見出し画像

すこし疲れた時に読む

いつも飲むコーヒーを、


めちゃくちゃ丁寧に淹れつづけてみる


円を描くように

ゆっくりゆっくりお湯を注いでみる



そうすると、おいしくなるのはもちろん、


ふわっとわたしのすきな香りが立ちこめてきて


お湯がすうっとしみこんで


コーヒーが一滴一滴したたる音に


喜びを感じるようになり



お湯の注ぎ方や姿勢で、その日の自分が焦ってるか、落ち着いてるかどうかに気づくことができるようになる。


朝の淹れたてのコーヒーをのみながら


少し開いたカーテンの隙間から


青色の空とゆったりと動く


あざらしのような雲が見える。


長いキリンのようなくびをした工事のクルマも
まだ動いていない。


外はまだ静かだ。



テレビを消して、机の前のごはんと向き合う



いつもよりゆっくり噛みしめながらたべてみて

「いただきます」「ごちそうさま」
を言って、いのちのおいしさに感謝する。

窓を開けてみると


ふわっと風がはいってきて、深呼吸をする。


前より澄んだように感じる空気。



今日も「普通に」生活ができたことに嬉しくなる。



当たり前にあった日常が、こんなに豊かなものだった。



不安と恐怖をつくりだすのは、いつも自分の心の弱さだった。

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
7
コンプレックス塗れで生きてきました。これからは自分を愛して好きな人と好きなことでいきていきたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。