見出し画像

伝統を守ること/イーネオヤ新作ストール

Creemaさんの商品登録をしていたら、選択項目に「#オヤ」と「#トルコ」が追加されてました。
いよいよ「オヤ」も知名度が上がってきたんですかね?
ありがたいことです。

廃れる伝統、残る伝統

オットマン時代から続くオヤ。
もともとはイタリアのレース編みがトルコに伝わり、広まったものです。
イスラムの女性が被るスカーフにレースの縁飾りをしたのが始まり。
当時の女性たちの限られたオシャレだったのでしょうね。

そして現在・・・

トルコでも、スカーフを被る人自体も減っています。カッパドキアは田舎ですから、保守的なほうですけど、それでも、先日の結婚式もスカーフを被らない花嫁さんでしたしね。
これって宗教的に反しているのではなく、新しい文化。
スカーフを被るかどうかは、家族ごとといったところです。

同様にスカーフの縁を飾っていたオヤも、作る人が少なくなっています。
興味がないから、作らないってことですかね?

特に針で編むイーネオヤは難しいだけあって本当に少ないです。
根気のいる細かい作業ですからね、
今も作れる人々はほとんどが高齢のおばあちゃん、
でも年齢も上がると目の負担も相当なものですから、もう作らないと言われることが多いです。・・・伝統の消滅・・・しょうがないんですかね。

歴史あるオヤも
オットマン時代の女性のオシャレのツボには、はまったけれど、

現在のオシャレのツボには、はまらない・・・

これがオヤの伝統の廃れてしまう理由ですね。

ならば、ツボにはまるデザインにすればいい!

伝統のデザインや形を好む方もいるけれど、
毎日使いたいとなると、

オシャレで心地良いもの、
今のファッションに取り入れやすいもの。

国ごと好まれるデザインやカラーは異なるけれど、
トレンドは一緒。


この路線でデザインを考えています。
特に実店舗・・・

日本で「オヤ」の知名度が上がっているのに、
本場のトルコで廃れてしまうのは、悲しすぎる。
ギョレメにあるお店は、今までは、オヤを中心としたお土産屋さんでしかなかったけれど、
「オヤ」のブランドに格上げして行くためは、
デザインの改良が必要なことと思っています。

まぁ、大変な目標ですけどね。
でもこれが「オヤ」の伝統を守る道でもあるのだと思います。
伝統を守りつつ、AYTURKらし作品を作ってまいります。

伝統ある究極の技!イーネオヤの新作完成

画像1

仰々しいタイトル付けましたが、
希少な技術「イーネオヤ」の新作・新色が完成してきました!
夏から初秋に合わせてデザインしたものです。

星空のストール

満天の星空をデザインした「ステラ」
「ネイビー」と新色「ミルキー・ホワイト」が完成しました。

画像2

「ミルキー・ホワイト」は掲載直後にSOLD OUTです。
ありがとうございます!
これって本当にうれしいです。

AYTURKの新作を待っていて下さる皆さんがいること、
そして私のデザイン路線が間違っていないと思えるから。

自分で考えたデザインを公に出すって、とっても勇気のいることです。
なにげに・・・
新作を掲載するときは毎回、自信と不安が混じってます(苦笑)

※再販ですが、生地の入手ができましたので、受注製作としてご注文承ります。

画像3

「ネイビー」は
ご好評いただいている、150㎝のシフォンベースの再販です。

「ステラ」デザインを思いついたのは、
仕入れたのに、あまり出番のなかったネイビーのシフォン生地を見ていて、
星空のストールを作りたいと思ったのがきっかけです。

でも私の年代(40代後半)には、
星のモチーフってかわいすぎなんですよね・・・
ですからイーネオヤで作ることで、
気品と繊細さ、高級感を出してみました。

おかげさまで、「一目ぼれしました」とのコメントをいただける作品になり、複数回目の再販です。

贈り物として

画像4

さらに完成してきたのは、「リーフ」
葉のモチーフのストールです。

毎回感動するのですが、
この5点を1か月足らずで作り上げるソルマズさんの技と速さ、
そして完成度の凄さ、正に職人技です。
素は、笑い上戸のパワーあるおばちゃんですけどね。

「リーフ」は贈物として選んで頂くことが多いです。
控えめに小さな「葉」が舞うデザイン。

どんなコーデにも合わせやすい
上品なストールになっていると思っています。
風が吹くとチラチラと揺れる小さな葉が、気に入っています。

今回は初秋に向けて
「リーフ」の新色を作りました。
爽やか・シャープな「ペール・アイリス」と、
初秋に使ってほしい「クリーム・ベージュ」
近くご紹介の予定です。お楽しみに!

この記事が参加している募集

スキしてみて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
6
トルコのカッパドキアで仲間とともにオヤ作りをしています。 コロナ真っただ中の2月にトルコで会社「BERRY」を設立してしまいました。 オヤのブランド「BERRY」として世界に出たいと画策中。 HP: https://www.ayturk.biz/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。