 いかがお過ごしでしょうか。 — クラブハウスが何ものかはさておき、こうした新しいものを話題にできる日本人の貪欲さは、まだまだ世の中が天井に達していないと図れるバロメーターな気はするので、こういう機運は個人的には

            分断のチカラ

            国内の新型コロナウイルスの死者が5,000人を超えた。 いや、まてまて。 5,000人も人が亡くなるって異常事態だよな。戦時中かよ… インフルエンザで毎年亡くなる人の方が…って、まだそんなことを言ってる人もいるが、予定調和的に亡くなる人なんて1人だっているわけもなく、、世の中が新型コロナウイルスに真摯に向き合っている一方で、数字に対しては目を背けているというか、変に慣れてしまっている現状に違和感を感じる今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか? — 全世界で見るとコロナ

            選択しない選択肢

            携帯電話各社がこぞって低料金プランを出してきた。若い頃は携帯代に2〜3万円使っていた世代からすると、もう信じられない異次元料金だ。 3,000円切るとかゴイスーでしかないんだが、携帯マストで選択肢の無い社会は、まあまあエグい状況だとも思う。 外出がめっきり減って、日曜引きこもり生活もそろそろ1年。 いかがお過ごしでしょうか? — ここのところ世を賑わす「多様性」という考え方。SDGsとかもうちょっと分りやすい言葉にしてくれよと思うけど、一気にセカイに選択肢が増えてきた感

            前例主義の騎士団

            大雪で体が悲鳴をあげている。 何故かって、雪かきが延々と続くからだ。 溶けては、固まり、溶けては、固まり、雪は重量を増やしていく。 別に大丈夫だろうと高をくくっているのは危険だ。そのうちに屋根はきしみ、自重に耐えれなくなる。 一度、目に合うとうそっちに向かうのが人間。たちまちに、そっち側に意識が持っていかれる。 もう私の中で雪は危険なものとも認識されたので、純粋に美しいなぁと思えないかもしれない。 寒波が来たり、来なかったり、慌ただしい気候の中 いかがお過ごしでしょう

            ヨコの意識

            ビジネスにおいて最もアドレナリンが出るのは、1つのことを深堀りしている瞬間だと思っていたけど、最近では「ヨコ」への繋に、ちょっとした悦を覚えている今日このごろ。 皆様、スーパー寒波の中いかがお過ごしでしょうか? 私は絶賛巣篭もり中です。 — 物事を深く掘り下げるという行為は、知らなかった領域を新しく知るチャンスで探究心とか好奇心とか知的な欲求が埋まっていくのが快感な人にはたまらん行為である。 趣味は顕著にそれが現れる。 私の例でいうと、ゴルフにハマり、キャンプにハマ

            可視化の奴隷

            ゴルフってスコアが残るので、まあ見返すとメンタルやられる残酷なスポーツでもあり、逆に良スコアだと何回見返しても飽きないという数字の影響力たるや。アガったりサガッたり、我々のメンタリティは割と可視化されるものに影響されまくってるなと思う今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。 — ここ十数年で一気に加速したものといえばIT化であり、IT化ってつまるところ我々の生活レベルでどんな役に立ってるかって、通信によるコミュニケーションの双方向性とか規模感とかスピード感とか、色々あるけど

            分岐点まで、あと

            GIGAスクール構想がニュースを飾り、コロナとともにようやくデジタル移行へと足を踏み始めた日本。 まあ、そんな大げさに捉えているのは意外と大人だけで、子どもたちにとってデジタルはごくごく自然なものになっており、「今更なに?」感が凄まじい我が子にたじろぐ私ですが、いかがお過ごしでしょうか? — GIGAスクール構想の一部が、小中学生に1人1台パソコンを配備する計画な訳だが、コロナ禍で一気の加速感。 時代の価値観が変わった、まさしくパラダイムシフト。頭のオカタイヒトたちの

            クリリンに思うこと

            コロナウイルスの影響で世の中がどえらいスピードで変化している。 皆さん、適応できてますでしょうか? 私は必死で変化についていこうと普段の3000倍くらいは思考していると思われる。 さて・・ コロナ禍における社会の変化のせいか、裏側の作業はめっちゃ増えた気はする。 ここにきての裏方作業。 華やかさなんてどこにもないし、天秤にかけられているものがコロナだと精神的にもキツかったりするが、今まで、やりがいを感じやすい仕事をさせてもらっていた訳だけど痛感する。 「縁の下の力

            競合コンペ(プロポーザル)で勝つ方法【withコロナ営業#4】

            この記事では、競合コンペや競合提案に勝つ方法を紹介しています。 コンペに勝てない人の多くは、勝ち方を知りません。思考パターンも負ける人はどこか似ています。 実際のところ競合コンペは始まる前に勝負がスタートしています。 勝つためにできるだけ早く情報を掴んで動くことが重要です。また、自分なりの勝ちパターンを作るのが最良の策です。 この記事では、広告業界を例に私の「勝ちパターン」を紹介します。 ▼こちらの記事で詳しく紹介しています。