マガジンのカバー画像

ダイバーシティで学ぶ葛藤の心理

10
世界13ヶ国から集まった32人の仲間と、5週間をかけて学んだ、ダイバーシティグループで起こるコンフリクトと変容。そこで得た体験や気づきをシェアします。 参加したのはアメリカ オ… もっと読む
このマガジンはほとんどを無料で公開します。私の学びに共感してくれた方は、マガジンを購入して、今後の… もっと詳しく
¥500
運営しているクリエイター

記事一覧

ポートランドから、アメリカ西海岸カルチャーを考える

*本稿は番外編。ポートランド雑記です。 まちづくりやクリエイティブに携わる人にとって、ポ…

友川綾子
2年前

帰国後の変容について

日本に戻った後は通常どおり、仕事に追われる日常にいながら、私は自分に起きた変化を感じてい…

友川綾子
2年前

集合知とコミュニティの力がたすけてくれたこと

Winter Intensiveは“徹底的に”プロセスワーク心理学を学ぶ場である。「ダイバーシティグルー…

友川綾子
2年前

アートと非言語がたすけてくれたこと

13ヶ国32名の参加者が学び合う私たちのグループは、小さな地球のようなダイバーシティ。英語で…

友川綾子
2年前

おもいっきりの Fuck You! だから

小さな部屋に流れた、長く重たい沈黙の時間をよく覚えている。私が発した言葉が、皆を押し黙ら…

友川綾子
2年前

ボルケーノ! 革命の起こし方

毎年行われているWinter Intensiveだが、実は毎年、様々な騒動が起こるらしい。なにせこの集中…

友川綾子
2年前

声が大きい人には、その特権を活用する責任がある

「アヤ、グループの対話をみなが助けあうように促してくれてありがとう」 緊張感のあるグループ対話を終えた休み時間に、講師でファシリテーターのレアが話しかけてきた。笑顔で応じた私は、レアの次の一言で、笑い顔を引きつらせた。 「さっきね、アミールにお礼を言ったら、彼が、言い出したのはアヤだから、あなたにお礼を言えって教えてくれたのよ」 アミールはアムステルダムでコンフリクトファシリテーターをしている、男ざかりな人気者だ。言動の端々から、普段もかなり責任のある仕事を担ってるのが

スキ
4

立場はひっくりかえる とても簡単に

「もう嫌!、わたしここに居たくない!」 POCグループでの対話から、突然叫んで逃げ出したの…

友川綾子
2年前

マイノリティとしての私を語るためには、本を一冊、書かなければならない

アジア人、ノンネイティブ、女性。私のプロフィールは、私をグループの中でマイノリティにした…

友川綾子
2年前

Winter Intensive 2019の仲間たちへ

ほんの数週間でしかないけれど、燃える炎の中にともに座り続けるような体験をした、愛おしい仲…

友川綾子
2年前